海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

アジア

メディヴァ海外事業部の2017年上期

2017年06月19日(月)


こんにちは、鈴木将史です。早いもので2017年ももう半分が過ぎようとしています。メディヴァ海外事業部では、この約半年もまた色々と新しい動きがありましたので幾つか取り上げてみたいと思います。

 

①サウジアラビア王女さまが来日→乳がん検診プロジェクトがスタート

②日本政府が進める「国際・アジア健康構想協議会」の事務局を担当

③ベトナムに自前クリニックを設立することに

 

まず①に関しては、今年の3月12日にサウジアラビア国王が46年振りに来日されました。この訪日団の中に同国で女性の健康増進活動を行っている王女がいらっしゃったのですが、当社の乳がん検診の取り組みの話に興味を持たれ、関連施設(イーク表参道)の見学を行うと共に、同国への乳がん検診の展開について協議を行いました。その結果、今年より首都リヤドにパイロットサイトを作ろうということでプロジェクトがスタートしています。

次に②に関しては、既に当社の様々な所で書かれているので詳細は省きますが、日本政府は、「日本式」介護、すなわち「自立支援介護」のブランド化、「自立支援介護」を進める優良事業所の底上げ、介護人材の効率的な教育などに力を入れています。これを進める内閣官房 健康・医療戦略室のお手伝いを我々のチームが行っています。2月9日に開催された「第一回 国際・アジア健康構想協議会」では事務局を務め、約400人の出席者が集まりました。

最後に③に関しては、ベトナムのホーチミンに隣接するビンズン省において、ベガメックス東急社(東急電鉄さんと現地国営企業ベガメックスIDCの合弁企業)が開発を進めるビンズン新都市内に当社主導でクリニックの開設を行う運びとなりました。目下開発中のこの新都市(まだ医療施設はほぼありません)において理想の地域医療の構築を実現すべくまずGPクリニックの開設を目指します。

 

この3つ以外にも、順調に進んでいるベトナムのバックマイ病院のプロジェクトでは、4月に病院長ご一行が来日され、同行されていた保健大臣とも様々な協議ができました。中国は相変わらず動きが激しく、中でも亀田総合病院と共に進めるプロジェクトはかなり大きなものになりそうです。もうすぐ全貌が見えるので誰かが本ブログで書くことでしょう。その他、ミャンマー、イギリス、台湾などプロジェクトの卵たちが孵化を待って?いるところです。この半年間も昨年に違わずドラスティックな期間でした。

 

 最近では私を含め皆さん出張が多く、全員が一同に会することが少なくなってきましたがようやく来月の上旬には久々の飲み会も開催できそうです。世界各国から集められたお酒と食材で楽しい会にしたいと思います。日々色々とはありますが、チームメンバーのレベルアップも進んでいますし、また年末には面白い報告ができそうです。

 

写真はビンズン新都市の完成予想

 

既に完成しているこのタワーの1階にクリニックができます。

 

タワーの上層階から見た風景。これからどんどん街ができていきます。

 

 

ベトナムを高齢者サービス市場として眺めてみると

2017年04月11日(火)


現在、介護分野での海外人材の受け入れ、および海外での介護事業の展開を目指す動きが活発になっており、在留資格に介護を追加する(介護福祉士の資格保有者)ことが2017年9月、また、技能実習制度の介護分野での受け入れの施行が2017年11月に予定されているとともに、官民連携のプラットフォームとして「国際・アジア健康構想協議会」が2017年2月に開催されるなど、法整備から民間の事業者まで積極的な姿勢がみられています。

メディヴァでは、国際・アジア健康構想協議会の事務局を担当するとともに、内閣官房より、「ICTを基盤とした介護等高齢者関連産業のアジア展開に関する調査」を受託し、アジア諸国の介護市場としての魅力と、介護人材としての魅力を調査しました。

そこで、今回はその調査内容の一端をご紹介します。

 

