医療機関継承・医療事業継続の実績紹介

内科クリニック親子間承継

一歩引いた父親の支援が、円滑な承継を

息子の新規開業を父親の力で支援

  • クリニックの概要
  • 首都圏の内科クリニック
  • 先代は婦人科、現在の父親が内科、息子は呼吸器科
  • 息子が父親の近隣に新規開業を実現。それを期に、父親は息子のクリニックの勤務医に
  • 主な診療内容
  • X線、心電図等

承継の流れ

  • 市場調査で十分にやれると判断し、既存の父親のクリニック近所で、新規開業を決断
  • それにあわせて、父親は既存の医院を閉院。
  • 患者さんには一人一人に説明。スタッフは、原則再雇用
成功のポイント
  • 息子の事業イメージがはっきりとあり、父親は不足分をサポートする役に徹した点
  • スタッフの再雇用により、患者さんも円滑に継承できた