MENU

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2019年07月30日(火)

入職オリエンテーションを受けて(後編)

皆さん、こんにちは。

前回のブログでご案内しました、入職オリエンテーションの後編です。

 

今回、ご紹介するのは、参加者の感想の続きです。

 

Q2. 入職オリエンテーションを受けて、これからやってみたいこと

Q3. 入職オリエンテーションを受けて、メディヴァでどんな人になりたいか

について掲載いたします。 前回のブログはこちらからご覧ください。

https://mediva.co.jp/recruiting/info/blog/2387/

入職オリエンテーションを受けて、メディヴァの歩みを知り、メディヴァの人材として、 どのようなことが期待されているのかも改めて知ることが出来た私たち。

そこから、一人ひとりがどうなっていきたいのか、メディヴァと自身の今後について 今一度考える良いきっかけを頂きました。

一人ひとりのアイデアや想いは、メディヴァを理解して頂くうえでも役に立つと思います。

最後まで是非、お付き合いください。宜しくお願い致します。

————————————————————————————————-

Q2. 入職オリエンテーションを受けて、これからやってみたいこと

◆新たにチャレンジしてみたい

◎超高齢化社会にある日本の医療費を抑えることや、国民の健康寿命が延びることの支援の努めたいと思っています。 それだけでなく、日本に住む外国出身の方(日本語があまり話せない方)に対しても特定保健指導や栄養指導を通じて健康になっていただきたいと思っています。 また、海外にも日本の食文化や健康食を広められたらいいなと思っています。そのためには、外国語を話せるようにし、栄養の知識をこれからも身に着けていきたいと思います。(保健事業部/E.T/女性)

◎まずは特定保健指導を通して、対象者の方の健康を支えること。それがその方を一生守ることになればと考えている。若いうちからの介入によって、結果的に将来の介護予防等にもつながるようなプログラムの提案もしたい。(保健事業部/T.Y/女性)

◎入職オリエンテーションで感じたメディヴァで求められる人材を採用し、採用というフィールドからメディヴァの医療改革に貢献したいです。(採用チーム/Y.S/男性)

◎医療のことをまったく知らない人と一緒に仕事をし、違う角度からさまざまな意見を聞き、それをコンサルティングに活かしていきたいと思います。(コンサルティング事業部/M.Y/男性)

◎メディヴァ入職を決めた自分の信念をブレずに持ち、壁に当たることを恐れずにチャレンジしていきたい。(コンサルティング事業部/A.W/女性)

◎メディヴァの「患者視点の医療変革」、また「無人島に町を作る」ことを実現し、医療の変革の一旦を担えるように頑張りたいと思いました。 特に希少疾患においてのクリニックの役割等で、お役に立てればと考えています。(コンサルティング事業部/M.K/男性)

◎入職前にメディヴァのことをたくさん調べたり複数回の面接・面談を通じてたくさん質問したりしたので、 やりたいこと(患者視点の医療変革を起こしたい!)は特に変わらないのですが、、、 メディヴァが大切にしている(持つべきだとも言える)マインドセットはこれからも常に念頭に置いて仕事をしたいと思いました。 (コンサルティング事業部/C.H/男性)

◎一人ひとりの挑戦してみたいことがじわじわと広がり、事業となり、形作られてきたメディヴァの中で、私自身も「やりたい」という気持ちや、「変えたい」という思いに真摯に向き合おうと思います。(コンサルティング事業部/M.J/女性)

◎安定基盤としての案件とチャレンジングとしての案件、メディヴァの歴史を学ぶ中で、会社として軌道に乗るまでに様々な案件を行っていたと伺いました。現在は多岐にわたるヘルスケア案件を受注している状況ですが、諸先先輩方の恩恵に甘えることなく、 自ら経営的に安定基盤となるコンサルティングの案件と、もっと新しいことにチャレンジできる案件を受注できるように提案活動やデリバリの両方を行えるようになりたいと思いました。(コンサルティング事業部/N.T/男性)

