サービスのご案内

介護の生産性向上サービス(介護現場におけるICT利用促進)

未来に向けての介護を実現しませんか?

メディヴァが提供する介護の生産性向上サービスとは、生産性向上の目的を単なる人員削減とは捉えず、持続可能な介護のあり方の検討を通じて、介護の質の向上を目指し介護の価値を高めることです。
生産性向上の手段として、ICT・介護ロボット等のテクノロジー技術も活用し、新しい介護の形を実現します。

業務の「見える化」
業務の改善
介護の生産性向上

得られるメリット

人手不足

人材不足に困らなくなる

  • トータル業務時間が35%減少
  • 2.8対1の人員配置の実現
時間

利用者のために時間が使える

  • 直接介助の時間確保
  • 利用者と時間の増加
環境改善

職場環境の改善ができる

  • 残業の減少と月10日の休暇取得
  • 研修や委員会活動の実施が可能に

サービス内容と流れ

ご要望に合わせたプランの提案

ステップ1:業務調査

業務の「見える化」

誰が、いつ、なぜ忙しいのかを数値化し、具体的な取組課題を抽出します。

ステップ2:解決策の立案

業務改善の提案と導入支援

課題に対する解決策の立案、ICT活用方法を提案し、業務オペレーションに落とし込むところまでをサポートします。
ご要望に応じてICT機器の選定・導入もお手伝いします。

ステップ3:継続改善

業務改善の効果把握・計画修正

アフターフォローとして、業務改善効果と問題点を確認し、業務オペレーションの見直しを実施します。

サービスの特徴

自社開発製品 業務調査アプリケーション「MIERU」の提供

介護現場を知るプロフェッショナルが在籍

介護事業所の運営経験をもとに、経営と現場の2つの視点で実行性の高い改善策を提案します。看護師、理学療法士など “現場を知る”コンサルタントが多数在籍しています。

共に課題解決を目指す伴走型支援

業務改善の診断と提案で終わらず、現場の皆様と実行まで共にする伴走型支援を行います。

介護領域を超えた幅広い提案力

メディヴァは医療機関・介護事業所の運営はもちろん、ヘルスケア企業、行政機関、健康保険組合などヘルスケア分野の様々なステークホルダーに対して多様な業務で支援しています。

実績一覧

事業年度 クライアント先 内容
2018年
  • 福岡県北九州市
  • 先進的介護モデルの構築
2019年
  • 福岡県北九州市
2020年
  • 厚生労働省
2021年
  • 社会福祉法人
  • 特別養護老人ホームでの業務改善分析及び改善

介護現場の働き方改革 業務改善×人員配置再編×ICTによる生産性向上