海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

ベトナム

日本の高齢者ケアの展示会(ベトナム)

2017年09月15日(金)


2017年8月にベトナムのホーチミンで開催された、JETRO主催の「ジャパン高齢者ケア産業ショーケース」にメディヴァ、医療法人社団プラタナス、亀田グループ、東急不動産の共同事業として出展しました。

 

この企画は、同地にて行われたAPEC関連のイベント「Investing in Healthy and Active Aging for Sustainable Growth (持続可能な成長のための健康長寿社会への投資)」のサイドイベントにあたるものです。

ここでは、高齢化が他国に先行して進展している日本の高齢者ケア関連の製品・サービスが紹介され、

1.高齢者医療・リハビリテーション

2.フレイル予防・機能回復ケア

3.人材育成

4.地域包括支援システム

というテーマで、日本の事業者が来場者にそれぞれのサービスを紹介しました。

 

私達は4.地域包括支援システムのモデルにて、自立支援を目指した通所介護「ぽじえじ」、医療法人社団プラタナスの在宅診療や家庭医の仕組み、亀田グループの各種介護事業や学校、東急不動産の高齢者施設を組み合わせ、地域包括ケアシステムのベストプラクティスとして、またそれらの仕組みを海外展開する際のコンサルティングを紹介しました。

 

来場者は、APECに参加する各国の保険局長や、ベトナムの病院関係者など、官民の様々な立場で高齢化問題に関わるポリシーメーカー、有識者、実務家など300名近くが参加しました。

 

 

日本は欧米に比べて、急速に高齢化が進んだと言われていますが、アジア諸国はさらに短期間で高齢化が進むと言われています。

例えば、開催国のベトナムは、高齢化率(総人口に対する65歳以上の高齢者人口の割合)が7%を超えた高齢化社会から、14%の高齢化社会に移行するまでの所用年数が20~22年しかかからないと言われており、人口の高齢化が最も早く進んでいる世界の10カ国のうちの一つです。

(例えば、スウェーデンは85年で高齢化社会から高齢社会へ移行)

 

このような国においては、高齢者制度やサービス、介護やリハビリの人材育成などのインフラが十分に整えられないまま、

また特に、アジア諸国は経済的な発展が十分に遂げられていない状況で、同時に高齢化を迎えるという、かなり難しい状況にあります。

 

そのような国においては、高齢者ができる限り自立した生活を送れるように、予防、リハビリ、自立支援のための介護といった、日本の高齢者向け施策への関心度が高くなっています。

 

私たちのブースにも数多くの来場者が起こしになり、日本の高齢者サービスの仕組みなど、いろいろ質問されていきました。

201709_1

また、私たちのブースでは、来場者への啓蒙活動を兼ねて「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の判定テストとして、

・立ち上がりテスト

・2ステップテスト

を体験してもらいました。

 

高齢者が自立した生活を継続するためには、運動器の機能の維持も重要な要素になります。

実際にロコモティブシンドロームのリスク評価テストを体験してみて、

「あと数年後にこれができるかな?」と想像したり、「今でも難しい」という感想を持つことで、自国の高齢者の状況や予防の重要性を感じていただけたのではないかと思います。

201709_2

国によって、サービスや施設の充足度、専門職の人数などの環境や、文化的な面での違いは確かにありますが、その中でも日本の高齢者向けのサービスや制度、人材育成の仕組みは、これまでの反省も含めて、確かに貢献できる部分はあると感じます。

それぞれの国の状況に応じて工夫をしつつ、できるだけ先を見据えた施策として、アジアの高齢化問題の解決の一助になれるよう、私たちも関わっていければと考えています。

 

鈴木勝也

 

ベトナム北部病院長会議

2017年08月10日(木)


