MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2017年02月13日(月)

ご相談受け付けています!

昨年の秋にリニューアルしたメディヴァ採用サイトですが、応募を決断される前の段階でもご相談しやすいようにと思い「相談窓口」を設けました。

スタートして半年ほど経過したので、寄せられたご相談内容をいくつか紹介しつつ、あらためて相談窓口をご紹介させてください。ご相談とお答えの内容についても、興味のある方には参考にしていただければと思っています。

今のところご相談は週に1,2件というペースでコンスタントにいただいておりますが、私の気持ちとしてはもっと気軽にいただければと思います。

それではいくつかの例を紹介いたします。(なお、以下の内容では読みやすさを考え、メールでの当初のご返答に加え、その後のメールのやり取りや、直接お電話でお話した内容、その後面接まで進んでいただいたときにお伝えした内容も一部含んでいます。ご了承ください)

【大学生の方から】
現在、大学生で就職について考えています。医療コンサルタントの仕事に興味がありますが、医療の資格や知識がありません。医療コンサルタントに新卒採用されるには、どのような資格を取るのが良いでしょうか。知識についても同様です。

【お答え】
株式会社メディヴァの岩崎と申します。(中略)

ご質問のことについて私の考えをお伝えしますと、メディヴァで医療コンサルタントとして活躍するために、大学生の時点で、医療資格の取得や医療知識の充実を特別に目指す必要はないと思います。それよりも、もっと汎用的な能力を磨くことのほうが重要であると考えます。それは以下のようなことです。

・原理まで理解する力
・物事を探求する力
・事実から意味を引き出す力
・アイディアを出す力
・自分の考えをまとめる力
・計画を立てて実行する力
・不確実な状況を乗り切る力

それらを鍛えることが出来れば、医療に関する知識は入社後に身につけていただければ、充分に活躍できると思います。

どうやってそれらの能力を開発できるのか?様々な選択肢があると思いますが、まずは学生としての本分である、大学での勉強や研究活動で、最高の成果を出すことが一番身近で取り掛かりやすいのではないかと思います。

卒業研究やゼミ活動などは、単に知識を詰め込むだけではなく、自分で調べて考えをまとめ、論文にまとめるなど自発的、自律的な動きが求められると思いますので、上のような能力を磨く場として充分活かし切る、という意識が必要だと思います。

さらにそれでは飽き足らない場合には、学業以外の場で、自分で発案して企画して、結果を出すような活動をどんどんやるといいと思います。テーマは小さく、サイクルは短いものでいいと思います。例えば、友人と最高に楽しい日帰りのアウトドア活動を限られた予算内で企画する、といったことも能力を磨く場となり得ます。

日常的などんなことも、人がやらない発想で普通には到達し得ないレベルで行えば能力を磨く場となります。

あまり特別なことを想定すると、
「その特別な環境が自分には無い」→「だから自分には出来ない」という発想に陥り、結局何もしない、ということになってしまう危険がありますので注意が必要です。

もちろん、医療の資格、知識があれば役に立つこともあると思いますが、医療界と一言でいっても、かなり幅広いためアサインされたプロジェクトが何かによっても、必要となる知識や範囲などが変わってきます。
入職後の日々の業務やコミュニケーションの中で、自然と覚えていくものもありますし、プロジェクトで必要とされるものに絞って集中的に身に着けるような機会もあります。

もし、入社後にご興味のある領域で、医療の資格が必要だと感じられましたら、資格の内容によりますが、社会人になってからでも資格取得は遅くないと思います。メディヴァでは資格取得の支援もございます。

もう一つ言えることは、資格や知識よりも医療や医療界について意識、関心を持つということと、それについて思考を巡らせることのほうが重要だと思います。よく面接で「医療に興味がある」と言われるにも関わらず、医療に関する何らかのテーマについて、どのように思うか・考えるかをお聞きしたときに、まったく何も無い方がおられます。

詳しい知識がなくとも、少し関心を持てば世の中には医療関連の情報に溢れています。その中のいくつかを組み合わせて、その背景を考えて、どうすれば良くなるのかを考えることは誰にでも出来ると思います。その考えが多少は違っていても少なくともディスカッションは出来るようになると思います。

