現場にとことん入り込む!

Pocket

人間ドック施設の経営支援、医療コンサルティング

人間ドック施設の経営支援、医療コンサルティング

2019年入社。大学で整数論を修めた後、医療介護福祉業界の総合情報サービス会社に入社。法人営業、営業企画、経営企画、システム開発、ニュース記事執筆など、多岐に渡って従事。医療現場に直接携わりながらコンサルティングもできることに魅力を感じてメディヴァに参画。人間ドック・健康診断を提供しているイーク表参道の事務次長として、運営全般を担当している。

きっかけは前職で目の当たりにした医療界の人材不足。

前職は医療情報サービスを手がける企業でした。新卒で入社した会社ですが、「医療」への関心が特に強くなったのは、実は仕事を始めてしばらく経ってからのことです。

きっかけは、顧客である医療機関の人材難を肌で感じて、自分でも何か解決の手助けをしたいと強く感じ、その時の想いが今もベースにあります。

顧客や社会の課題解決に自分の能力や得意なことを直接生かしたいと考えてメディヴァを志望しました。

人手不足にはAIやロボット、課題にはコンサルティングなど、解決のためのツールはいくらでもあれど、そこに理想と現実のギャップを埋めるための「現場感覚」が必須です。

医療現場の感覚を養いながら、経営メンバーと方針を策定できる仕事はメディヴァしかないなと思いました。現場経験を積めること、コンサルティングができること、両方できることに魅力を感じて入社を決めました。

電球交換から経営方針の決定まで。現場にとことん入り込み、知恵を絞る仕事。

メディヴァでコンサルタントとして仕事を始めてから、入社以前のイメージとは良い意味でギャップを感じました。現場では電球交換などの雑務から、スタッフの人事評価、経営方針の決定に至るまで、仕事の幅広さ・深さ、裁量権の大きさなどが全て想像以上でした。

例えば医療現場で一刻を争うトラブルに直面したときは上長に伺いを立てる時間はなく(もちろん連絡しますが、上長の判断を待ってからでは遅いケース)、自分の頭で極限まで考えて自分の責任で判断を下す場合があります。そういうときの知恵を絞る感じがたまらなく好きです。

また業務改善のために「なぜ、こういう作業が必要なのか」など一見当たり前のようなことも細部までしっかり理解を深め、考えた改善案が現場に受け入れたとき、現場の意見を加えて更にブラッシュアップすることができたときなど、本当に喜びとやりがいを感じます。

前職から医療介護業界にはある程度知見があると思っていましたが、現場に入り込むと実際は分からないことだらけでした。そもそも法律的なルールや慣習が多く参入障壁の高い医療介護業界について、知見やノウハウを理論だけでなく、腹落ちするレベルで理解できる環境があるのは他にはないメディヴァの利点です。

現場の皆さんが私のどんな細かい質問にもとことん向き合って回答してくれることも、業界理解の大きな助けになっています。

医療者が望む医療の形を実現したい。

今後の目標のひとつは健診施設運営の専門家になることです。

病変を見つけ、病気を未然に防ぐことが健康診断の大きな目的ですが、予防のために必要な検査は非常に多く、全てをやろうとすると膨大な費用が掛かります。経営と予防医療のバランスを勘案し長期的に良い医療サービスを提供するには医療スタッフと連携して初めて実践できるものだと考えてます。

医療スタッフが各々思っていること、熱意を受け止めて理解し、それが叶い、かつ安定した経営ができるようにサポートすることが当面の目標です。そのために様々な健診施設をコンサルティングし、各々が抱えている問題を多く解決していきたいです。

医療界やコンサル未経験で応募をためらう方へ。

業界知識がなくとも、それを補うくらい勇気を持ってたくさん質問し、自分で調べることができる人はメディヴァに向いていると思います。

特有の慣習が多い業界だけに最初は疑問に思うことがあり過ぎて、思考が停止してしまうかもしれません。それでも、めげずにひとつひとつ紐解いて疑問を解消する努力は絶対に必要です。 

ひとつひとつのプロジェクトに細かいマニュアルはありませんし、ずっと側で面倒を見てくれる人もいません。入社から半年くらい経つと誰かからの指示ではなく自分で手上げしてプロジェクトに参加することが多くなるなど、自走力の問われる環境ではありますが、自己管理ができることは前提としてやりたいようにできると私はポジティブに考えてます。

これからも自由闊達な社風で、業界の最先端を走るような会社を一緒につくっていきましょう!

余談

もしかしたら独りで頑張らないといけない社風と思われたかもしれませんが、そうではありません。私はお酒を飲みすぎて皆さんにご迷惑をおかけしてしまうことがたまにあるのですが、翌日に後悔と反省の念に苛まれながら出社した私を、いつも明るく受け流してくれる、そんな懐が深い人たちばかりなので、仕事でももちろんしっかりフォローしてくれます!


■関連リンク

Pocket

タイトルとURLをコピーしました