こんにちは。海外事業部の西澤です。
6月末に、「ベトナム北部病院長会議」へゲスト参加するため、ベトナム北部のラオカイ省へ出張しました。

ベトナム北部病院長会は6年前に設置され年次会議を開催しているそうです。会議の目的は、病院経営や病院運営における様々な課題について、保健省幹部と各病院幹部の間で知見を共有し解決策を議論すること、とされています。会議はハノイにある国立バックマイ病院が中心になって準備しています。

メディヴァは、2016年から国立バックマイ病院で健康診断センター新設のプロジェクトに取り組んでいます(https://mediva.co.jp/kaigai/service/support.html のページ後半)。その縁で、2017年の「ベトナム北部院長会議」への招待を受けました。今回のブログでは、同会議へ参加のための出張の様子を報告します。

2017年の会議は、ラオカイ省の省都であるラオカイ市で開催されました。ハノイ市からは高速道路で約6時間の道のりです。ラオカイ省は中国雲南省に隣接する国境の省です。私たちが宿泊したラオカイ市内のホテルからも、越中国境を望むことができ、国境の橋には人と車の往来が続く様子を垣間見ることができました。


http://d-maps.com/

 

会議には、保健省から保健大臣を筆頭に各局長クラスが、主催者であるバックマイ病院からは病院長、副院長らをはじめとした幹部が参加し、ベトナム北部全域から集まった国公立病院の院長、幹部との間で、プレゼンテーションやパネルディスカッションが行われました。
冒頭の挨拶に続き、保健大臣から、保健省が取り組んでいるベトナムの保健医療分野の課題について基調講演がありました。その後も各発表者からそれぞれの分野での取り組みが披露され、また各トピックについて議論されました。

ベトナムには国公立医療機関として、中央レベルに38病院、各省レベルに492病院、ディストリクトレベルに700ヶ所弱の病院とその分院、さらに1万ヶ所以上のコミューン診療所があり、保健省と地方政府保健局のもとで医療サービスを提供しています(数値はプレゼンテーションより)。各医療機関がその役割を果たすことはもちろん、その地域や特性に応じた機能を強化していくことの重要性が強調されていました。私の個人的な解釈ですが、ベトナムでは経済発展により都市化が進み、都市部と農村部の疾病構造に差異が表れる段階にあることから、画一的な医療ではなくその地域と患者のニーズに合致した医療サービスの提供が求められていると感じました。パネルディスカッションでは、同時通訳者の翻訳が追いつかないくらいの真剣な議論が交わされ、保健医療の改善に対する参加者の熱意を感じることができました。

 


会議出席代表者らによる集合写真

 

また、会議の前日には、会議開催都市であるラオカイ市の「ラオカイ総合病院」を見学しました。ラオカイ総合病院は600床の省立病院で、CTスキャナー、MRI等の検査機器を有する同省の基幹病院です。現在の病棟は韓国の援助により建設されたものとのことでした。ラオカイ総合病院は、ティーチングホスピタルであるバックマイ病院からの指導を受けつつ、自院もラオカイ省の基幹病院として省内の医療機関に対して技術指導を行っているとの説明がありました。ベトナム北部地域の国公立病院は、トップレファラルでティーチングホスピタルであるバックマイ病院を中心に、傘下の病院が組織化されていますが、ここラオカイでもその一端を見ることができました。将来、メディヴァがバックマイ病院と協力してベトナム北部全域に健康診断の普及活動を行うときには、有力な基盤として機能してくれるのではと期待が膨らみました。

 


ラオカイ総合病院正面入口

 

以上で、ベトナム北部院長会議にともなうラオカイ出張の報告を終わります。普段の出張ではハノイ市を出ることはありませんので、今回、高速道路からの景色も含めて、都市部とは異なるベトナムの別の姿に触れることができたのは、私にとって貴重な経験でした。メディヴァがバックマイ病院と協力して進める健康診断事業においても、ハノイ市周辺だけでなく、各地域に暮らす人々に広く貢献するような活動に育て上げるところまで、一歩一歩進めていきたいと改めて感じた行程でした。