【アジア諸国の高齢化予測】

(出所)United Nations“World Population Prospects : The 2015 Revision”,2015よりメディヴァ作成

アジア諸国では、高齢者人口は増加することが予測されていますが、中でも中国の高齢者数は2015年で1億3,200万人程度のものが、2030年では2億4,300万人とわずか15年の間に1億人以上増加すると予測されています。さらに2050年にかけて爆発的に高齢者が増え、3億7,000万人を突破する予想がされています。これは中国全人口の28%に達し、2016年時点の日本とほぼ同等の高齢化率です。また同じように高齢化が深刻なのがタイとベトナムで、短期間で高齢化が進展するアジアの諸国では、近い将来に高齢化が社会問題になることは避けられない状況となっています。

 

 

今回は、現在はまだ高齢化が進展していないものの、高齢化問題が将来的な課題として捉えられている国として、ベトナムの例をご紹介します。

ベトナムでは、高齢者に対する公的なサービスとしては、貧困や障害を持つ戦争功労者やその親類、単身や身寄りのない高齢者向けに国やNPOが提供するものに限られており、民間の高齢者サービスは普及していません。しかしながら、ハノイやホーチミンでは、欧米の出資や協力を得た老人ホームが2010年以降設立されてきています。弊社の調べ(2016年時点)では、民間の老人ホームはハノイで14件、ホーチミンで3件確認されています。

現地でのヒアリングでは、一般のベトナム国民にとっては、高齢者を家族以外の人が介護するというのは、まだ抵抗感があるということがわかりました。

 

 

【高齢者の介護人の内訳】

 (出所) Viet Nam Aging Survey (VNAS),2011よりメディヴァ作成

こちらは、高齢者の介護が必要な方に対し、誰が介護を行っているかを示したものです。介護士や医療従事者が関わっているのは、全体の0.1%、0.2%と非常に稀なケースです。ここで興味深いのは、「その他の親戚」という分類で全体の6.4%にあたります。介護をする家族は、まずは子供の中から相談の上で対応可能な人を決めて、場合によっては、仕事を辞めて介護にあたることが多いそうです。しかし、それが難しい場合などでは、地方にすむ遠縁の親戚を呼び寄せて、介護にあたることがあるそうです。

 

 

【ベトナムにおける高齢者の家族の状況の推移】

(出所)Vietnam Household Living Standard Survey 1993-2008 よりメディヴァ作成

ベトナムではまだ高齢化が進展していないとはいうものの、高齢者のうち、子供と同居する割合が減少し、独居、夫婦のみの高齢者は着実に増えてきています。女性の社会進出や、少子化問題等とも相まって、高齢者を社会インフラとして支える必要性が徐々に高まっていくことは確実な状況です。

ベトナムは、介護人材としての魅力を語られることが多いですが、海外からの人材を介護現場で登用することを検討している事業者は、単に労働力として人材を活用するだけではなく、現地の高齢者や介護問題にも目を向けながら、帰国した後に、現地の高齢者サービスのリーダーシップを発揮できる人材を育成して欲しいと考えています。

また、そのような事業者が育成した人材とともに、現地の高齢者サービスの提供者として活躍できるようになるのが理想的であり、まさに国際・アジア健康構想の目標の一つともなっています。

 

 

機会をみて、ベトナムの介護人材として捉えた場合の調査や、他の国の状況などもご紹介できればと思います。

 

鈴木勝也

アジアの医療介護情報に関するおすすめサイト

2017年03月03日(金)


こんにちは、海外事業部の吉村です。

突然ですが、皆さんは普段どうやって海外の医療介護情報を入手していますか?

また、日本の医療などに関して英語で説明する際、単語選びなどで苦労した経験はありませんか?

 

今回は、私が常日頃アンテナを張っている中で見つけた、

アジア地域の医療や介護の状況に関するオススメの情報源をいくつかご紹介します。

 

MEDIVERまとめ

 

介護分野でアジア進出を目指す上での基礎知識

知ってて損はない、アジアの介護事情が見える理解できる政府・国際機関ウェブサイト3選

 

1 東アジアの医療・介護・年金等の関するリッチな資料(※英語のみ)

United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP).The 1st Meeting of the North-East Asian Forum on Population Ageing.2015年11月

URL:https://www.unescap.org/events/sharing-knowledge-and-experiences-towards-sustainable-ageing-societies-north-east-asia(2016年11月1日アクセス)日本、中国、韓国、ロシア、モンゴルの各国が当会議で発表した資料がダウンロードできます。高齢化や高齢者の社会参加、医療、介護、年金などに関する報告内容です。初めて知る情報も多く、個人的にはとても勉強になりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――

