MENU

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2019年08月07日(水)

社内メルマガ『月刊そ~むDX』より~N編集長のコラム特集~

こんにちは。採用チームの村上です。

メディヴァには『月刊そ~むDX』という、総務のメンバーが毎月発行している社内メルマガがあります。もともとは『月刊そ~む』として2012年8月にスタートし、2017年1月のリニューアルを経て『月刊そ~むDX』と名を変え、今日に至ります。

おもなトピックスは↓↓↓のような感じです。
——————-
● 今月の人事情報 ~ 入退職等のお知らせ ~
● 今月の総務情報 ~ 夏季休暇のお知らせ 賞与のお知らせ  ~
● 今月の部活情報 ~ バスケ部 ~
● 用賀情報       ~ 「司 バラ焼き大衆食堂 ●〇」新規開店 ~
● 映画紹介
● 社員の”マイブーム”紹介 ~ ▲△ ▲△さん ~
——————–

この冒頭を飾るのが、総務のマネージャーであるN編集長のコラムです。

毎月、時事ネタを中心に、ご本人の少々シニカルな人柄とちらりと知性を連想させる、時には風刺的で時にはウィットに富んだ数行のコラムは、隠れ社内ファンも多いはず。(私だけ?)

採用という仕事柄、応募書類を中心に多くの文章に触れる機会がありますが、文章には書き手の人柄が表れるとつくづく感じます。

今回はこれまでの掲載コラムの中から、採用チームの独断により選りすぐりの(かつ無難な・・)数本をご紹介したいと思います。N編集長の人物像についても想像をふくらませつつ、ご一読いただけますと幸いです。

 

◆◇◆◇◆◇月刊そ~むDX 2019年6月号◇◆◇◆◇◆◇

6月に入り、今年も早いもので半分が過ぎました。
5月末から夏日も多くなり、今年も夏の到来が早そうです。

改元により、今年から祝日のない月は6月と12月になりました。
ドラえもんの秘密道具に日本標準カレンダーというものがあります。
これは日本中のカレンダーを自分の好きなように変える事ができるカレンダーで専用のシールを貼ると祝日になり、祝日の名前や行事は書き込めばその通りになるという優れものです。

のび太は6月2日を「ぐうたら感謝の日」と定めました。なかなかナイスな祝日と思います。ちなみにシールを剥がすと瞬時に元に戻ります。

N編集長

 

⇒ ここ数本の中で、個人的にスマッシュヒットの一本です。
改元から、ドラえもんの秘密道具「日本標準カレンダー」を連想するそのセンスは秀逸と言えるのではないでしょうか。

 

◆◇◆◇◆◇月刊そ~むDX 2019年5月号◇◆◇◆◇◆◇

5月になりました。そして新たな時代の幕開けとなりました。
平成の時代に後悔を残してきた人は、令和の時代に心を入れ替えて決意新たに、
さらなるステップアップを目指していきましょう。

今回の改元は平成の時と違い、天皇崩御の自粛ムードの中の改元ではないので、よりおめでたモードになったのではないでしょうか。また、GW中ということもあり経済効果もあったと思います。
私も財布の紐が緩んでしまったので、しばらくは、きっちり締めていきたいと思います。会社の財布の紐もきっちり締めていきたいと思います。

N編集長

 

 N編集長は財務も担当しています。いたって真っ当な内容のコラムなのですが、なぜか額面どおりに受け取れないのは、多少なりともN編集長のキャラクターを知っているせいかもしれません。(最後の一文のみ、N編集長の本気が感じられます)

 

◆◇◆◇◆◇月刊そ~むDX 2019年1月号◇◆◇◆◇◆◇

新年明けましておめでとうございます。
今年は比較的長めのお正月休みを取られた方も多いと思います。

お正月と言えば年賀状ですが、最近はSNSの普及で出す人が減ったのか
お年玉付年賀ハガキの1等が昨年12万円→今年30万円にUPと郵便局も必死です。

ちなみに私は遂に届いた年賀状が0枚となってしまいました。
毎年通っている美容院だけはくれたのですが、とうとうLINEにしてしまったようです。割引券がついていたので残念です。。。

N編集長

 

 N編集長の王道といえるシニカル路線でありながら、年賀状0枚になっちゃったんだ・・しかも最後までくれてたのは美容院だったんだ・・とちょっと切なくてクスっと笑える一本。コラム愛読者としては、LINEに代わってもN編集長が美容院の割引券をもらえることを願わずにはいられません。

 

◆◇◆◇◆◇月刊そ~むDX 2018年2月号◇◆◇◆◇◆◇

2月になりました。
今年もインフルエンザが猛威を奮っているようです。
非常に寒い日が続き、体調管理が難しいですが、健康には気を付けましょう。
先日、都心で積雪があり、少なくない人が転んで怪我をしたようです。
雪国生まれの人は長く都会で暮らしていても、本能的に雪上の歩き方を覚えています。意外とこけません。
ただ気候にはすぐに順応してしまうようで、寒さには弱くなります。
私も正月に帰省する際はこれでもかと厚着して帰るのでおかんに呆れられます。
人間、楽な環境には直ぐ慣れてしまうようです。。。

N編集長

 

 雪国は北陸出身のN編集長。ふるさとを大切に思われていることは折に触れて感じられます。そんなN編集長の「おかん」に思わずほっこりしてしまうこの一本。帰省された際にいただいたお土産のチョイスから(加賀麩不室屋『宝の麩』)ほんのり漂う雅なエッセンスもまた、N編集長の一面です。

宝の麩①②

 

 

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇月刊そ~むDX 2017年4月号◇◆◇◆◇◆◇

4月になりました。
桜も見ごろになり、新年度という感じが漂っています。
今年はメディヴァに新卒の社員はいませんが※注、今年の新入社員は「キャラ捕獲ゲーム型」だそうです。これは公益財団法人日本生産性本部が毎春発表している調査研究ですが、振り返ってみると、ただうまいこと言いたいだけのような気もするし、新入社員って昔から変人扱いだっていうことに気づいてしまいます。
私が新卒の時は「キシルトールガム型」でした。自分の時がどうだったか調べてみると面白いかもしれません。

N編集長

 

 ときおり、ちょっとした豆知識と鋭い視点を披露するN編集長。コラムを読んで「へー」と思い、自分の新入社員年度を調べたのですが、もはや古すぎて履歴にすら残っていませんでした。。「新入社員は昔から変人扱い」というN編集長らしい結論が、個人的にツボの一本です。
※注 2017年4月時点の新卒入社はなかったのですが、その後6-7月にかけて海外の大学を卒業した新卒と第二新卒、計2名の「キャラ捕獲ゲーム型」が入社しています。

 

いかがでしたでしょうか?

本当はまだまだご紹介したいコラムがあるのですが、オフィシャル判定すれすれの微妙なラインを突くのが、N編集長のコラムの特徴でもあります。今回はそつのないチョイスにてご紹介させていただきましたが、さらにキレ味するどいコラムを読みたいという方は、ぜひメディヴァにご応募ください。