No.119 (2016/2/9)

Pocket

━━ 皆様 こんにちは! ━━━━
 とても寒い毎日ですが、皆様ご無事にお過ごしでしょうか。
この度、メディヴァでは「地域包括ケアと在宅医療」に関するファクトパックをまとめました。
 ご存知の通り、日本は急速に高齢化しています。高齢化に上手に対応している 北欧やオランダなどの国と比べて、日本ははるかに速いスピードで高齢化が進 んでいます。これは例えるならば「走り幅跳びを助走無しで跳べというようなもの」で、社会のインフラも人々の意識も追いついてな い中で高齢化に対応しな くてはなりません。
 高齢化社会に対応して高齢者が安心して住み続けることが出来る仕組みとして 「地域包括ケア・シ ステム」やそれを支える「在宅医療」が重要と言われていますが、そのあり方も模索中です。
 こういう状況の中で、正しく環境を理解し、正しく対応するには、まずは何が起こっているかを「正しく理解」しなくてはなりません。今後 どういう仕 組みを作るべきか、またその中で必要となる商品・サービスは何かを考えるためにも、現状の「ファクト」(事実)を正確に把握することが必須だと感じています。
 そういう思いで、この度『ファクトパッ ク~在宅医療と地域包括ケアファクトと提言~』を作成いたしました。これまでの在宅医療コンサルティングや地域包括ケア構築支援の経験を通して書き溜めてきたチャートの集大成です。
 ご興味のある方には、期間限定ですが無料でお送りしていますので、是非仰って下さい。お申込み方法の詳細につきましては、下記をご覧ください。
 まだまだ寒いですが、風邪やインフルエンザにならないよう、お気をつけてお過ごし下さい。 今 後とも、どうぞ宜しくお願い申 し上げます。
                  (代表取締役 大石佳能子)

┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼ コンサルタントレポート
┃  「スタッフのビジネスマインド」
┃      コンサルティング事業部 町野聡
┃▼ 『ファクトパック~在宅医療と地域包括ケア ファ クトと提言~』
┃    お申込み方法
┃▼ 講演情報、執筆・掲載情報
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃コンサルタントレポート
┃ ┃   「スタッフのビジネスマインド」
┃ ┃      コンサルティング事業部 町野聡
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 メディヴァのスタッフ達が日々仕事を進める中で気になっていることを 自由に述べていくリレー連載。今回はコンサルティング事業部 町野 聡からのレポートです。
メディヴァ コンサルタントの紹介
 今回は医療から少し視野を広げ、地域包括ケアシステムを実現するうえでも重要な役割を担う介護支援専門員(以下「ケアマネジャー」という。)を例に、「スタッフのビジネスマインド」について考察してみたいと思います。
 医療機関を経営しているみなさまの中には、みなしなどで指定を受け介護サービスを行っている方も多いのではないでしょうか。
 ご存知の方には退屈かもしれませんが、少しだけ介護サービスの全体感とケアマネジャーの位置づけについてご説明します。介護サービスは大きく居宅サービスと施設サービスに分かれます。居宅サービスとは訪問介護(ホームヘルプサービス)や通所介護(デイサービス)などで、在宅で生活する要介護者が訪問、通いなどで受けることのできるサービスです。一方で施設サービスとは介護老人福祉施設(特養)や介護老人保健施設(老健)などに入所し、施設で生活しながら介護やリハビリテーションなどを受けることができるサービスです。
 ケアマネジャーは、居宅介護支援事業所や介護老人保健施設などに配置され、利用者自身の生活に対する意向をもとに、解決すべき課題や目標、具体的なサービス内容と頻度について計画を作成します。
  ↓↓ 続きはこちら↓↓
第40回 スタッフのビジネスマインド | 株式会社メディヴァ (mediva.co.jp)
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃『ファクトパック~在宅医療と地域包括ケア ファ クトと提言~』
┃ ┃      お申込み方法
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
大石が巻頭コラムで書かせていただきましたファクトパックのお申し込みは、
・ファクトパック申込専用アドレス 
zaitaku-info@mediva.co.jp に 
・タイトルを「ファクトパック希望」として、 
・氏名、所属、 肩書、電話番号、郵便番号、住所、メールアドレスを  ご記入の上、ご一報ください。
 尚、在庫が不足した場合ご希望には添えないこともございます旨、予めご承知いただけますと幸いです。
┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃講演情報、執筆・掲載情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆講演情報◆
弊社取締役コンサルティング事業部長の小松大介が、以下の講演を行います。
 ■『医療環境の変化と中小病院の生き残り戦略』   
日時:2016年2月25日(木)午前9時30分~12時30分    
会場:株式会社セミナーインフォ内カンファレンスルーム       
   東京都千代田区九段南2-2-3    
受講料:1名につき 32,750円(税込、資料代を含む)      
↓ 詳細及びお申込みはこちら ↓   
https://www.seminar-info.jp/entry/seminars/view/1/3030  
(WEBからの申し込みは1,000円割引)

◆執筆・掲載情報◆
弊社取締役コンサルティング事業部長の小松大介が、以下の雑誌に執筆しました。 
■病院 1月号  Data Mania (というシリーズの第13回目)    
「患者調査×人口動態」のタイトルで執筆しました。 
■保険診療 1月号  
病院&クリニック経営100問100答 執筆しました。 
■up-to-date子どもの感染症 2015 Vol.3/No.2  
「小児科診療所の経営」というタイトルで執筆しました。 
■CBSNews Manegement(WEBマガジン)  
2016年の診療報酬改定についてのインタビュー記事が掲載されました。
■TKC医業経営情報 1月号  巻頭インタビュー  
“奇跡の復興”を勇気に一丸となった早期復旧    
水海道さくら病院理事長廣井先生と弊社小松のインタビューが掲載されました。
■ばんぶう 1月号  
特集:地域包括ケア時代で変わる病診連携のかたち
    医療法人社団プラタナス医師&弊社コンサルタントの久富護が
    「今求められる地域包括ケア時代の病診連会戦略」というタイトルで執筆しました。
■月刊病院 2月号
■(Data Maniaシリーズ 14回目)
   弊社マネージャー長田祐記が「医療施設調査×国民医療費」というタイトルで執筆しました。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました