MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2019年04月30日(火)

人事ブログ10周年!

メディヴァの人事ブログは2009年3月にスタートしましたので、
丸10年経ったことになります。

採用のための情報発信手段としてブログを始めることは、
当時まだ採用チームに入社したばかりの大木が提案してくれました。
更新頻度は月に3,4回という提案。ざっくり言って週に1回です。

当時の私は、情報発信の手段としてのブログは良いだろうと思いつつ、
「週1も発信し続けるほどのネタがあるのだろうか???」とかなり半信半疑でした。
それでも会社の内容、大事にしていること、やりがい、社員の素顔や雰囲気などの
情報発信が重要であることに異論はなく、「やってみよう」ということになりました。大変かも?とか上手く行くか未知数だし、、、などはやらない理由にはならず、結論は「やってみよう」以外にはないですね。

話しは逸れますが、この「やらない理由があるか?」というのは私の頭によく浮かぶ理屈で、何かを判断するときによく使います。

何か新しいことをやるかどうか、考えるときに人はよく迷います。パッと表面的にとか意識せずに迷っていることが多いですが、よく考えると迷っている図式がいくつかに分かれることが分かります。
(1)大変そうだし、上手くいくか不安なのでやりたくない。けれどよく考えたら失敗しても特に失うものはない場合。
(2)上手くいかず失敗する可能性があり、その場合には大きな痛手を負う場合。
(3)それをやるためには、何かを諦めなくてはならず、どちらを取るかを判断しなければならない場合。

大してきれいな分け方でもないし、これですべてかどうか確信はないですが、なんとなくこんな感じだと思っています。

このなかで(1)については結論はやるしかないのだと思っています。(1)なのに(2)だと勘違いしている場合もよくあります。それは、大変さを過大に評価していたり、失敗したら何が起こるかをよく吟味できていない場合などです。始めに(2)かなと思ったら、(1)ではないか?と疑ってみることをお勧めします。
これ以上横道に逸れると別の内容になってしまうので、(2)と(3)については別の機会に触れたいと思います。

閑話休題、人事ブログについては考えたり議論したりした結果(1)でした。ただ、始めた以上は途中で尻切れトンボになることだけは避けなければなりません。途中で途絶えているブログは逆効果だと思いました。大成功かどうかより、始めた以上は続けること、この最低条件をクリアすれば、という前提での判断です。

それで10年前に始めたのですが、気付いてみれば10年経っていました。

大変だったか?上手く行ったのか?得たものはなにか?そういったことを今振り返ってみたいと思います。

【大変だったか?】
人事ブログの中身にもたまに触れることがありますが、ほぼ週に1回の更新はなかなか大変と言えば大変です(現にこの原稿が前の原稿から1か月経っています。。。)
ただし、本気で大変かといえば、そこまでではないです。仕事の中で経験し得る本当に大変なことを10だとしたら2くらいだと思います。

【上手く行ったのか?】
時には恥ずかしい駄文を書かざるを得ない場面もあり、素晴らしく上手く行ったとも言えませんが、なんとか10年コンスタントに更新を続けることが出来たので、総合的には上手く行ったと思います。仕事の中での文句なしの大成功を10としたら、4.5くらいではないかと思います。

【得たもの?失ったもの?】
状況証拠の積み重ねで判断するしかないのですが、採用に対してかなりプラスに働いたと思うので、得たものはなかなか大きかったと思います。面接のとき、入社後などに人事ブログのプラスの影響について耳にすることが割とよくありますので。少なくとも、会社と人についての生の姿を伝えられたことは確かだと思います。もし採用に関して、ほとんどすべてがこれのお陰、というものがあったとしてそれを10として比較で評価するとしたら、5.5くらいではないかと思います。

今回の原稿は抽象的な話に終始しましたが、「人事ブログ10年」と頭にインプットしたときに私の頭の中に出てきたのは上のようなことです。それを素直に吐き出しました。

ブログを始めた当初は、会社の価値観ややりがい、人の雰囲気などに主眼に置きつつも、社内のあれもこれも伝えたいと思って、かなり固い仕事の話を紹介したこともありますが、その後に事業内容寄りのブログが乱立?と思うほどたくさん立ち上がり、人事ブログの役割が減ってきたと感じるときもあります。また正直10年経つとだんだんネタ切れになってきたりもします。10周年を機に勇退?ということも頭をよぎりました。

でも、メディヴァには常に新しい人が入ってくれますし、会社も少しずつ変化していますから、同じようなやり方で紹介したとしても、常に会社の新しい姿を紹介することになると思います。また、ずっと変わらないことをしつこく伝え続けることも大切だろうと思います。ですから、これらも同じように会社と人を紹介していきたいと思います。

さらに、もしネタ切れに思えて行き詰ったとしたら、そのときにはイノベーションやブレイクスルーが生まれるチャンスなのかもしれませんので、本当の本当に行き詰るまで続けてみようと思います。そして、何らかのブレイクスルーを目指します。

これからもメディヴァと人事ブログをよろしくお願いいたします。(岩崎克治)