MENU

募集職種・エントリー

募集職種・エントリー

メディヴァの人事ブログ
私たちの日常、仕事、仲間、価値観などを
理解していただくために綴るブログです。

2017年09月27日(水)

採用の偶然と必然について

採用の仕事をしていると、「運」とか「巡り合わせ」というものを感じることがよくあります。

面接に来られた方や入社したメンバーに後から話を聞くと、「普段は見ない転職情報サイトを開いたらたまたま求人を見かけて」とか、「その時にちょうど仕事で悩んでいたことにピッタリの言葉を見つけて」とか、「まったく関連のない知り合いの2人から続けてメディヴァの名前を聞いて」などという話をよく聞きます。「縁を感じて」というような言い方をするもよくおられます。

そのたびに偶然の不思議さを感じるのですが、少し冷静になって客観的に考えてみると、これは偶然でもありますが、一面では必然でもあります。

私たちが募集広告や採用サイトなどに情報発信するときには、必ず私たちの考えていること、やっていること、今回の仕事の本質的な性質、良い点、必要な能力や経験や知識、といったことを精いっぱい考えて盛り込みます。

受け取ってくれる人の具体的な姿は見えませんし、その時点では対話をすることも出来ないのですが、それらの内容を良いと思ってくれたり、ご自分がやりたいことと私たちの求めていることが一致する(はずの)人に対して、直接お伝えしているという意識でやっています。
業務として必要条件をクリアする、という意識でやるのと、未だ見ぬ「その人」に対して伝えたい、という意識でやるのでは、かなりの差が出ると信じています。

たまたまそれを目にされる方が多くいたとしても、ほとんどの方は伝えられていることに特別な反応もなく、他の多くのことと同様にスルーされるのでしょう。そして、その中にほんの一握りだけ、内容に対してピンとくる方がいて、その方が一歩踏み出してコンタクトしてくれるのだと思います。

何かを発信した→それを目にしてもらった→それがピンときた、という流れだけを捉えれば、偶然ではなく必然または当たり前、と解釈することも出来るのだと思います。

また、この内容にピンと来てくれる人、というのを想定したときに、「その人はどこにいる?」「どうやったらその人に何かを伝えられる?」ということを必ず考えます。もちろん、必ずそれが分かって、そのための方法を必ず的確にとれる訳ではないのですが、それを必死に考えるのと考えないのではかなりの差が出るのだと思います。

もう一つ、私たちは20年近くの間、医療、ヘルスケアの分野で関わりあった方たちに思いを伝えてきましたので、未だ見ぬ「その人」が周囲に関心事や悩み、進みたい方向などを相談されたときに、メディヴァのことをご存知の方が名前を出してくれることも考えられることです。さらに、私たちの考えがクリアで印象深く、その人が周囲に話したことも、明確で方向性のはっきりした相談であれば、その確率は上がってくると思います。

ということで、必ずしも「運」や「巡り合わせ」のみが支配している訳ではないと思うのですが、必然や当たり前の部分を思い切って大きく取り除いたとしても、やはり偶然の要素もかなり残ります。

そうすると、その残った偶然の部分が、余計に際立って不思議に思えたります。

出来うる限り、必然の世界、当たり前のこと、確率を上げることにエネルギーを注ぎつつ、やはり偶然、運、巡り合わせにも助けられて前に進んでいく、というのが採用という仕事なのだろうと思います。それがこの仕事の魅力の一つなのかもしれない、と思って取り組んでいます。(岩崎克治)

  • メディヴァ
  • 病院コンサルティングサービス
  • 開業支援サービス
  • 在宅医療支援サービス
  • 医療機関継承・M&A支援サービス
  • 地域包括ケアシステム構築支援サービス
  • 企業・健康保険組合向け健康づくりサービス
  • 海外事業サービス
  • 精神科病院・クリニック経営コンサルティングサービス
  • プラタナスの広場