MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2017年12月06日(水)New

メディヴァ全体研修@亀田総合病院

こんにちは。採用チームの大迫です。

今回は、10月20日(金)に亀田総合病院で開催されたメディヴァの全体研修についてです。

昨年入社の私にとっては、3回目の全体研修。院内見学や、院長でいらっしゃる亀田信介先生の講話をお聞きするという目的のため千葉県の鴨川市まで行ってきました。ちなみに亀田総合病院といえば、医療界において知らない人はいないほどの日本有数の総合病院。社長の大石が亀田先生方に“医療界のいろは”や、“「患者様」と「人財」を大切にする” という考え方を教わり、それがメディヴァの理念のもとになっているという歴史があるので、我々にとってはメッカのような場所です。私自身は初めて訪れるので、今回の研修はとても楽しみにしていました。実際に、病院としてはこれまで見たことのないような雰囲気や、日本の医療・未来に対する信介先生の熱い思いなど、たくさんの衝撃を受けるとともに想像していた以上に得るものが多い研修でしたので、その内容をレポートしたいと思います。

さて、研修当日。鴨川市までは用賀から約3時間の距離で、かつ100人以上の社員が参加するため、今回は貸切バスをチャーターしての移動です。

現地に到着して私がまず初めに衝撃を受けたのは、建物の外観です。なんとピンク!

①

②

③

病院の外壁は「白」という先入観を持っていた私は、良い意味でそれを連想させない雰囲気に“普通の病院ではない”ことを強く感じました。ちなみにピンクである理由は諸説あるそうですが、「患者様に病院に来ているという意識をなくしてもらいたい」とか、「少しでも明るい気分になってもらいたい」といった意味も含まれているそうです。

続いて、スタッフの方に案内して頂いた13階の大会議室。天井が高く窓も大きくとられていて、入った途端あまりにも素晴らしい景色に息を飲みました。目の前に広がる太平洋と室内に入り込む日の光、遠くに見える山々・・・まるでどこかのリゾートにきたような感覚です。他の社員もしきりにカメラのシャッターを切っていました。

④
↑陽射しがとても明るく、逆光に。

⑤

その後はチームごとに分かれて病院内見学へ。
綺麗なラウンジ、カフェ、花屋、院内に飾られたオシャレなオブジェ、外に出れば海風が心地よいオープンテラス、開放的なエントランスなどなど・・・

普通なら“無機質”という言葉で表現されがちな一般的な「病院」のイメージとは大きくかけ離れていて、明るく温かな雰囲気に満ちていました。ひとことで表現するなら、
「まるでリゾートホテルのような病院」でしょうか。

⑥

⑦

⑧

病院見学後は、院長・亀田信介先生の講話を拝聴しました。
最初は主にこの病院の理念や施設などの説明について。その中で、とても印象的だった言葉をいくつか紹介します。

「病気になった人にとって、病院生活ほど非日常なことはない。日常に戻ることを強く望んでいらっしゃる。」

「患者様にとって病院で過ごすのは、普通に日常生活を過ごす人に比べてとても大切な時間である。その中で、何かを我慢するということは絶対にあってはならない。」

「ご家族に対し、『安静にしなければならないので帰って下さい』とは絶対に言いたくない。サポーター(ご家族や友人の方)に少しでも居場所の良い場所を提供する。」

「『病院だから』という考え方はしない。医療は究極のサービス業であり、最高のこだわりを持たなければならない。」

これらの言葉からは”患者様視点の医療”を徹底的に追求されていると感じ、病院内の至るところでこの考えが反映されていることに気が付きました。

たとえば、

・ご家族など一番愛している人たちがそばにいられるよう、病室が自宅のような雰囲気になっている。※ICUにも隣接した部屋を設けている。
・24時間会いたい人に会えるよう、面会時間の制限がない。
・院内は患者様が通る通路、スタッフが通る通路が完全に分けられている。(病院スタッフが慌ただしく移動する様子などが患者様に全く見えないよう導線分離されている。)
・病室にタッチパネルで買い物できるサービスがある。

といった点です。また、信介先生は次のようなこともおっしゃっていました。

「病院だからこそ、こういうサービスが必要。やらなくてもいいことをやることは、大きな価値を持つ。しかし、儲けるためにやっているのではない。信頼を得ることが一番の利益。」

信介先生のようにこれほどまで患者様に寄り添った考えを持つ方は、はたして日本にどれくらいいるでしょうか。とてつもなく深い考察と大きなお人柄に、私は感銘を受けました。このような理念を持った病院がどんどん増えていけば、日本の医療は他国が追い付けないほどの医療レベルになるのではないか、とも思いました。