メディヴァ海外事業部の2017年上期

2017年06月19日(月)


こんにちは、鈴木将史です。早いもので2017年ももう半分が過ぎようとしています。メディヴァ海外事業部では、この約半年もまた色々と新しい動きがありましたので幾つか取り上げてみたいと思います。

 

①サウジアラビア王女さまが来日→乳がん検診プロジェクトがスタート

②日本政府が進める「国際・アジア健康構想協議会」の事務局を担当

③ベトナムに自前クリニックを設立することに

 

まず①に関しては、今年の3月12日にサウジアラビア国王が46年振りに来日されました。この訪日団の中に同国で女性の健康増進活動を行っている王女がいらっしゃったのですが、当社の乳がん検診の取り組みの話に興味を持たれ、関連施設(イーク表参道)の見学を行うと共に、同国への乳がん検診の展開について協議を行いました。その結果、今年より首都リヤドにパイロットサイトを作ろうということでプロジェクトがスタートしています。

次に②に関しては、既に当社の様々な所で書かれているので詳細は省きますが、日本政府は、「日本式」介護、すなわち「自立支援介護」のブランド化、「自立支援介護」を進める優良事業所の底上げ、介護人材の効率的な教育などに力を入れています。これを進める内閣官房 健康・医療戦略室のお手伝いを我々のチームが行っています。2月9日に開催された「第一回 国際・アジア健康構想協議会」では事務局を務め、約400人の出席者が集まりました。

最後に③に関しては、ベトナムのホーチミンに隣接するビンズン省において、ベガメックス東急社(東急電鉄さんと現地国営企業ベガメックスIDCの合弁企業)が開発を進めるビンズン新都市内に当社主導でクリニックの開設を行う運びとなりました。目下開発中のこの新都市(まだ医療施設はほぼありません)において理想の地域医療の構築を実現すべくまずGPクリニックの開設を目指します。

 

この3つ以外にも、順調に進んでいるベトナムのバックマイ病院のプロジェクトでは、4月に病院長ご一行が来日され、同行されていた保健大臣とも様々な協議ができました。中国は相変わらず動きが激しく、中でも亀田総合病院と共に進めるプロジェクトはかなり大きなものになりそうです。もうすぐ全貌が見えるので誰かが本ブログで書くことでしょう。その他、ミャンマー、イギリス、台湾などプロジェクトの卵たちが孵化を待って?いるところです。この半年間も昨年に違わずドラスティックな期間でした。

 

 最近では私を含め皆さん出張が多く、全員が一同に会することが少なくなってきましたがようやく来月の上旬には久々の飲み会も開催できそうです。世界各国から集められたお酒と食材で楽しい会にしたいと思います。日々色々とはありますが、チームメンバーのレベルアップも進んでいますし、また年末には面白い報告ができそうです。

 

写真はビンズン新都市の完成予想

 

既に完成しているこのタワーの1階にクリニックができます。

 

タワーの上層階から見た風景。これからどんどん街ができていきます。

 

 

ベトナムを高齢者サービス市場として眺めてみると

2017年04月11日(火)


現在、介護分野での海外人材の受け入れ、および海外での介護事業の展開を目指す動きが活発になっており、在留資格に介護を追加する(介護福祉士の資格保有者)ことが2017年9月、また、技能実習制度の介護分野での受け入れの施行が2017年11月に予定されているとともに、官民連携のプラットフォームとして「国際・アジア健康構想協議会」が2017年2月に開催されるなど、法整備から民間の事業者まで積極的な姿勢がみられています。

メディヴァでは、国際・アジア健康構想協議会の事務局を担当するとともに、内閣官房より、「ICTを基盤とした介護等高齢者関連産業のアジア展開に関する調査」を受託し、アジア諸国の介護市場としての魅力と、介護人材としての魅力を調査しました。

そこで、今回はその調査内容の一端をご紹介します。

 

