MENU

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2019年04月26日(金)

人事ブログひとすじ10年

こんにちは。ここ数年間、人事ブログ編集長を拝命しておりました採用チームの大木です。

 

人事ブログと私とは、採用チームでブログを作ろう!という企画が持ち上がった2008年からの付き合いで、企画の言い出しっぺとしてサイトの制作段階から今に至るまで運営全般に携わってきました。

 

メディヴァの在職期間とほぼ同じ丸10年連れ添いましたが、この度一身上の都合によりメディヴァを退職(社内でいうところの卒業)致すこととなり、このブログとも別れの時が訪れました。

 

私的な内容で恐縮ですが、私個人のブログへの想いを振り返るとともに、今後の在り方を再確認し、編集長退任のご挨拶に代えたいと思います。

 

企画段階の話はこれまでに何度か書いたことがあるので、長く読んで下さっている方にとっては耳タコかもしれませんが、企画を上げたときに上がった懸念点は、「始めのうちは題材もたくさんあるだろうが、数ヶ月〜1年〜と経つうちに目新しい題材もなくなったときどうする?更新が途絶えがちになった休眠ブログを持つデメリットは、はなからブログを全く持たないというデメリットを上回るのではないか?」ということでした。

 

実際に当時から人事ブログを持つ会社は多数ありましたが、その多くが新卒採用時期だけの期間営業という感じでした。それでも人事ブログが持つ価値には確信があり、参考にしたいと思う企業ブログのいくつかから継続のヒントを得て、実行に踏み出すことができました。

 

その時のやりとりと自分の意思はこの10年間ずっと頭にあり、度々のネタ切れでブログへの意識を手放したくなるときには必ず頭に浮かぶ記憶です。(悪夢のように・笑)

 

運営が始まってからのあの手この手の記事作り、採用チーム以外の協力者を探して訪ね歩いたり、苦肉の策でいろいろなシリーズものを作ったり、一生懸命書いた(書いてもらった)記事が逆にボツになったりしながら、ようよう月数回の更新頻度を守って続けてきましたが、今となっては苦しんだ記憶はほとんど残っておらず、大体において皆で笑いながらやってきたなと思っています。

 

対外的な価値はどうであったかというと、メディヴァへご応募下さる方への効果や価値はかなりあったのではないかと自負しています。

 

募集要項のような定型的な情報には落とし込めない微妙なニュアンスや、現場の空気を伝えられるツールとして、「コンサルティング」という言葉が発する硬質な空気を和らげる人の温かさを伝えるツールとして、仕事への覚悟を持って挑んでもらうために厳しい現実をありのまま伝えるツールとして、「言葉」の力を最大限に発揮できるブログというツールは、メディヴァの採用になくてはならないものになりました。

 

応募者の方からも、記事の質量についての好評価や、長く継続していることへのお褒めの言葉をいただき、それがブログ継続の大きな支えにもなっていました。

 

一方で、これまでは週一の更新頻度も価値の一つとして積み上げてきましたが、情報発信をほとんどブログだけに頼っていた10年前から、facebookやtwitterとツールの幅が広がってきた現状に合わせて、ブログの価値の設定や運営方法も変化をつけていくときだと感じています。

 

採用チーム内の希望としては今までも、採用メンバー以外の社員もどんどん自発的に原稿を持ち込んできてくれたらいいのにねー、とよく話してはいましたが、記事のラインナップは重量感ある骨太の記事が多く、社員への原稿依頼をして書いてもらっては編集社のように朱入れするとなれば、そこに自分から原稿を投げ込んでくれる猛者は少ないのが道理です。

 

ただ、実際に記事を投稿してくれた社員からは、自分の想いが文章になってオフィシャルブログに載ることや、苦労しながらも修正してしっかりした文章に仕上がったこと、自分が入社前には読み込んでいた人事ブログに今度は自分の声が載ることを、とても喜んでくれる事実もあります。

 

そのようなことを課題と継続のポイントにして、チーム内の運営の意識や役割を変えることでブログの位置付けを採用チームの中から外にもっと押し出し、全社が気軽に参加できるブログに成長させていけるといいなと、勝手に妄想しています。

 

妄想ではありますが、その流れの中で、更新頻度の点ではこれまでよりもスローペースになる可能性はあるものの、情報の鮮度や、社内をより深く知れるという有効性はこれまで以上の価値を持てると確信も持っています。

 

今回の私の退職は家庭事情による要素が大きいのですが、長年取り組んできたブログとの関わりがいま途絶えてしまうことは、とても残念に思っています。

 

ただ今後も自分自身、環境は変わりますが、webリクルーティングのキャリアを継続して作っていきたいと考えていますので、メディヴァの人事ブログを好敵手として引き続きフォローしていくつもりです。

 

最後に、今後もメディヴァ人事ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。

 

大木牧子