MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2018年11月05日(月)

新シリーズ ・ メディヴァ社員の 「ビフォー・アフター」≪IT企業編≫

~福利厚生抜群の大手IT企業からのメディヴァ。編~

 

メディヴァには、様々な異なる業種・職種のバックグラウンドを持つ社員が集まっています。
ざっくりとした感覚ですが、キャリア採用の半数以上が医療界以外からの転職という感じです。

メディヴァの事業領域である医療という独特な業界、またマンションオフィスに代表される特色溢れるメディヴァに転職したからには、そこにはいろいろなカルチャーショックや、視点が変わることでの気付きがあったはず。


「入社してどうですか?」 「何か変わりましたか?」

採用担当と入社後間もない社員とのそんな気軽な会話こそ、メディヴァに応募や転職を考えている方へのヒントになるのではないかと考えました。

 

検討中の方の、背中を押す一手になれば幸いです。

 



♠回答者:コンサルティング事業部 
Hさん

before(前職):大手インターネット事業会社、マーケティング企画職
after(メディヴァでの業務):コンサルタント、松原アーバンクリニックの運営支援

 

仕事のやり方とか関わり方で、メディヴァにきて変わったことはありますか?

本当に幅広く色々なことをさせてもらっています。
コンサルタントという職位ですが、(クリニックの)総務的なことから人事や採用フェーズに携わることもあります。
前職ではグループ内の1サービスをどうグロースさせていくか、という範囲だったため、組織のマネジメントという観点から貴重な経験だと感じます。


仕事の環境面ではどうですか?

分かりやすい部分で一番はMacのパソコンになったことでしょうか。

入社時のPC準備では、会社の推奨はWindows PCとしつつもWindowsかMacかを選ぶことができました。
松原アーバンクリニックでは電子カルテの環境などとの関係で全員がMacを使用しているとのことでしたので、私もMacにしました。

これまでWindowsしか使ったことがなかったため、いまだに慣れません。(笑)

また、新卒で入った会社も前職もわりと大きな組織にいたため、オフィス環境も含めて、全てが新鮮です。


「人」の観点でメディヴァの特色を感じることはありましたか?

色々なところで元メディヴァの方(退職者)との関わりが活発で驚きました。

前職や前々職では退職された方とまた同じフィールドで仕事をするということはあまりありませんでしたので、それだけメディヴァという会社が魅力的ということだと思います。


カルチャーショックはありましたか?

他のみなさんも同様かと思いますが、まずは面接に来たときに普通のマンションだったことに驚きました。

本当にインターホンを押していいのか不安になりました。(笑)


これは前の方が良かったなと思うことも当然ありますよね?!

前職では3食無料の食堂がありましたので、お昼に困っています。(笑)

 


 

Hさんご協力ありがとうございました。

最近社内のコンサルティング事業部を始めとしたいくつかのチームが一か所に集約、移転して(こちらについてはまた大々的にご報告します!)一般的なオフィス環境も徐々に増えてきましたが、メディヴァの本質は変わらず、実質主義であること、ストリートスマートであることが大事だとしています。

誰かによって完璧に整えられた職務環境が用意されているわけではないので、自律・自走力が高いレベルで求められます。

Hさんは華やかなイメージのあるIT業界、福利厚生が充実していることでも有名な大手企業の出身ということで、そのギャップはことさらでさぞ不便を感じているのではとも想像しましたが、その感覚の違いも面白みとして自然に受け入れられているようで安心しました。
Hさんの本質が、メディヴァの考え方としっかり結びついているのだなと感じたひと時でした。

採用チーム 大木