第7回「医療施設の建設について(業者選定とコスト)」 堀越建

2009.07.16

コンサルタント 堀越建

 

新築・改築・増築など建築に関わるコストは莫大な金額となるために、検討には慎重になることと思います。今回は、設計者の選定から施工業者の選定、経済状況の違いによる建築費について述べたいと思います。

 

まずは新規開業や建替えでは、どの設計者や施工業者へお願いすればよいか?その選定基準はどういったもので判断すべきか?というと、設計者を依頼できる業者は大きく分けると専業と兼業に分かれます。

専業は設計を専門としている業者であり、設計を行い、図面通り工事が行われているか現場監理を行います。業者としては、建築設計事務所やデザイン事務所(空間デザイナー等)があります。建築設計事務所は設計の専門家であり、医療に特化した設計者等がおります。デザイン事務所は建築士の資格を有しておりませんので、申請を要さない工事(内装のみの工事など)や意匠デザイナーとして依頼することが可能です。

兼業は設計と工事を兼業している業者であり、設計から工事まで一貫してお願いすることができます。業者としては、ゼネコン・工務店・ハウスメーカーなどがあります。どの業者も設計部門などがあり、建築家が設計を行っております。

 

業者の選定方法においては、専業・兼業のどちらがいいというのは難しいところです。各会社によって医療設計への力の入れ具合やスタンスが異なるためにどちらが良いとは無いと思いますが、それぞれに特徴はあります。

専業の場合であれば、設計料はかかりますが設計の専門家たちが経験を持って設計を行います。工事の段階では監理者として図面通りに工事が行われているかや材料のコスト管理など工事に無駄が無いように監理を行います。

兼業の場合であれば、設計から工事まで一貫しているので施工者選定などの時間は省けますし、設計の意図を社内間で共有できますのでよりスピーディーに工事が進みます。また兼業の場合は工事を行う代わりに設計料は要らないというところもあります。しかしトータルコストで見ると設計料を無料としても専業と変わらない場合もあるので、設計料がかからないという所に執着しないほうが良いと思います。

どちらともそれぞれの特徴を持っておりますので、専業・兼業にこだわらず、

・設計者の作品が気に入るか?

・設計者との相性は良いか?

・安心して頼める会社か(能力・経済的理由など)?

・価格は適正か?

・想定しているコストで想定している作品が建築可能か?

等が大きな選定基準となると思います。設計料も大きな要因ですが、安心して依頼できる人かどうかも大きな要因ですので見極めた判断が必要かと思います。

<設計を行える業者>

 


業者

設計

監理

工事

特徴

専業

建築設計事務所

×

・設計の専門家

・現場監理を行ってもらえる

(現場の進行やコスト管理など)

デザイン事務所

(空間デザイナー等)

×

・資格を有さないが、内装設計を主に行っている

・現場監理を行ってもらえる

(現場の進行やコスト管理など)

兼業

ゼネコン・工務店等

(設計は一部に限る)

・専ら工事専門だが設計部門があり、設計から工事まで一貫して行っている

ハウスメーカー

・専ら住宅の設計・工事の専門だが設計部門があり、設計から工事まで一貫して行っている。

 

 

次は設計者を選定し、図面も出来上がり施工業者の選定についてです。

施工業者の選定は、原則は設計者から打診があります。施主から指定する場合も問題はありません。しかし時間に余裕が無い場合などは、設計者の信頼できる施工業者にお願いするほうが、設計者の意向や連携が取れているので完成した出来栄えなど信頼が高いと思います。

相見積(複数業者への見積比較をすること)を行って施工業者を選定する場合は、価格競争をさせるために行うので、基準をしっかりと持って選定することをお勧め致します。というのもただ価格が安いからというので決めてしまうと、設計者が意図していた材料とかけ離れたものとなったり、職人単価が安く仕上がりに不満が残る場合などがあります。嫌なケースの場合は、増額見積が続いて、結局のところ他の業者のほうが安かったなど、そういった場合もありますのでしっかりと見積を確認して選定することが重要となります。

選定基準としては、

・各項目における見積価格は適正か?

・設計者のイメージどおりの材料にて見積がなされているか?

・職人の業者は安心か?能力レベルはどうか?

・現場管理をちゃんと行ってもらえるか?

等があるかと思います。こちらは設計者にもしっかりとご確認頂きつつ、価格だけにとらわれない総合的な判断することをお勧めいたします。

 

最後にコスト削減の要因として、経済状況を上げさせて頂きます。昨年度は石油価格高騰の影響により建築資材・資源の価格高騰や鉄鋼材料の品薄による価格高騰などもあって、全ての建設においてコストが莫大に増加傾向となりました。医療施設の建設費も同様に、昨年6月頃までは施工単価が上昇を続け、最大時で約91万円/坪となりました。現在では建築資材も鉄鋼も価格が下がり、20093月期の医療施設の施工単価は約76万円/坪となっている様です。高騰時と比較すると約15万円/坪の差があり、100床の病院だと約3億円程度の建設費の差があることになります。こちらの如何にかかわらず経済状況によりこれほどの差が生まれるので、経済への見極めも重要なコスト削減となります。

 

建設コストは巨額になるために、しっかりとした戦略と選定が必要となります。建設コストを最小限に抑えた施設でも、高機能を備えた施設でも無駄なく行うことが、経営を圧迫しない要因となりますので、参考にして頂けたらと思います。