人事ブログ

2016納涼会開催!!

こんにちは!採用担当の大迫です。


梅雨も明け、どんどん暑くなってきましたね。そうかと思えば急に天候が崩れ、ゲリラ豪雨になったりと、目まぐるしい気候の変化には驚きます。


実は暑いのが苦手な私なのですが、夏の朝、早くに起きて外に出たときのひんやりした空気の気持ちよさや、地元で毎年開催されているお祭りののんびりとした雰囲気など、夏特有の楽しみが多く、とても好きな季節でもあります。
(ちなみに先月末には初めて生後7ヶ月の娘と妻を連れて地元のお祭りに参加し、楽しい思い出を作ってきました。)


さて、前置きが長くなりましたが、7/29(金)に、メディヴァの納涼会が表参道の「ルコンテ」にて開催されました!


1.JPG


2.jpg

今年の2月末に入社した私にとっては、初めての納涼会参加です。
写真の通りアンティークな雰囲気のお店で、バイキング形式でフレンチが振る舞われ、店内のオシャレな雰囲気に加えて普段あまり来ることのない表参道の街に、私はまるで田舎から出てきた若造のごとくドキドキしながら参加しました(笑)

今回の納涼会は、保健事業部の小倉さんが幹事となってメンバー招集を行い、司会は同じく保健事業部の永尾さんがマイクをとって、場の雰囲気を盛り上げていました。

会の途中では、取締役の岩崎さんから今年に入社した新人紹介、ちょっと気が早いですが、忘年会メンバーの紹介、そして、社長の大石さんから今回昇格した社員の紹介などが行われました。私自身、今年の新人として紹介され、緊張しつつも皆さんから歓迎されていることを実感し、嬉しい思いと同時に「頑張ろう!」という気持ちになりました。

4.jpg

また、100人ほどの参加者がいるので、当然一人ひとりとお話することはなかなか難しいのですが、まだ入社歴の浅い私にとっては顔と名前が一致する良い機会でしたし、普段お話する機会のない方と話せたり、そういった方から気さくに話しかけてきてくれることも、ありがたいなぁと思うのと同時にとても嬉しいことでした。

美味しい料理を食べながら、ついメールのやりとりばかりとなってしまう方とざっくばらんに色んな話をしたり、私と同様に今年入社した方と、前職とメディヴァの違いについて楽しく話したりと、2時間程度でしたがあっという間の時間でした。

こういった社内イベントというのは、これをきっかけに親しくなって仕事の相談をし合える仲になったり、プライベートでも関わりを持つようになったりと、人間関係にとてもいい影響を与えるものだと思います。
私個人の視点にはなりますが、社内イベントの目的とは、「常日頃協力しあっているメンバーへの感謝や慰労のし合い、普段仕事では関わらない方とのコミュニケーションにより、より良い人間関係を築きあげていくもの」だと思っています。

ノミニケーションという言葉が広まってから久しいですが、それは現在も、むしろ今後さらに大切にしていくべきことなのではないかと感じています。

私が以前勤めていた会社では、社内イベントというと、重要な接待のような、やや固めの雰囲気で、終了後に年の近い先輩や後輩たちと別の店で飲みなおすというのが定例でした。ですので、一体なんのためのイベントなんだろう??と常に疑問を感じていました。

今振り返ると、その会社は歴史と伝統のある古いメーカーだったので、そういった体質のようなものがずっと根付いてしまっていたのかもしれません。社内イベントの本来の目的を考えたとき、ちょっと違う方向を向いていたのかなと思います。

そんな体制に慣れていたこともあり、初めてメディヴァの別のイベントに参加したときは、こんなにも社長や役員に気安く声をかけていいものなのか!?

と、戸惑ってしまったものです。

メディヴァの人間関係は、良い意味で、本当にフラットなんだなと実感しています。社長も若手もみな一つになって、その場を楽しむ。それこそ、社内イベントの本来の目的が達成されているんだなと思います。

「あぁ、社内イベントって、こんなにも楽しいものなんだな」と痛感しました。


5.jpg

 次の社内イベントは忘年会!なんと今回、私は忘年会開催メンバーに選任されました!
風の噂で、毎年メディヴァの忘年会のレベルは高い(なんのレベル!?)と聞いているので、正直今からドキドキしていますが、やるとなった以上、今までにない忘年会にしてやる!と意気込んでいる今日この頃です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

採用担当 大迫

6.jpg

このカテゴリの他の記事
ページの先頭へ戻る