【アジア諸国の高齢化予測】

(出所)United Nations“World Population Prospects : The 2015 Revision”,2015よりメディヴァ作成

アジア諸国では、高齢者人口は増加することが予測されていますが、中でも中国の高齢者数は2015年で1億3,200万人程度のものが、2030年では2億4,300万人とわずか15年の間に1億人以上増加すると予測されています。さらに2050年にかけて爆発的に高齢者が増え、3億7,000万人を突破する予想がされています。これは中国全人口の28%に達し、2016年時点の日本とほぼ同等の高齢化率です。また同じように高齢化が深刻なのがタイとベトナムで、短期間で高齢化が進展するアジアの諸国では、近い将来に高齢化が社会問題になることは避けられない状況となっています。

 

 

今回は、現在はまだ高齢化が進展していないものの、高齢化問題が将来的な課題として捉えられている国として、ベトナムの例をご紹介します。

ベトナムでは、高齢者に対する公的なサービスとしては、貧困や障害を持つ戦争功労者やその親類、単身や身寄りのない高齢者向けに国やNPOが提供するものに限られており、民間の高齢者サービスは普及していません。しかしながら、ハノイやホーチミンでは、欧米の出資や協力を得た老人ホームが2010年以降設立されてきています。弊社の調べ(2016年時点)では、民間の老人ホームはハノイで14件、ホーチミンで3件確認されています。

現地でのヒアリングでは、一般のベトナム国民にとっては、高齢者を家族以外の人が介護するというのは、まだ抵抗感があるということがわかりました。

 

 

【高齢者の介護人の内訳】

 (出所) Viet Nam Aging Survey (VNAS),2011よりメディヴァ作成

こちらは、高齢者の介護が必要な方に対し、誰が介護を行っているかを示したものです。介護士や医療従事者が関わっているのは、全体の0.1%、0.2%と非常に稀なケースです。ここで興味深いのは、「その他の親戚」という分類で全体の6.4%にあたります。介護をする家族は、まずは子供の中から相談の上で対応可能な人を決めて、場合によっては、仕事を辞めて介護にあたることが多いそうです。しかし、それが難しい場合などでは、地方にすむ遠縁の親戚を呼び寄せて、介護にあたることがあるそうです。

 

 

【ベトナムにおける高齢者の家族の状況の推移】

(出所)Vietnam Household Living Standard Survey 1993-2008 よりメディヴァ作成

ベトナムではまだ高齢化が進展していないとはいうものの、高齢者のうち、子供と同居する割合が減少し、独居、夫婦のみの高齢者は着実に増えてきています。女性の社会進出や、少子化問題等とも相まって、高齢者を社会インフラとして支える必要性が徐々に高まっていくことは確実な状況です。

ベトナムは、介護人材としての魅力を語られることが多いですが、海外からの人材を介護現場で登用することを検討している事業者は、単に労働力として人材を活用するだけではなく、現地の高齢者や介護問題にも目を向けながら、帰国した後に、現地の高齢者サービスのリーダーシップを発揮できる人材を育成して欲しいと考えています。

また、そのような事業者が育成した人材とともに、現地の高齢者サービスの提供者として活躍できるようになるのが理想的であり、まさに国際・アジア健康構想の目標の一つともなっています。

 

 

機会をみて、ベトナムの介護人材として捉えた場合の調査や、他の国の状況などもご紹介できればと思います。

 

鈴木勝也

ニーズにあった医療を

2016年10月06日(木)


はじめまして。西澤智之と申します。メディヴァには今年(2016年)の4月に入社しました。はじめに少し自己紹介をします。

私は、学生時代は文系で、社会人になってからも医療やヘルスケアに関する仕事に携わったことがありませんでした。新卒で民間企業に就職し営業系の仕事をしてきました。事業を行うにはまず収益確保が必要ということと、その方法である顧客へのアプローチ手法やマーケティング手法を学び実践してきました。その後、日本企業の海外投資を支援する仕事にも携わることができ、事業性調査を行う、事業計画を立てる、投資判断を下すといった場面の臨場感を知ることができました。また、留学生を日本に受け入れるODA事業の現地オフィサーとして発展途上国の人材育成の手伝いをする経験もしました。

