メディヴァが策定支援をした「福岡市 認知症の人にもやさしいデザインの手引き」が公開されました

Pocket

メディヴァが福岡市から委託を受け策定支援をした「福岡市 認知症の人にもやさしいデザインの手引き」が、本日、福岡市長の定例会見により発表され、公開されることとなりました。
この手引きは、認知症の人が自分らしく安心して生き生きと暮らせる環境を整備するための30のポイントをまとめたものです。認知症の人やその家族、医療・介護従事者だけでなく、地域の人々、行政や設計・建築関係者など様々な人々へ、それぞれの建物に応じて導入できるデザインを考えるヒントを与えます。
また、手引きにはメディヴァが導入支援した福岡市の公民館での実装事例も載っています。自宅や病院、高齢者施設はもちろん、商業施設や公共施設でも参考にしてみてください。
福岡市 認知症の人にもやさしいデザインの手引き ダウンロード

福岡市ホームページ 認知症の人にもやさしいデザインの手引きについて
福岡市長定例会見 動画
メディヴァでは、病院や介護施設、住宅、商業施設、公共施設などの建物や商品やサービスへの認知症デザイン導入、認知症デザイン研修プログラム実施、認知症デザイン啓発などの支援を行なっております。

過去のメディヴァ認知症デザイン関連記事
● 認知症にやさしいデザイン その意義と導入事例│GLOBAL
● イギリスから学ぶ、認知症対応の建築デザイン

Pocket

タイトルとURLをコピーしました