MENU

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2020年06月11日(木)

アフターコロナへ向けて在宅勤務について考える① (現状把握)

新型コロナ感染症拡大を受けてメディヴァでも在宅勤務を導入しました。
緊急事態宣言前は「推奨」というレベルでしたが、宣言を受けて在宅勤務を「基本」とし、出社は必要な場合にすることとなりました。

コロナのおかげというと不謹慎ですが、全社で一気に在宅勤務を導入する契機になったことは確かで、これが働く個人にとっても会社にとっても大きなメリットになる可能性を感じています。

そこで、今回の在宅勤務の全社横断での導入に際して皆さんの感じ方や実際のところを聞いてみました。会社として正式なサーベイや総括などは今後行うと思いますが、人事ブログではより個人的な感覚や細かい実態、工夫に焦点を当てようと、回答者にもそのようにお願いし、アンケートの質問も選択肢を用意して定量的にするのではなく、ざっくりとした質問に自由記述で答えてもらうようにしました。

社員の関心も高かったようで、非公式で、回答するしないは自由という形でしたが、あっという間に社員の半数近くが回答を寄せてくれました。以下にそこに現れた内容や私がそれについて考えたことをお伝えしたいと思います。

社員に聞いたのは、
1現在の在宅勤務の割合
2在宅時、出社時の仕事内容
3在宅勤務をしてみて感じたメリット
4デメリット・課題・悩みとその解決方法
5アフターコロナへの希望と予測
6自由コメント
です。

○在宅勤務時と出社時の仕事内容
仕事内容については基本的な把握のために尋ねましたが、特に意外なことはなく、在宅勤務時は、資料作成、調査、事務処理、リモートでの打ち合わせ、面接、クライアントサポート等を行い、出社時にはオフィスでなければ現状は出来ない仕事をする形でした。オフィスでなければできない内容は概ね以下の通りです。
・書類や郵便物の対応が必要な業務
・医療現場、仕事現場、クライアントにいなければならない仕事
・社内でなければアクセスできない機密書類やデータを扱う場合
・対面で行いたい、行う必要がある打ち合わせ

ただし、最後の対面で行いたい打合せというのは非常に少なく、クライアントの決まりや事情であるような場合を除けば、微妙なニュアンスをくみ取りたいヒアリングや、込み入った話など挙げられたのは、ほんの数例でした。

1の在宅勤務の割合は10%の刻みで回答してもらいましたが、その結果は以下のグラフです。回答したメンバーに多少の偏りはあるでしょうが、社員の半数近くなのでかなり実態を反映していると思われます。
在宅勤務のグラフ2

それぞれの区切りの中間の%を取って全体での在宅勤務の割合を計算すると、約70%となりました。この数字は各部署、各社員の仕事内容や状況に応じて在宅勤務を行った結果ですが、緊急事態宣言時に企業に要請された割合をクリアしていたようで、少し安心しました。

仕事の特性で分類した時の在宅勤務の割合を見てみたのが次のグラフです。
仕事の特性とは、例えばメディヴァのマネジメントを担うメンバー(マネージャ、シニアマネージャ、役員)や、コンサルタント、医療機関など現場のマネジメントを担当するメンバーといった形です。一人の社員が複数の2つの役割を持つ場合もかなりありますが、それぞれの役割ごとの勤務割合と在宅勤務の割合を出すことが難しいので、その場合は両方に分類しています。ここに多少の誤差は含まれるはずですが、だいたいの傾向は見ることが出来ると思います。
在宅勤務のグラフ3

次回以降で詳しく紹介しますが、アンケートから見えてきた在宅勤務のメリット、デメリット・懸念などについて、以下にざっとまとめてみます。

○個人が感じているメリット、デメリット・懸念

【明確なメリット】
・時間的な効率化、柔軟性の向上
・集中できる(作業的にも思考的にも)
・家族との関わりを増やせる

【やり方によってメリットを出せる可能性】
・コミュニケーションを増やせる、多様化できる
・仕事環境をより良く出来る

【仕事環境の不自由さ】
・自宅のスペースや通信環境、事務機器などが足りない
・自宅の執務場所が仕事に適していない
・家族(主に子供)が集中の妨げになる

【デメリット・懸念】
・運動不足、体調面の心配
・生活のメリハリ、緊張感の欠如
・コミュニケーションの量と質の低下
→情報量やアイディア、タイムリーな修正などが低下懸念
→価値創出、情熱や連帯感の醸成などが難しくなる懸念

以上が、メディヴァにおける在宅勤務の現状を概観した内容となります。次回以降、個人が感じているメリット、デメリット・課題・悩みとその対応策について詳しく見ていき、“アフターコロナ”の在宅勤務、さらに世の中や会社はどうなっていくのか、社員の予想や希望について紹介したいと思います。(岩崎克治)