メディヴァに参画した今は、その地域で求められている医療を提供できるよう、これまでの経験と新しい知見をいかに融合させるかを考えています。 

今回は、医療を提供する側の経験がないことと入社から間もないことを逆手にとって、受診者の視点から、いくつかの海外の医療機関を私が見た感想をつづってみたいと思います。

 

中国広東省内の地方都市の人民病院(公立)

中国では、病院はおおまかに一級、二級、三級に分類され、三級が最も規模・設備・医師の面で高い医療サービスを提供している病院とされています。私が訪問した病院は三級病院でした。中国では、充実した医療サービスを提供する三級病院に患者が集中することが問題になっていますが、当病院も例外ではなく、外来は早朝から多くの患者とその家族で混雑していました。外来棟は新しく、各診療科が各階に配置され、基本的には日本の総合病院と同じです。興味を引いたのは会計窓口が診療科ごと各階に配置されていたことです。知人の話では、1階にまとめて会計窓口を置くと患者数が多すぎて運用できないことから、各科で完了するような仕組みになっていると言っていました。それが患者にとって便利なのか不便なのかは難しいところだと思いました。

 

ベトナム・ハノイ市の富裕層向け私立病院(民間)

ベトナムは、皆保険制度を導入中です。公立医療機関に対しては重症患者を地域病院から中央医療機関に順に紹介していく「レファラルシステム」を採用していますが、実際には守られない例もあると言われており、国立の大病院にはキャパシティーを上回る患者が訪れています。一方で、民間経営の高級病院は主に保険外で診療を提供しています。私が訪問した民間病院はハノイ市内にあり富裕層や外国人を主な患者として診察を行っていました。ロビーに入るとコンシェルジュのような案内係が近寄ってきて用件を聞くような患者サービスも行われているようでした。国立病院とは雰囲気と患者層が大きく異なりました。

 

ミャンマー・ヤンゴン市の外国人向けクリニック(民間)

最後は、私が診察を受けたことのあるクリニックです。主には外国人を対象とした小規模の診療所です。診察は予約制で、体調が悪い場合もまず予約して診察時間を確保してから診察を受けます。飛び込みは挑戦したことがないのでもしかしたら可能かもしれませんが、基本的には予約が必要でした。ある日、高めの発熱があったので朝がた診察予約を申し込みましたが、夕方には予約が取れる、という回答をもらいました。体調が悪くできるだけ早く診察を受けたかったので残念に思った記憶があります。知人によると、公立病院では常に長蛇の列ということでしたし、そもそも診察を受けに行かない人たちも少なくないとのことでした。

 

このほかにも病院やクリニックを訪問しましたが、私が常に意識しているのは、通院している患者が、何を基準にその医療機関を選び、その医療機関に何を期待しているのか、を感じ取りたいということです。それぞれの医療機関に対する患者側のニーズは様々です。もちろん「いい医療を受けたい」という共通の希望はあります。ただ、その「いい医療」とは具体的に何でしょうか。この点を考えることが大切だと思っています。答えは相手によって異なるでしょう。それでも、その人にとって必要な医療やヘルスケアサービスを届けたい、その想いをもって仕事をしていきたいと思っています。

変わること、変わらないこと~ベトナム

2016年04月14日(木)


  はじめまして、2015年6月からメディヴァ海外事業部に勤務しております、小西飛鳥と申します。
念のため、この名前であらぬ想像をしてしまう人がいるかもしれませんので、ただのおっさんです、と言っておきます。