さらに私がもう一つ衝撃を受けたこと。それは信介先生が常に未来を読み、医療以外の分野でもとびぬけた構想を持っておられることです。それは房総半島の潜在価値を活かした「南東京市構想」というもので、首都圏を救い、さらに日本全体も救うという街づくりのことです。

具体的には・・・

【現在の首都圏の課題】
・高い地価、家賃水準(世界で物価の高い都市ランキングで東京は3位)
・急激な高齢化による医療・介護供給不足(特に人材制約)
・若者を中心とした転入超過と低出生率(人口減少の悪循環)など

これらのことは深刻化しており、これからの日本は国際競争力が大きく低下してしまう。

それに対し、

【房総半島の潜在価値とは】
・東京に近く、浅い海でつながっている
・地価が安い
・風光明媚で気温が温暖、環境に恵まれている
・過疎地域で、基礎自治体の協力を得やすい
・医療、介護に多少の余裕がある、など

こういった利点を活かして、貧困問題対策や医療・介護の人材養成を目的とした社会人専門学校や、24時間365日・病児を含む0歳から学童までの保育などが可能な子育て支援センター、さらには羽田や成田以上の国際競争力を持つ「首都圏第3空港」の建設を行っていきたい、という構想です。

⑨

⑩

この壮大な構想を聞いていた社員からは、「おぉ~!」とどよめきが上がっていました。私も空港建設のお話の中で「上海に負けない世界一の空港を作りたい!」という熱い言葉を聞いた際には、特に大きな高揚感を覚えました。“無謀な構想ではないか?”というよりも、もしこれらが実現すればこれからの日本社会はもっとすばらしいものになっていくのではないか、という思いとともに聞いていました。

そして、信介先生が最後に話していた言葉は、「change is fun」。
全てのお話が終わった時、参加者からは拍手喝采。私自身もとてもワクワクした気分でお話を聞き終えました。専門性の高い医療の話をされるのではなく、ただひたすらに患者様のことを考える、そして、常に未来を考える信介先生のご姿勢は、素直に心から尊敬できるものでした。

社長の大石が日本の医療に疑問を持ち、「もっと患者様のために」との思いでメディヴァを設立するため多くの医療関係者と会う中で、亀田先生方(兄弟4人で経営されています)に出会って深い感銘を受けたという理由を十二分に理解できました。そして、亀田総合病院の徹底した患者様視点のサービスに、メディヴァの理念の原点を見たように思います。

そして最後に、研修終了後は宿泊を希望した社員らでハーヴェストクラブ勝浦へ移動。同レストランで懇親会が開催されました。懇親会の途中、役員の白根から皆に「信介先生の言葉を聞いて、ワクワクした気持ちになりませんでしたか?」という問いかけがあり、まさにその通り、ワクワク感や将来に対して希望を持てる有意義な時間を過ごすことができたと思いました。また、今回は社員旅行の意味合いも含まれていたので、医療現場の最前線で活躍している者同士が互いを慰労しながら日本の医療について語り合ったり、普段なかなか会うことが少ない社員が懇親を深めるなど、熱いながらも肩ひじを張らない楽しい夜となりました。

中には深夜まで宿泊部屋で宴会を続けるメンバーも・・・。かなりの盛り上がりを見せていて、皆さんノリが若いです!とある社員に私の3名グループ部屋に押し入られ、その楽しい宴会に強制連行させられたことは秘密です。。。幸い他の宿泊客が少なかったためクレームもありませんでした(笑)

翌日は研修を終えて、宿泊したメンバーの多くはそれぞれグループを作り、社員旅行の続きとして一緒に活動していました。例えば、役員の小松・白根ら数人のメンバーは翌日に君津市の七里川温泉へ。温泉から出たあと勝浦の朝市で買った数々の干物を囲炉裏で焼いて食べるという、たまらないひと時を過ごしたそうな。私はその場にいませんでしたが、「とても楽しく、素敵な時間だった」と聞き、ご一緒させてもらえばよかった・・・と心底後悔しています(私も大の温泉&干物好きなので)。近々、プライベートでかならず同じプランを実行しようと心に決めた次第です。

以上、全体研修のレポートでした。最後までお読み頂きましてありがとうございました。

採用チーム:大迫

⑪

⑫

⑬

⑭

  • メディヴァ
  • 病院コンサルティングサービス
  • 開業支援サービス
  • 在宅医療支援サービス
  • 医療機関継承・M&A支援サービス
  • 地域包括ケアシステム構築支援サービス
  • 企業・健康保険組合向け健康づくりサービス
  • 海外事業サービス
  • 精神科病院・クリニック経営コンサルティングサービス
  • 健診センターコンサルティングサービス
  • プラタナスの広場