MEDIVAの医業承継

20年間の信頼と実績をもとに、医療事業継続を全力でサポート

開業医の高齢化や経済環境の変化などにより、医療機関の後継者問題は年を追うごとに大きくなり、後継者問題は地域医療崩壊へと直結しかねないケースもあります。メディヴァでは、創業から約20年間医療機関の経営や運営に関するコンサルティングを行ってきた経験と、医療法人プラタナスで積み上げた現場感覚で、複雑な課題にも多面的なアプローチで取り組んでいきます。

事業承継の流れ

MEDIVAが選ばれる3つの理由

  1. 先生の「思い」を大切に

    前例がないという理由で諦めてしまうようなアイディアも、工夫次第では実現可能かもしれません。メディヴァは、先生の思いを第一に、先生の立場に立って、各業者様との折衝を代行します。先生の「思い」を実現するため「カウンセリング&コンサルティング」の形式を取り、コンセプト設計や事業計画作成などを進めます。

  2. 幅広いネットワーク

    メディヴァは、都市勤務医ネットワークや2019年冬リリース予定の診療圏調査アプリによる開業医予備軍リスト、若手医師軍が参加するメディヴァマネジメントスクールなど、さまざまな医師ネットワークを持っています。後継者問題を抱える医療機関とこれら医師のマッチングは、いずれの地域にとっても有用と考えられます。

  3. 包括的なアドバイス

    メディヴァの医業承継・M&Aサービスでは、一般的なコンサルティングで行う分析や資料作成に加えて、その後さらに実行支援を行います。また、先方の希望があれば、PMIという合併後の経営コンサルティングも行っています。医療機関の経営も含めて長いビジョンで考えることが可能です。