Menu

メディヴァの海外事業サービス

お問い合わせ
TEL:03-6447-9822

03-6447-9822

CONTACT

Menu
メディヴァの海外事業サービス

03-6447-9822CONTACT

コンサルタント紹介

鈴木 将史すずき まさし海外事業部 部長

愛媛県出身。
開発の視点、戦略、実践により、新規事業コンサルティングへの豊富な経験を持つ。特に女性のための健診センターや医療施設の設置・運営の経験や専門性を活かし、海外ではミャンマー国ヤンゴン、マンダレーでの乳がん検診センターや診療所の設置・運営に関与している。
岡山大学大学院自然科学研究科(生物化学専攻)修了。青山大学大学院国際マネジメント研究科修了(MBA)。

木内 大介きうち だいすけ

東京都出身。
イギリスで理学療法士として10年近くの臨床経験を持つ。急性期病院、回復期病院、GPクリニック、訪問リハチーム、スポーツクラブ、理学療法外来クリニック、ロンドンオリンピックなどの幅広い現場で働いた経験を通じて、臨床的な視点と分析力や問題解決力をもとに、医療コンサルティングを提供している。現在は、国内のクリニックのマネジメントを中心に関わっており、その知見をもとに、日本の医療サービスの優れている点を世界各地域の風土に合わせた形で導入すること目指している。
京都大学農学部卒。英国ロバート・ゴードン大学修士課程理学療法科修了。

小西 飛鳥こにし あすか

栃木県出身。
診療放射線技師としての臨床経験を持ち、青年海外協力隊としてベトナムの公立病院に派遣された。その他、JICAコーディネーターとして派遣されたマレーシアとスーダンでは、医療保健、社会的弱者支援、地域開発、環境問題(自然保護・廃棄物)を担当した。
現在、国際緊急援助隊、医療調整員に登録されている。
大阪大学医学部保健学科放射線技術科学専攻、卒業。

鈴木 勝也すずき かつや

愛知県出身。
理学療法士。リハビリテーション療法学修士の資格を持つ。在学時より理学療法士として介護老人保健施設に勤務し、入居者や地域住民に対するリハビリテーションを行った。現在は診療所の開業支援・運営支援、病院の経営再生支援などを多数行う一方、機能訓練に特化した通所介護事業(ぽじえじステーション)の立ち上げ(5店舗)およびその後の運営責任者を担当している。
名古屋大学大学院医学系研究科修了。

関野 有理子せきの ゆりこ

東京都出身。
国際基督教大学教養学部卒業。ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーにて医療機器の営業に従事したのち一橋大学大学院国際企業戦略研究科修士(MBA)修了。
国内の病院の経営支援、外資系製薬会社のマーケティング支援、外国人医師の日本におけるクリニック開業支援、医療観光の市場調査等に携わる。

西澤 智之にしざわ ともゆき

長野県出身。
民間企業で営業・販促企画・顧客プログラム企画運営に従事し、マーケティングの実際を体感。
その後、教育分野でODA事業のミャンマー現地オフィサーを務めたのち、サウジアラビアを中心とした中東諸国への日本企業の進出支援に携わり複数件の投資を実現させる。
メディヴァでは、これまでの経験をもとに患者と各地域のニーズに合った事業が展開されるよう支援していく。
上智大学外国語学部イスパニア語学科卒業。

鮑 柯含ほう かがん

中国上海出身。
中国華東理工大学ソーシャルワーク学科卒業後に来日。日本女子大学人間社会研究科社会福祉専攻にて、精神科ソーシャルワーカーの日中比較を行い、業務形成のプロセスを研究した。
医療と社会福祉の円滑な仕組みを構築し、リハビリテーションと高齢者事業を中心に中国と日本の双方に貢献していく。

松永 絵葉まつなが えば

埼玉県出身。
ニュージーランドの高校を卒業後、日本に帰国し、上智大学経済学部経営学科を卒業。タイ・チェンライにて日本語教師として勤務後、日本式医療の国際展開を目指す団体に入職。経済産業省の委託事業などの管理・推進に携わる。
新興国の医療水準を向上させる持続可能な事業の実現を目指し、メディヴァに参画。

真鍋 文朗まなべ ふみあき

千葉県出身。
化学メーカーでドラッグデリバリーシステム研究・開発に従事したほか、ベンチャー系医療機器会社では、冠状動脈ステントの研究・開発に携わった。現在は大規模病院の画像診断・手術関連の運営支援や透析施設の設立支援、病院の再生に従事している。
京都大学大学院工学研究科物質エネルギー化学専攻修士課程修了。

吉村 和也よしむら かずや

大阪府出身。
理学療法士 人間健康科学修士。厚生労働省保険局にて医療保険者が取り組む加入者の健康づくり事業(データヘルス)の政策立案に携わった後、現職。国内のプロジェクトでは自治体向けの地域包括ケアシステム構築支援として地域在住高齢者のニーズ調査、在宅療養推進事業の企画・運営等に従事。
京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻修士課程修了。