日ごろからそういったことを心掛けられると、何か月かすれば見違えるように医療について自分の考えを持ってディスカッションできるようになると思います。

充実した大学生活を送られるように願っています。

株式会社メディヴァ 岩崎克治

~~~~

【外国籍の方からのご相談】

私はxx(海外)出身の〇〇と申します。
2008年に△△大学大学院を卒業しました。現在は就職活動に取り組んでいます。
今後xxと日本との懸け橋となる仕事を関わりたいと思っており、御社に応募したいと考え、メールいたしました。

外国人である私は応募することが可能でしょうか?もし、可能でしたら、ぜひ情報をご案内していただけないでしょうか?

【お答え】

この度は、弊社にご興味をお持ちいただきまして、有難うございます。

ご質問へ回答いたします。
弊社では、日本語を話せるという条件ですが、外国人の方の採用を行っております。

数年前にミャンマーに日本の乳がん健診の仕組みを導入するプロジェクトを行ったのをきっかけに、海外に関連する仕事が増えてきており、現在も日本の医療を海外に展開する支援を多く行っています。

主にアジア地域との間でのプロジェクトですが、計画が進むにつれて現地の政府、医療機関、提携企業とのやり取りも増えていきます。このようなフェーズになると、日本人以外の方の経験、知識、文化的な理解などのバックグラウンドが生きてまいります。

ただし、その時々によってプロジェクトの地域や内容が異なるため、一概にご希望の地域に関われるかどうかは分かりません。ご出身の国に関するプロジェクトであれば、より活躍できる可能性は広がると思いますが、そうでない場合にも仕事で価値を発揮していただくことが必要となります。

全般的にお答えすれば、以上のようになりますが、これ以上の内容は、xx様のお考えや現在のご状況、弊社のプロジェクトの状況や採用状況などによっても異なってきますので、もしご応募いただけるようであれば、選考の過程の中でより詳しく、xx様の状況に合わせてお話しさせていただければと存じます。

まずはこのようなお答えでご理解いただけましたでしょうか。

また、もしよろしければ、現在のご状況やお考えについてお聞きできればと思っております。お電話などでお話しすることはできますでしょうか?xx様のご希望などお聞きできれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

株式会社メディヴァ 増田

~~~

【募集有無の確認と保健事業部についての問い合わせ】

お忙しいところ大変恐れ入ります。

御社の保健師(産業保健事業・特定保健指導)の正社員(契約社員)の採用情報を拝見し、職務内容に大変魅力を感じまして、紹介会社に問い合わせさせていただいたところ、募集はいったんクローズされていると伺いました。

御社ホームページでは「募集中」の表示となっているようですが
もしも直接応募でしたらまだ受け付けていただけることがありましたらお知らせいただけましたら大変幸甚に存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

【お答え】

初めまして。株式会社メディヴァ採用担当の大迫と申します。
この度は、弊社求人にご興味をお持ちいただきまして、有難うございました。
直接お問合せいただきましたこと、重ねてお礼申し上げます。

現在、募集は行っております。
紹介会社様へお問い合わせされたということですが、弊社では出来る限り直接応募をしていただけたらという思いもあり、紹介会社さんには必要と判断した職種や案件のみご依頼しております。

保健師の募集については積極的には紹介会社様へ依頼しておりませんので、クローズしていると表現されたのかもしれません。

もし直接応募いただけるようでしたら、本メールへの返信で、応募書類をお送りいただけますでしょうか。

また、ご希望の業務について、もう少し詳しくお話をお聞きしたいと
思いますので、応募書類をいただきましたら、一度直接お話をさせて
いただきたいと考えていますので、その時はどうぞよろしくお願いいたします。
ご回答は以上となります。

また、ご登録いただきました採用メールマガジンですが、今後月1~2回、採用に関する情報やご案内などを送付させていただきますので、ぜひご覧くださいませ。

何かご不明な点がございましたら、遠慮なくお問合せ下さいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。
~~~

今回は3つのご相談を紹介しましたが、今後また折をみて他のご相談についても紹介していきます。

これからも是非ご相談いただければと思っています。お待ちしていますのでよろしくお願いします。(岩崎克治)

→ 採用に関するご相談窓口

  • メディヴァ
  • 病院コンサルティングサービス
  • 開業支援サービス
  • 在宅医療支援サービス
  • 医療機関継承・M&A支援サービス
  • 地域包括ケアシステム構築支援サービス
  • 企業・健康保険組合向け健康づくりサービス
  • 海外事業サービス
  • 精神科病院・クリニック経営コンサルティングサービス
  • プラタナスの広場