事業部や職種にとらわれず、横断的に複数の仕事をしていたいと思いました。 また、メディヴァ以外の仕事、自分の場合は出版業などにも注力していきたいと思いました。それが結果的に、メディヴァで良い仕事をすることに繋がると考えています。(コンサルティング事業部/M.U/男性)

◆自分の仕事を極めたい

◎様々な資料や文献などから保健指導における目的、根拠などを頭に入れること。 どんな対象者に対しても確実に生活習慣改善につながる結果をだすこと。(保健事業部/S.T/女性)

◎メディヴァの原点「患者さんのための医療」を心に深く留め、「対象者のための保健指導」をまた受けたいと 感じていただけるような支援がしたいと感じました。(本当は対象外になっていただかなくてはなりませんが・・・)(保健事業部/C.K/女性)

◎組織で目指す方向性を知ることが出来たので、その方向性を意識しながら、患者目線(対象者目線)で保健指導を行っていきたいです。 ただ指導を行うのではなく、対象者にビジョンをきちんと見せることを行っていきたいです。(保健事業部/T.F/女性)

◎自分のこれからの課題が見えた気がしました。やりたいこと、アイディア、自分のビジョン、そういうものがあっても、それをきちんと言葉にして正しくわかってもらえるように伝えることは難しく、さらにそれぞれのビジョンのあるなかでチームとしてやっていく、というときのリーダーとしての役割についてもっとスキルを積みたいと思います。(保健事業部/M.F/女性)

◎スキルを身に付けるために必要なことの項目(マインドセット・ビジョン・サバイバル能力・人を動かす力・技術テクノロジー)について、参考になりました。特に「ビジョン」において「子どもに勉強をさせたい親」を例にわかりやすく説明いただき、困難なことでもクリアできるという点、人を動かすことにもつながる点において、非常に重要であることを学びました。私もビジョンを明確にし、掲げたいと思います。(保健事業部/C.K/女性)

志を高くもつことと、仲間の大事さについて学びました。頼られる人材になるように色々な知識について楽しみながら学び続けたいと思います!(コンサルティング事業部/M.Y/男性)

◎まだ新卒入社したてで武器になるスキルが全くないのでこれからたくさん身に着けていこうと思いました。(コンサルティング事業部/K.K/男性)

Q3. 入職オリエンテーションを受けて、メディヴァでどんな人になりたいか

◆自分の仕事を極めた人になりたい

◎前職では管理栄養士の地位が低いイメージがありました。ですが、管理栄養士が積極的に意見を持ち、必要不可欠な存在としてメディヴァでも働きたいなと思います。(保健事業部/E.T/女性)

◎今までの自分を超えるというお話があった。自分の足りなさを認める、それを超えるには謙虚さや恥をさらす勇気や、あきらめない気持ちが必要だろう。昨日の自分を超えたか?と常に自問していたい。(保健事業部/T.Y/女性)

◎まずは、メディヴァの人材として成長したいです。それはスキル面もですが、ヒューマンスキルに紐づいていると感じています。つまり、平たく言うと魅力的な人材になる、だと理解しています。そのうえで、目標に対してワクワクしながら創造的にアプローチできるようになりたいです。(採用チーム/Y.S/男性)

プロセスをうまく組み立てるようになり、それに対して適切な内容で対応していけるようになりたいと思いました。(コンサルティング事業部/K.K/男性)

◎「現場感覚と現場に流されない感覚」や、必要な能力・スキル(マインドセット、ビジョン、サバイバル能力、人を動かす力、技術・テクノロジー)について、 とても考えさせられました。 また、大石さん、小松さん、岩崎さんが、メディヴァの成長プロセスの中で、どのような時に、どのようなことを考えていたのかを知ることができ、とても興味深かったです。 お客様でのプロジェクト進捗に没頭していると、自分のビジョンやメディヴァで果たしたいと考えていることが希薄になりかねませんが、日々の仕事、事業を通じて、自分がどのようになりたいのか、ということを改めて考えさせていただく機会となりました。 視点を高く持つことを、これまで以上に意識しようと思いました。(コンサルティング事業部/Y.S/男性)

