MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2018年07月10日(火)

(駄)社内のデスクをご紹介!その2

こんにちは。採用チームの大木です。

社員のデスクの、その一角をご紹介することで、社内や社員の素の雰囲気をお伝えしようという趣旨で始めたこの「デスクをご紹介」シリーズですが、前回のその1からほぼ1年も経ってしまいました。

前回は主に総務メンバーのデスクの一角をご紹介しました。そもそもメディヴァは管理部門以外はフリーアドレスで、総務以外に固有のデスクというものがないのです。
では今回はどこの一角をご紹介するかというと、、「保健事業部」です!

同じ事業部でも「保健事業チーム」と「産業保健チーム」とでオフィスが2つに分かれているこの保健事業部。どちらのチームも8~9割が女性で構成され、そのほとんどが管理栄養士か保健師という専門職集団です。

前述の通りフリーアドレス環境のため、個人のデスク、という固定観念に縛られず、いろんな「一角」を一挙ご紹介します!

 

◆保健事業チームのオフィスから~

2018070611

いきなりデスクでもなんでもない写真で恐縮ですが、オフィスがチームごとに分かれている保健事業部ならではの風景です。
大きなモニターがあり、それぞれのオフィスを常時オンラインで繋げています。
会議や打合せだけでなく、研修もモニターを通して行っています。常時繋がっているので常に双方のオフィスの様子が分かり、コミュニケーションが取れる状態にしています!

 

お次はこちらの夏らしい?一枚です。デスク紹介と言いながら最初の2枚までがデスクではないという斬新さ。。
2018070612

天井の空調にプロペラがついています。
聞くところによれば、オフィスが広くてエアコンの効く場所効かない場所に差があり、サーキュレーターも試したが、音がうるさい、紙が飛んでしまうという問題もあり、いろいろみんなで対策を考える中で、このプロペラの「お試しレンタル(無料)2週間」というのを見つけて、お試し中(これが採用されるかどうかは?!)だそうです。
あえなく返却となった場合、たった2週間だけついていたレア写真になりそうなので記念に撮っておきました。

 

2018070609
3枚目にしてようやくですが、デスクの一角をご紹介します。
シニアマネージャーと管理栄養士の主任の2人のデスクにあったタンブラー、懐かしくて思わず撮ってしまいました。
こちらは2010年にメディヴァ・プラタナスの10周年の記念品として作られ、配られたものです。
私もいただき数年は愛用していましたが、プラスチックのフタが劣化したりコーヒーなどの着色で全体もあまり綺麗ではなくなってしまい今は自宅の戸棚の奥底に眠っています。保健事業部にあったこちらはフタは無いもののタンブラー自体はとても綺麗で、かつ2つとも中身は「水」(っぽいもの)!美意識の差を見せつけられました。。(あと愛社精神も)

 

2018070607
続いてこちらは事務局メンバー2人のデスクから。
社内でのデスクワークがメインの事務局メンバーも固定の席ではないので、こんなふうに筆記用具などの細々したアイテムを一つにまとめて出し入れしやすいようにしているそう。
キーホルダーなどのチョイスが可愛らしいです。

 

2018070606
突然の告白で困惑されること必至ですが、私は某男性アイドルグループのファンでして、その私がアイドル好きの師匠としてリスペクトしている管理栄養士のNさん(年齢はたぶん10歳くらい年下)のデスクで見つけたのがこちらです。
Nさんも別の男性アイドルグループのファンなはずですが、他にも女性アイドルグループ、人間界を離れて動物界のアイドルまでカバーしているという幅広さに改めて脱帽した、という一枚です。

 

さて、今回のデスク探訪では産業保健チームにもお邪魔しました。
当初は2チーム合わせてご紹介しようと思っていたのですが、産業保健チームでも面白い一角をたくさん撮らせてもらい、一つの記事ではもったいないので次回のお楽しみにさせていただきたいと思います。

 

最後に前日譚を少し書きたいのですが、今回写真を撮りに行く前に「保健事業部で写真を撮らせてもらいたいが、何かネタになりそうなもの・撮っても良さそうなものがありますか?」という問合せを保健事業チームの事務局メンバーとシニアマネージャーAさんにメールしていました。

業務とは関係のない、ちょっと面倒とも思える相談ですが、すぐに二人から返信をもらい、事務局Oさんは保健事業部全体のメーリングリストを使って「○日に大木さんが人事ブログのネタ探しで写真を撮りに来るので協力してあげて下さいね」と周知までしていてくれました。
おかげで普段は別なオフィスで顔を合わすことのあまりない私に、皆快く写真を撮らせてくれたり、「これはどう?」などのアドバイスまでくれました。

保健事業部の管理栄養士や保健師のメンバーはクライアント先への外出・出張が多いので、保健事業部に全員が揃うのは限られた機会のみになりがちです。そうした環境でもコミュニケーション不足にならないように、普段からメールなどを使った情報共有を密にすることを徹底しているのだなと改めて感じた出来事でした。
事務局Oさん始め保健事業部の皆さん、ありがとうございます!

 

次回の産業保健チームのデスク紹介もぜひお楽しみに♪