傾聴力を活かして、患者さんと医療提供者の共通解を探る。

Pocket

医療機関・病院コンサル

医療機関・病院コンサル

2016年入社。香川県出身。岡山大学法学部卒業、九州大学大学院修了。質の高い医療の持続的な提供に貢献できる人間になりたいという思いを持つなか、「患者視点での変革」をクライアントと「一緒に」実現することを目指すメディヴァの理念に共感し、2016年4月より参画。 新棟建築案件、経営改善案件、精神科案件等を担当。

経営面から医療に貢献したいと思い、メディヴァに入職しました。

私は2016年に新卒としてメディヴァに入職しました。大学院で医療経営を学んでいた際、多くの医療機関が赤字経営であること、そしてそもそも医療の経営を考える人材が不足していることを知り、経営的な面から医療に貢献したいと強く思ったことが志望したきっかけです。

メディヴァの他にも病院の事務職やマネジメント職も受けていましたが、1つの病院よりも様々な景色が見られるコンサルティング会社が良いと感じ、メディヴァへの入職を決めました。

(余談ですが、役員との面接が六本木のカフェだったことが記憶に残っています。コーヒーを飲みながらお話ししたのですが、「コンサルティング会社ってあまり形式にこだわらない文化なのかな…」と驚きました(笑)今はオンライン面接が主流なので、そういうこともないのだと思いますが…)

「聴く力」を活かして、クライアントの納得感を引き出すことがやりがいです。

メディヴァに入社してから様々なスキルを身につけられたと思います。PowerPointやExcel、ロジカルシンキングなどの基礎的なスキルや医療・介護業界の知見はもちろん、個人的に最も成長を感じられているのが「聴く力」です。
ただ相手の話を聴くのではなく、言葉を整理して、まだ言語化されていない「思い」の部分を引き出せるよう、意識して問いかけができるよう意識しています。傾聴力を活かして課題の本質を見極め、施策を考え、クライアントの納得感を引き出せたとき、特にやりがいを感じますね。報告書等のアウトプットだけではなく、信頼関係の構築を前提として相互理解があって初めて、本音の部分で納得してもらえるのだと痛感しています。
メディヴァはとにかく日頃から現場の方と関わる機会が多く、机上の空論ではない、きちんと現場に根を張った提案ができるのが良いところです。「提言だけでなく実行する」ことができるのが大きな強みだと感じています。

今後も患者さんと医療提供者の共通解を探っていきたいです。様々な経験を積む中で、最近は自分の仕事の向こう側にいる患者さんを意識して取り組みたいという思いがより強くなっています。私が直接関わるのは医療を提供する側の方々ですが、患者さんと、医療者の共通解を探っていく役割をさらに深めていきたいですね。
もっと大きな目標は、物事の本質を見極めて何事も柔軟に対応でき、周囲に前向きな影響を与えられるようになることです。懐の深い人を目指して、これからも精進していきます。

応募するか悩まれている方へ

メディヴァで働く上で大事なのは、良い医療や介護を作っていくことに高いモチベーションを持つことだと思います。どんな思いを持って取り組んでいるのかは自分で思っている以上にクライアントに伝わるので、自分にどれだけ志があるか、を見つめてみるのが大事なのではないでしょうか?
その志がしっかりとあれば、経験の有無によらずぜひチャレンジしてみて欲しいと思います。


■関連リンク

Pocket

タイトルとURLをコピーしました