医療機関をバックオフィスから支える。

Pocket

病院の人事労務・経理支援

クリニック・中小病院の人事労務・経理支援

2015年入社。 都内総合病院人事経理課にて給与関連業務や売上管理等を8年ほど担当した後、メディヴァに参画。運営・経営支援の一環として給与計算や労務管理などのアウトソーシングを担い、医師がより医療に集中できる環境を提供している。

「最初から最後まで自分でやる」ことが、メディヴァなら出来ると思いました。

メディヴァに入る前は都内総合病院の人事経理課にて、給与関連の業務を中心に人事や売上管理などを担当していました。

約8年間勤務していましたが、担当者ごとに業務が細分化されていたため、最初から最後まで一貫して業務を行なえるような環境ではありませんでした。その点が段々と物足りなくなり、転職を考えているときに出会ったのがメディヴァです。

自分の経験が活かせそうと思い応募しましたが、マンションの一室での面接に戸惑い、「大丈夫かな…?」と少し不安になった記憶があります。

しかし、選考を受けていくうちに、自分が一番大切にしたいと思っていた「業務を自分の仕事として最初から最後まで一貫して担当する」という点がメディヴァなら実現できるのではと思い、入職を決めました。

クライアントから感謝の言葉を頂けることが、何よりのやりがいです。

入職後はPPM(Physician Practice Management)担当として、複数のクライアント先の人事労務・経理支援に関わっています。クリニックや中小病院の給与計算や労務管理を行なうことで、医療機関に日常的に生じる問題の解決を支援する仕組みを提供し、医療者が医療に集中できるようサポートするのが仕事です。

前職との大きな違いは、複数のクライアントを担当すること。クライアント毎の個別のルールの対応や、担当者とのやりとりなど、慣れるまでは大変な面もありましたが、日々細やかな対応をしていった結果、徐々に信頼関係を築いていくことができました。今ではクライアント先の医師に提案をすると耳を傾けてくださいますし、助言を求められることも多いです。感謝の言葉を頂けることもたくさんあり、それが大きなやりがいになっていますね。

また、これまで経験したことのない仕事を依頼されることも多かったですが、常に自分で考えて行動した結果、サバイバル能力がついたと思っています。業務量は多いですが、仕事の進め方を自分で決められるので、自由度が高く、メリハリを付けて仕事ができる環境だと感じています。

これからも丁寧さと正確さを大切に、コツコツ積み重ねていきたいです。

ミスが許されないので、とにかく丁寧に、細やかに、ということを大切にしてきました。その結果、クライアントからも信頼していただけているので、良い関係性が続けられるよう、これからもコツコツ頑張っていきたいと思っています。そして業務の中で見つけた改善点などはしっかりと伝えて、より良くしていくお手伝いを今後も粘り強く続けていきたいです。

応募を検討されている方へ

メディヴァには医療界未経験から転職してきた人も多くいますが、それぞれが前職の経験を活かして活躍しています。医療の知識は仕事を通して学ぶことができますし、わからないことがあれば周囲に聞ける環境も整っていますよ。

大事なのは、指示待ちではなく自ら積極的に仕事に取り組む姿勢だと思います。スキルアップしたい方はぜひ応募してみてください。


■関連リンク

Pocket

タイトルとURLをコピーしました