MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2018年08月08日(水)

(駄)社内のデスクをご紹介!その3

先月、保健事業部の保健事業チームのオフィスをご紹介した「その2」に続き、今回は後編として「産業保健チーム」のオフィスをご紹介します!

 

産業保健チームは主に保健師・コンサルタント・事務担当で構成され、保健師はクライアント先常駐のメンバーも多いため、オフィス自体は保健事業チームよりもこじんまりとしています。
しかしそのメンツは、マネージャーのNさんを筆頭にかなり個性豊かでバラエティに富んだ「濃い」人たちの集団である、ということが突撃して判明しました(笑)

 

◆産業保健チームのオフィスより~

産業保健チーム編でも、デスク以外からの始まりで恐縮です。

2018070602

産業保健チームのお部屋に入ると、まずはこの「え?誰かの一人暮らしの部屋?」と思わせるような一角が目につきました。これはBGMを流すためのセットで、保健師兼コンサルタントSさんが家から持ってきたスピーカーと、マネージャーNさんの古いスマホとのこと。ふと意識を傾けると、なるほど小さな音量で音楽がかかっていました。
Nさんは臨床心理と産業保健の分野で長年のキャリアを持つ専門家なので、おそらく就労環境としての精神衛生を考えた施策なのでしょう。

 

説明が前後しますが、前回の保健事業チームは用賀アーバンクリニックの上階にあり、普通のオフィスらしい環境でしたが、産業保健チームはメディヴァ本社もある「グレース用賀」に入っているマンション事務所であるため、なんでもない床と壁の一角からもこのようにアットホームさが醸し出されています。

 

グレース用賀内には他に、医療機関コンサルチーム、海外事業部、総務経理チーム、そして我らが採用チームが、それぞれ同じような環境をオフィスにしていますが、BGMをかけているのはおそらくこの産業保健チームだけです。
小さな音量で流れるBGMは耳に心地よく、ぜひ採用チームでもマネしたい!と思いました。(が、突撃から約1カ月経過した今のところ採用チームまだ無音です。。)

 

 

続いてはこのチームのバラエティ性がよく分かる二枚。

2018070601
2018070614
こちら、お部屋に入ってすぐの玄関部分と居室にそれぞれ一枚ずつ飾ってありました。これもNさんが精神衛生考えて・・?と思いきや、保健師のHさんが書いた画と聞きびっくりしました!
聞くとHさんは保健師のかたわらアマチュア画家でもあり、展覧会への出展作品などから季節ごとに選んで持ってきてくれるそうです。ただただ脱帽です。

 

次の数枚はコンサルタントのメンバーの私物、そしてようやく「デスク」の一角の登場です。

2018070604 2018070605

人数はそれほど多くない産業保健チームですが、保健事業チームと同じように固定席ではなくフリーアドレスです。
資料などの私物は荷物置き場に出し入れするので必然的に最小限の持ち物になるのかな?と思いきや個性的な飾り物がいくつかデスク周りを彩っていました。
ギターの方の持ち主であるコンサルタントKさんを窺い知れるもう一方の持ち物を見つけました。

2018070603
ビジネス書が多いです。
画像では見えにくいのですが、「出世する」「仕事ができる!」などのタイトルが多く周囲のメンバーから「Kさん、こういう本好きだよね~」と茶化されていました。
ギターと出世するビジネス書。ある種の清々しさすら感じます。

 

最後は画像ではなくエピソードで締めたいと思います。
室内を物色しながら写真を撮っていると、「産業保健チームの中で一番散らかっている、Yさんのところはどう?」と声をかけてもらい見ると確かに資料が山積み。フリーアドレスとはいえ、外出も多いコンサルタントYさんの机は少なくとも数日は専有されている感じはしました。
いま一番スゴイ状態なんだよ~という感じで言われていたYさんの机、その場では私も「ほんとだ~」と調子を合わせていましたが、内心では(私の机なんて常時似たようなものだけど・・・)と冷や汗ものでした。

 

全体的にとても整理整頓されていて素敵なBGMが流れる産業保健チームの部屋はとても心地よく感じました。
2回に分けてご紹介した保健事業部のオフィスですが、チームごとに特徴があり、またそれぞれが快適に仕事ができる環境のために工夫している点は共通していて、社内のことながら学ぶことがたくさんありました。

 

何においても自律的であることが求められるメディヴァの社風の中では、私物の整理整頓も共有スペースの美化活動も、やらなくても注意をされることはほとんどありませんが、皆が気持ちよく仕事できる環境にしていくために自分の身の回りから意識していこうと気を引き締めました。

 

それではまた、事業部ごとにいろいろな特色あるメディヴァを、デスクやオフィスの一角を通してご紹介していきたいと思います!

 

採用チーム 大木