  私はこのお仕事をさせていただく以前、JICA青年海外協力隊として2002年~2004年の期間、ベトナムの北部地方で診療放射線技師のボランティア活動をしていました。今思えばその活動が私の国際感覚の基準になっていることに気づきつつ、当時は目の前の生活や仕事に真正面から向き合ってしまい、現地交流と称して酒を飲み過ぎて倒れたり、ベトナム人に日本人だと言っても、まったく信じてもらえなくなっていたりと、ベトナムとは色んな意味で、深いお付き合いをさせていただいた記憶があります。

  その後は同じくJICAにて、今度は協力隊を支援をする、調整員という業務で、マレーシアとスーダンに派遣させていただき、医療という切り口だけでなく、環境問題、障がい者の取り組み、地域開発、職業訓練、文化交流などなど様々な形でその国に裨益する活動、いえいえ、そんな大きな話ではなく、現地にいる人たちの笑顔をより豊かにするにはどういうお手伝いができるのか、協力隊の皆さんと、そして現地の皆さんと考えてきました。そして同時に、国際援助の世界とは、という現実を目の当たりにすることもできましたが、その辺りは生々しいのでまた機会があればということで。なお先ほど私の国際感覚が協力隊で養われた、と申し上げましたが、それ以前に私は診療放射線技師として勤務しておりましたので、根本的には、医療技術屋としての誰にも譲れない精神を持っていると思っています。

  さて話をベトナムに戻します。ベトナムはここ10年間、経済成長率を6%前後に維持し、人口増加とともに堅調な成長と言える発展を見せる、とても活気溢れる国のひとつです*。協力隊の活動期間中、首都ハノイには息抜きのためずいぶんとお世話になりながら、2年間だけではありますが、古き良き歴史と新しい文化が交錯し変化する様子を見てきたつもりです。あれから12年の時を経て、今回、再びハノイを訪問する機会がありました。道路は整備され、道往くバイクに乗る人は皆、ヘルメットを被るようになり、高層ビルやお洒落なショッピングセンターが立ち並ぶ、一見して12年の時間を感じさせる変化がそこにはありました。空港からホテルへの道すがら、車窓からそれらを眺め、ふと心配したことは、住民の気質まで都会化し、人々の関係も変わってしまっているのではないか、ということ
でした。

バインミーおばちゃん  次の日の朝、せっかくなので、外を歩きながら朝食を取るべく路上を物色していると、
カフェ店の角でBanh Mi(バイン・ミー:フランスパン的なもの)を売るおばちゃんを発見しました。
Banh Miを片手にカフェ店で甘いコンデンスミルクが入ったベトナムコーヒーを飲むという、
朝の至福の時をピンと思い出した私は、しめしめと早速おばちゃんの元へ向かい、
Banh Miに卵焼きを挟んでね、と注文しました。おばちゃんは、はいよ、とテキパキ卵を焼き、
Banh Miにそれを挟んで、私に差し出してくれました。

「にいちゃん、手が冷たいね~!」

とBanh Miを手渡しながらの一言で、一瞬、予期せぬ言葉に動揺しながら、しばらく使わずにいた
錆付いたベトナム語で、なんとか切り返しました。

「いや、だってハノイはまだ寒いじゃない。」

  おばちゃんは、そうだね、と言いながら私にお釣りを返してくれました。
この日のハノイは気温摂氏10度。聞けば今年の寒さは例年よりも遅れてきているそうで、
2月下旬にもかかわらず、素手のままだと少々寒かったのです。

  私は企てどおりカフェ店でBanh Miを食べながら、甘いベトナムコーヒーをいただきました。
ハノイは確かに発展し続けているけれど、あの時のBanh Miの味も、ベトナムコーヒーの香りも、
そして何より、このおばちゃんのように人懐こくて人間味あふれるみんなが、まだここにいることに思わず笑みが漏れてしまいました。

  この国の行く道にまた関わっていきたい。そんなことをしみじみ思える、朝でした。

*参考:World Economic Outlook, IMF  http://www.imf.org/external/index.htm

(海外事業部 小西飛鳥)