MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

募集職種

医師兼コンサルタント◇積極募集中です【2018/11/01更新】

◇◆◆◇◆ メディヴァが医師兼コンサルタントを採用する理由 ◆◇◆◆◇

日本の医療保険財政が厳しくなる中、医療機関の経営状態は益々悪化し、現場で働く医師の仕事は益々過酷になっています。
メディヴァを創業した2000年は、ちょうどその転換期くらいにあり「医療崩壊」の言葉はなかったものの
医師が閉塞感を言葉に出し始めた頃でした。
メディヴァは創業からずっと「医療界を変えよう」と思う医師の方々と共に仕事をしてきました。
当初のモデルは完全な役割分担で、メディヴァが経営を担い、医師が医療に専念できる環境を作りました。

ところがその後、医療費削減や少子高齢化に伴う政策等による結果として医療崩壊が進み、そのころから
「自らも経営感覚・能力を持ちたい」と思う医師が増えてきたことで、医師がコンサルタントとしても
働ける環境が必要なのではないかと思うようになりました。
経営感覚・能力を磨くために、コンサルタントとしてのトレーニングは有用なのですが、
一般的にコンサルタント会社では兼業は禁止されていて、医師としての仕事が出来ません。

そこで「臨床は離れたくない、でも、コンサルタントとしての力は習得したい」
という方に向けて、2010年ごろから医師をコンサルタントとして採用し始めることにしたのです。

 

ただいま積極的に採用を行っております。

このたびの強化募集の背景には「自らも経営感覚・能力を持ちたい」と思う医師側のニーズが、以前より高くなってきていることに加えて、メディヴァの業容の広がりの中に、医師としての知見が必要な案件が徐々に増えてきたことがあります。

医療提供体制の再編成、高齢化への対策について、医療機関だけがその解決を担うわけではなく、中央官庁、地方行政、健康経営、企業の商品開発、海外展開等を通じて解決の可能性を探っていく場面において、医師としての知見があることは非常に有用です。

 

例えば「あるロボットが医療介護現場に入ることのメリットと課題は?」
などの問いに対し、医師兼コンサルタントであれば素早く仮説を作ることができます。

 

また、あらゆるモノがネットにつながるIOT社会がもたらす生産性や利便性が今後期待されていますが、メディヴァでは他産業や海外の例より学び、医療界にはなかった発想での取り組みも始まっています。

 

 

 患者さんも医療者も幸せになる社会を目指しています 。

 

メディヴァのコンサルタントは、経営を安定させるだけでなく、根源的な課題を特定し、それを解決していきます。

目の前の問題だけを直したり取り除いたりするだけではなく、その問題そのものが発生しないように解決をしていくのです。
ファクトに基づく議論を重視するので、いろいろなデータを分析し、中央官庁や大臣に答申することもあります。
 
こういうことが出来る医師が増えると、医療崩壊も防げるかもしれません。
患者さんも医療者も幸せになることが、メディヴァの目指すものであり、コンサル能力を持つ医師が増えることで、
理念に一歩近づくと感じています。<2018/11/01>

待遇

年俸制 1,000万円~1,400万円+業績連動賞与 年2回
・賞与額は本人の評価と会社の業績により変動します。
・給与は臨床とコンサルティングの比率や、臨床の内容により異なりますので
 協議の上で決めさせていただきたいと思います。
勤務地 ・用賀(本社)及びクライアント先(医療機関、企業)
・医療法人社団プラタナス傘下の医療機関(外来・訪問診療)
・訪問診療医師として介護施設、患者さんのご自宅等
勤務時間 原則として、月曜~金曜 9:30~18:30
ただし、臨床業務の内容によっては、夜間、休日や緊急時の対応が必要となる場合があります。
休日・休暇 完全週休二日制(土・日)
祝日・夏季・年末年始・慶弔・有給休暇
その他 社会保険完備、会員制福利厚生サービス

社員の声を見る

募集職種一覧に戻る