海外に健診センターを設立したい サ-ビス

株式会社メディヴァ海外事業部では日本の政府機関や医療機器メーカー等と協働し、また事業者として現地で医療機関を設立・運営する立場で、「医療のトータルパッケージ」を海外に展開しております。

健診センターに関しても国内の豊富な経験に基づき、海外での設立・運営支援に複数の実績を持っております。

支援事例のご紹介

開始時期 2016年-(バックマイ病院との共同事業)
主なPJ内容 ・バックマイ病院(ハノイ)での 健康診断センター設立
・第2バックマイ病院(ハーナム省)での医療拠点設立協力
・ベトナム北部地域での健康診断普及協力
主な 関係先 ・ベトナム国立バックマイ病院
・日系商社・医療機器メーカー、等

メディヴァとバックマイ病院の関係は、2016年初頭に、ベトナムの国立バックマイ病院が日本のモデルを用いた健康診断施設の新設を希望していると聞き、同病院を訪問したところから始まりました。その後の協議により、次の3点の共同事業の実現に向けて協力していくことを合意し、覚書を交わしました。

  1. バックマイ病院(ハノイ)内への健康診断センターの新設
  2. 第2バックマイ病院(ハーナム省)における健康診断もしくは医療拠点の設立
  3. ベトナム北部地域における健康診断ネットワーク化による健康診断の普及

健康診断センターの新設に向けて、ベトナム側に日本の健診サービスを正しく伝えるほか、事業スキームの構築、施設要件や運営方針の策定などの支援を行っています。メディヴァは、この事業を通じて、ベトナム北部地域における健康診断の普及促進と健康寿命の延伸への貢献を目指しています。

バックマイ病院との共同事業