これからのメディヴァと、その先の社会を作っていくために頑張ります。(コンサルティング事業部/M.J/女性)

◎まずは病院経営の一人前のコンサルタントに地道なことからコツコツと経営分析ができるようになることが肝要であると感じました。 そのために、色々な案件に全力で取り組みたいと思います。(コンサルティング事業部/N.T/男性)

 

自分自身楽しみながら、目指すべきことを見据え、その目標へのプロセスを考え持つことが出来る人になりたいです。(保健事業部/T.F/女性)

枠にとらわれない人、何をやっているのかよくわからない人、既存のものさしで測れない人でありたい、と思いました。笑 そういう人が組織の潤滑油になれるくらいの規模感が、今のメディヴァにはあるのでは?と感じています。(コンサルティング事業部/M.U/男性)

◆つながりを拡げられる人

◎仕事上のみならず、様々な人とのつながり、ネットワークを構築できるようになりたいと感じました。(保健事業部/C.K/女性)

◎関わる方々とのつながりを大切にして、新たなつながりを広げることのできる人。ピンチをチャンスと考え、成長につなげることのできる力をもつ人。(保健事業部/S.T/女性)

仲間と助け合えるような人になりたいと思います。一人で悩んで抱え込んでいても大抵は解決しないことを学びました。(保健事業部/C.K/女性)

◎私は統括保健師としてチームをまとめていく役割も担っていくことになるのですが、自発的に自分のアイディアが出せるだけではなく、自分のビジョンや、ほかの人のビジョンで自分もいいと思うものについて、それを積極的に共有して、みんなで成長していくチームをつくれる縁の下の力持ちになりたいです。また新しいことを恐れず、常にチャレンジと向上を続けていきたいと思います。(保健事業部/M.F/女性)

◎メディヴァファミリーの一員としてお互いに刺激を与えあい高め合えるような人になりたい。(コンサルティング事業部/A.W/女性)

◎クライアントはもちろん、仲間も含めて困っている人を助けてあげる人になりたい!と改めて思いました。 (コンサルティング事業部/M.Y/男性)

◆つながりを拡げつつ、自分の仕事を極めたい人

◎仕事で関わる方々はもちろんですが、関わらない方でも

「●●に聞けば、何かありそう!」

「●●に意見を聞いてみよう!」

と思われるようなコンサルタントから認められるコンサルタントになりたいです。(コンサルティング事業部/C.H/男性)

常識にとらわれず、なぜこれをするのかといったことを常に意識し、論理的に説明でき、周りの人も理解し、協力が得られるような話ができる人になりたいと思います。(コンサルティング事業部/M.Y/男性)

————————————————————————————————-

所属先によっても回答に違いがありますが、 それぞれの役割から目指している所は同じなのだと再認識したと同時に心強さも感じました。

「メディヴァの歩き方」を伝えることを意図した今回の新人研修でしたが、 改めて感想を振り返ると、一人ひとりのやってみたい、挑戦したい、という気持ちが、まず文章全体のボリュームにも出ていると感じました。そして、とてもポジティブでワクワクし、私自身もエネルギーを分けてもらえた様な気がします。全体を通じて言えることかもしれませんが、回答の中には、自身の職種や業務内容に留まらずにチャレンジしたい、との主旨のコメントが目立ちました。キャリアプランは自身で作っていくもの、というメディヴァらしい回答でした。

最後になりますが、今回の感想の数々がメディヴァに興味関心がある方にとってもメディヴァのことを少しでも知って頂く内容になっていれば幸いです。 これからも想いを持った人材が集まり、挑戦し続けるメディヴァをどうぞ宜しくお願い致します。 最後までご覧いただきまして、どうも有難うございます。

柴田