海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

ベトナム

ニーズにあった医療を

2016年10月06日(木)


はじめまして。西澤智之と申します。メディヴァには今年(2016年)の4月に入社しました。はじめに少し自己紹介をします。

私は、学生時代は文系で、社会人になってからも医療やヘルスケアに関する仕事に携わったことがありませんでした。新卒で民間企業に就職し営業系の仕事をしてきました。事業を行うにはまず収益確保が必要ということと、その方法である顧客へのアプローチ手法やマーケティング手法を学び実践してきました。その後、日本企業の海外投資を支援する仕事にも携わることができ、事業性調査を行う、事業計画を立てる、投資判断を下すといった場面の臨場感を知ることができました。また、留学生を日本に受け入れるODA事業の現地オフィサーとして発展途上国の人材育成の手伝いをする経験もしました。

メディヴァに参画した今は、その地域で求められている医療を提供できるよう、これまでの経験と新しい知見をいかに融合させるかを考えています。 

今回は、医療を提供する側の経験がないことと入社から間もないことを逆手にとって、受診者の視点から、いくつかの海外の医療機関を私が見た感想をつづってみたいと思います。

 

中国広東省内の地方都市の人民病院(公立)

中国では、病院はおおまかに一級、二級、三級に分類され、三級が最も規模・設備・医師の面で高い医療サービスを提供している病院とされています。私が訪問した病院は三級病院でした。中国では、充実した医療サービスを提供する三級病院に患者が集中することが問題になっていますが、当病院も例外ではなく、外来は早朝から多くの患者とその家族で混雑していました。外来棟は新しく、各診療科が各階に配置され、基本的には日本の総合病院と同じです。興味を引いたのは会計窓口が診療科ごと各階に配置されていたことです。知人の話では、1階にまとめて会計窓口を置くと患者数が多すぎて運用できないことから、各科で完了するような仕組みになっていると言っていました。それが患者にとって便利なのか不便なのかは難しいところだと思いました。

 

ベトナム・ハノイ市の富裕層向け私立病院(民間)

ベトナムは、皆保険制度を導入中です。公立医療機関に対しては重症患者を地域病院から中央医療機関に順に紹介していく「レファラルシステム」を採用していますが、実際には守られない例もあると言われており、国立の大病院にはキャパシティーを上回る患者が訪れています。一方で、民間経営の高級病院は主に保険外で診療を提供しています。私が訪問した民間病院はハノイ市内にあり富裕層や外国人を主な患者として診察を行っていました。ロビーに入るとコンシェルジュのような案内係が近寄ってきて用件を聞くような患者サービスも行われているようでした。国立病院とは雰囲気と患者層が大きく異なりました。

 

ミャンマー・ヤンゴン市の外国人向けクリニック(民間)

最後は、私が診察を受けたことのあるクリニックです。主には外国人を対象とした小規模の診療所です。診察は予約制で、体調が悪い場合もまず予約して診察時間を確保してから診察を受けます。飛び込みは挑戦したことがないのでもしかしたら可能かもしれませんが、基本的には予約が必要でした。ある日、高めの発熱があったので朝がた診察予約を申し込みましたが、夕方には予約が取れる、という回答をもらいました。体調が悪くできるだけ早く診察を受けたかったので残念に思った記憶があります。知人によると、公立病院では常に長蛇の列ということでしたし、そもそも診察を受けに行かない人たちも少なくないとのことでした。

 

このほかにも病院やクリニックを訪問しましたが、私が常に意識しているのは、通院している患者が、何を基準にその医療機関を選び、その医療機関に何を期待しているのか、を感じ取りたいということです。それぞれの医療機関に対する患者側のニーズは様々です。もちろん「いい医療を受けたい」という共通の希望はあります。ただ、その「いい医療」とは具体的に何でしょうか。この点を考えることが大切だと思っています。答えは相手によって異なるでしょう。それでも、その人にとって必要な医療やヘルスケアサービスを届けたい、その想いをもって仕事をしていきたいと思っています。

ミャンマー乳がん検診普及プロジェクトのその後

2016年09月13日(火)


はじめまして、メディヴァ海外事業部の松永絵葉です。今回は、はじめての投稿なので自己紹介と、入社後に携わったミャンマーの乳がん検診普及プロジェクトについてお話しさせていただきます。

私は、大学卒業後、タイの田舎町で日本語教師として働いたのち、特許事務所に勤めるなど、医療とは関係のない分野で働いてきました。しかし、タイの田舎町でみた病院の前に寝泊まりする人々の光景が忘れられず、日本の医療を海外に広めることをミッションとした団体に入職し、経済産業省の委託事業などの管理を行ってきました。そこでメディヴァの乳がん検診普及プロジェクトに少し関わることがあり、重ねて、医療の現場が感じられる仕事がしたいと考え、2015年5月にメディヴァに入職しました。

