ヘルスケアの「明日」を語る

『幸せな老後』を自分でデザインするための本を出版しました

2019.01.31

とても寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。今年はインフルエンザが猛威を奮っています。聞くところによると、「インフルエンザも どき」もあるようで、どうかお気をつけください。 

さて、このたび「人生100年時代『幸せな老後』を自分でデザインする ためのデータブック」をディスカヴァー・トゥエンティワン社から上梓さ せていただきました。

 「患者さん視点に立って医療を変革したい」と思い、2000年にメディヴァ を創業してから約20年が経ちました。産まれたばかりの息子を抱え、「母 親として医療を考える」ところから始まったのですが、今では関心事は老後の過ごし方や介護に移りつつあります。

  超高齢社会と言われるが、実態はどうなっているのか?
  国のお金はもつのか?削減のために何が計画・実行されているのか?
  地域包括ケアシステム、在宅医療って何?
  海外の先行事例はどうなっているの?
  元気で自立して長生きするにはどうすればいい?
  日本の介護、施設の将来は大丈夫?
  TECHは活用できるの? 

このような疑問の答えに繋がるファクトを100枚のチャートにして、解説をつけました。 

人生が100年となる時代、老後を幸せに過ごせるかどうかは、人生を主体的にデザインできるかどうか、によるのではないか、と思います。この本は、全ての方と周りの方が幸せに過ごせることを祈りつつ、高齢者の方、その予備軍の方、またその方を支える方や、それをビジネスにされる方へ向けて書かせていただきました。 

本日より全国の本屋さん等で販売を開始しています。おかげさまで前評判 もよいようで、アマゾンは、一時的に在庫が切れたようです。
まもなく再入荷予定とのことなので、宜しければお手に取ってみてください。感想等もいただけると嬉しいです。

本についての詳しい説明はこちら 
Amazonはこちらから