2 ASEAN各国が考えている今後の高齢化対策を知る(※英語と日本語)

厚生労働省.第12回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合.2013年12月

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000064122.htmlASEANの行政官が、「高齢化する社会に対応するしなやかなコミュニティを育む」をテーマに各国における現状や今後の取組について発表しました。どれも貴重で興味深い内容です。読んでいてテンションが上がります。これを初めて読んだ際、リハ職である私にとって直近ではシンガポールが熱いと感じました。

第12回に限らず、この会合のデータは使える情報のヒット率が高い印象があります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

3 政府が補助金を出している医療の国際化事業一覧(※日本語のみ)

経済産業省.医療の国際化の調査・報告書一覧.2010年~現在

URL:http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/report_kokusaika.html

日本のアウトバウントとインバウンド事業の報告書が相当数あります。どのような団体がどこで何をしているか、これを見ると業界の状況が何となく見えてきます。個人的には毎年出てくる各国のデータがとても見やすくそして内容豊富で好きです。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<おまけ1> 

WHO.World report on ageing and health.2015年9月(※英語のみ 一部日本語あり)

URL:http://www.who.int/ageing/events/world-report-2015-launch/en/

WHOが健康と高齢化に関する認識を変えるために作成したレポートです。高齢者分野を専門とする私にとってはワクワクする内容です。

<おまけ2> 

厚生労働省.国際的なActive Aging(活動的な高齢化)における日本の貢献に関する検討会. 2014年3月(報告書)(※英語と日本語)

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kokusai.html?tid=128276

日本がアジアをエイジングの分野で引っ張っていきたいんだな、というのを改めて感じさせる報告書です。

根幹を捉えたキラーチャートなどもあり、また、比較的簡潔でわかりやすいのが特徴です。

あとがき。

自論ですが、以前政府で働いていた頃、世の中にある情報がいかに曖昧であるか、真実ではない可能性があるか、ということを痛感しました。言葉(解釈含む)は介す人が多ければ多いほど原型から逸脱していきます。情報を取る時は常に発信者と時点を確認し、信憑性を踏まえて理解し活用していくことが大切だと思います。

上記の資料がこの記事をご覧いただいた皆様によって少しでもためになる内容であることを祈っています。

介護の輸出が本格化?アジア健康構想

2016年11月04日(金)


「アジア健康構想」という言葉をご存知でしょうか?

 

近年、「医療の国際化」を合言葉に日本の医療関連法人の海外へのサービス展開や国内での外国人向けのサービスの実施などが政府の後押しのもと動き始めています。

そんな中、今年7月に政府は「アジア健康構想に向けた基本方針」を策定し発表しました。ここで打ち出されたのは介護の国際化です。

 

「アジア健康構想に向けた基本方針」2016年7月29日健康・医療戦略推進本部決定

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kenkouiryou/suisin/ketteisiryou/dai14/index.html

 

基本方針には以下のようなことが書いてあります。

・多くのアジア地域では基礎的な医療サービスを提供する仕組みが確立する前に高齢化社会を迎えることが見込まれる。

・急速に高齢化が進むアジア地域においては、日本における高齢化対策や日本の民間介護事業者等の進出に対する関心が高まっている。

・アジアの国や地域の状況は、①自国の高齢化が進み具体的な対応に関心がある需要型と、②まだ自国の高齢化には時間があるが介護等高齢者関連サービスの人材育成と送り出しに関心がある供給型に大別される。

・日本政府は、政府間行力と民間事業支援の両面から介護の国際化を推進する。

 

これが本格的に動き出すのはおそらく来年からだと思います。

政府の動き、予算の動き、そして各社の動き。これらは要確認です。

メディヴァでもこの波に乗って介護の国際化を加速したいな。(独り言)

~自己紹介~

メディヴァ海外事業部の吉村和也と申します。普段はコンサルティング事業部の企業・行政チームに所属し、国内の基礎自治体に対して地域包括ケアシステムの構築支援などを主に行なっています。海外事業としては、リハビリテーションや介護などに関わる高齢者向けの事業や政策に関心があり、関連するプロジェクトがあると関わらせていただいています。

若さと熱意で仕事をするタイプです。より良い社会の実現を目指して日々奮闘しています。