入職後は、メディヴァ海外事業部発足のきっかけにもなった、ミャンマーの乳がん検診普及PJに携わらせていただきました。ミャンマーの乳がん検診PJは、2012年に開始しました。当時、ミャンマーでは医療者の間でもマンモグラフィの有用性が理解されず、乳がん検診にほとんど使用されていませんでした。そのため、日本の医療機関、医療機器メーカー、経済産業省など、多くの方の協力を得て、マンモグラフィの有用性を広めるセミナーの開催からはじまり、マンモグラフィの設置、そして撮影を行う放射線技師、読影を行う放射線科医へのトレーニング、トライアル検診を実施し、2013年12月ヤンゴンの公立婦人科病院にて乳がん検診をスタートしました。その後、ヤンゴンの成果が現地でも認められ、2015年2月には、多くの皆様の協力を得て、マンダレーでもマンモグラフィ・エコーの設置、医師・技師のトレーニングを行い、乳がん検診をスタートさせました。現在では、担当医師・技師は、検診以外の多くの業務も行いながら、ヤンゴンは月に100件以上、マンダレーでは60件の検診を実施しています。

ヤンゴン・マンダレーで検診をスタートする中で挙がってきた課題の一つに、医師や技師の育成があります。これまでは、各施設につき医師2名、技師1名の計3名を検診スタートの度に日本に招聘し研修を行ってきました。しかし、これから他の施設でも検診を普及していくことを考えると、毎回日本に招聘することは、現地側の送り出し医療機関、日本側の受け入れ医療機関の状況を考えると難しく、コストもかかり現実的ではないのです。そこで、現地医療者による現地医療者への教育の確立が必要であると考えました。

こうした考えのもと、昨年度は、岡山大学病院の先生方にご協力いただき、現地研修のトライアルを実施していただきました。これまでも、先生方には現地で講演や指導など行ってきてくださいましたが、今回は、よりハンズオン型・かつ現地医療者を指導者として巻き込んだ形での講習を企画しました。実施概要は以下の通りです。

期間:2016年2月16日(火)・17日(水)
対象者:医師9名、技師約20名
場所:Central Women Hospital, Yangon 
内容:1日目 セミナー
   2日目 ワークショップ&修了式




%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e5%8c%bb%e5%b8%ab
読影教材で勉強中のミャンマー人医師

%e3%83%9f%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%83%a2%e6%92%ae%e5%bd%b1%e7%b7%b4%e7%bf%92
マンモグラフィを用いた撮影練習

1日目は、日本医師団から、日本における検診~治療の流れ、読影のアルゴリズム、撮影技術などについて発表があったほか、富士フイルム社による精度管理の製品説明が行われました。さらに、日本で研修を受けたミャンマー人医師・技師にも講義を行ってもらい、「現地医療者が現地医療者を教育する」という意識づけを目指しました。1日目の最後には、服部裕昭先生が開発されたiPadを用いた読影教材「mhFiles®」で、参加者の読影能力チェックを行いました。

 2日目は、医師と技師の2つのグループに分かれて、ハンズオン形式のワークショップを行いました。医師の研修には、日本人医師から各項目について説明を行ったあと、日本で研修を受けた医師から研修生にさらに説明を行い、前述の教材で読影練習を重ねるという形で進めました。1日の最後に行った最終試験では、全員がB判定以上となりました。また、技師の研修は、撮影方法やポイント、注意点などについて日本人技師から講義を受けた後、ファントムを用いて実際にマンモグラフィで撮影練習を行いました。予定より参加人数が多くなってしまったのですが、皆少しでも良い角度から見よう、先生の説明を残らず聞こうと、身を乗り出して他の人の撮影練習も観察していました。その後、研修生が研修前にとっていたフイルムを見て、ディスカッションを行うなど、自分たちで評価をするためのトレーニングを行いました。

今回のトレーニングは、2日間という非常に短期間の研修でしたが、日本で研修を行う際は、受け入れ機関は臨床を行いながら研修をしなければならないため、どうしてもまとまった時間をとって研修を行う事が難しいという現状があります。もちろん、可能であれば、時間をかけて教育を行う事が望ましいですが、短期間でも集中して行えば効果は挙げられるということを確認できた研修になったと思います。今後、こういった講習が現地の団体・医療者で企画され、そして運営されていくように、サポートを行っていければと考えております。今後とも、何卒ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

<過去の参考ブログ等>
2014年3月「メディヴァの「ミャンマー乳がん健診」プロジェクトについて」
http://mediva.co.jp/hbc_blog/2014/03/post-27.html
2013年9月 「ミャンマーにおける「日本式乳がん診療パッケージ」実証プロジェクト」プレスリリース
http://www.mediva.co.jp/info/2013/09/post-180.html
2013年8月 「激変するミャンマー」
http://www.mediva.co.jp/hbc_blog/2013/08/post-22.html
2012年10月 「ミャンマー報告」
http://www.mediva.co.jp/hbc_blog/2012/10/
2012年8月ミャンマーってどんな国?
http://www.mediva.co.jp/hbc_blog/2012/08/post-10.html
2012年7月 「日本の医療技術/サービスの海外展開について」
http://www.mediva.co.jp/hbc_blog/2012/07/
2012年7月 「ミャンマーでの医療展開調査事業をはじめます!」
http://www.mediva.co.jp/hbc_blog/2012/07/post-8.html