海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

2017年09月

日本の高齢者ケアの展示会(ベトナム)

2017年09月15日(金)


2017年8月にベトナムのホーチミンで開催された、JETRO主催の「ジャパン高齢者ケア産業ショーケース」にメディヴァ、医療法人社団プラタナス、亀田グループ、東急不動産の共同事業として出展しました。

 

この企画は、同地にて行われたAPEC関連のイベント「Investing in Healthy and Active Aging for Sustainable Growth (持続可能な成長のための健康長寿社会への投資)」のサイドイベントにあたるものです。

ここでは、高齢化が他国に先行して進展している日本の高齢者ケア関連の製品・サービスが紹介され、

1.高齢者医療・リハビリテーション

2.フレイル予防・機能回復ケア

3.人材育成

4.地域包括支援システム

というテーマで、日本の事業者が来場者にそれぞれのサービスを紹介しました。

 

私達は4.地域包括支援システムのモデルにて、自立支援を目指した通所介護「ぽじえじ」、医療法人社団プラタナスの在宅診療や家庭医の仕組み、亀田グループの各種介護事業や学校、東急不動産の高齢者施設を組み合わせ、地域包括ケアシステムのベストプラクティスとして、またそれらの仕組みを海外展開する際のコンサルティングを紹介しました。

 

来場者は、APECに参加する各国の保険局長や、ベトナムの病院関係者など、官民の様々な立場で高齢化問題に関わるポリシーメーカー、有識者、実務家など300名近くが参加しました。

 

 

日本は欧米に比べて、急速に高齢化が進んだと言われていますが、アジア諸国はさらに短期間で高齢化が進むと言われています。

例えば、開催国のベトナムは、高齢化率(総人口に対する65歳以上の高齢者人口の割合)が7%を超えた高齢化社会から、14%の高齢化社会に移行するまでの所用年数が20~22年しかかからないと言われており、人口の高齢化が最も早く進んでいる世界の10カ国のうちの一つです。

(例えば、スウェーデンは85年で高齢化社会から高齢社会へ移行)

 

このような国においては、高齢者制度やサービス、介護やリハビリの人材育成などのインフラが十分に整えられないまま、

また特に、アジア諸国は経済的な発展が十分に遂げられていない状況で、同時に高齢化を迎えるという、かなり難しい状況にあります。

 

そのような国においては、高齢者ができる限り自立した生活を送れるように、予防、リハビリ、自立支援のための介護といった、日本の高齢者向け施策への関心度が高くなっています。

 

私たちのブースにも数多くの来場者が起こしになり、日本の高齢者サービスの仕組みなど、いろいろ質問されていきました。

201709_1

また、私たちのブースでは、来場者への啓蒙活動を兼ねて「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」の判定テストとして、

・立ち上がりテスト

・2ステップテスト

を体験してもらいました。

 

高齢者が自立した生活を継続するためには、運動器の機能の維持も重要な要素になります。

実際にロコモティブシンドロームのリスク評価テストを体験してみて、

「あと数年後にこれができるかな?」と想像したり、「今でも難しい」という感想を持つことで、自国の高齢者の状況や予防の重要性を感じていただけたのではないかと思います。

201709_2

国によって、サービスや施設の充足度、専門職の人数などの環境や、文化的な面での違いは確かにありますが、その中でも日本の高齢者向けのサービスや制度、人材育成の仕組みは、これまでの反省も含めて、確かに貢献できる部分はあると感じます。

それぞれの国の状況に応じて工夫をしつつ、できるだけ先を見据えた施策として、アジアの高齢化問題の解決の一助になれるよう、私たちも関わっていければと考えています。

 

鈴木勝也