海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

2017年08月

認知症にやさしいデザイン

2017年08月28日(月)


2017年7月に東京世田谷区の2つの施設(グランクレール世田谷中町と看護小規模多機能型居宅介護事業所ナースケア・リビング世田谷中町)が、日本で初めて、英国スターリング大学から認知症デザインのゴールド認証を取得しました。メディヴァは、英国スターリング大学と協力し、この2施設の認知症デザイン導入と認証取得を支援いたしました。

201708_1201708_2201708_3

 今回のブログは、認知症にやさしいデザインとは何か、またその効果について、認知症デザイン導入と認証取得の経験を踏まえて紹介していきます。

 

まずは認知症の簡単な背景から説明します。認知症は、日本だけに限らず、世界で大きな課題となっています。国際アルツハイマー病協会(ADI)の推定では、世界の認知症の罹患数は2015年の4700万人から、2030年には1.6倍の7500万人に、2050年には約3倍の13200万人に増加するとされています(図1)(ADI 2015)。
  201708_図1

認知症に関連したコストは、2015年の時点で全世界で約90兆円と試算されており、これは世界のGDP1.1%に相当します(ADI 2015)。認知症に特徴的なのは、医療にかかるコストがこのうちの20%弱にすぎず、残りの80%以上は介護とインフォーマルケア(家族介護など)にかかるコストだということです(図2)(ADI 2015)。これは、認知症では家族や介護者の介護負担が大きいことを反映しています。

201708_図2

認知症の罹患数が今後ますます深刻化し、それに伴い介護負担の社会的、経済的影響が増加していくなか、認知症にやさしいデザインは、認知症の人たちに対する効果的なケアの一環として注目されてきています。

 

今回、東京世田谷区の2施設の認知症デザイン認証を行ったのは、英国スターリング大学認知症サービス開発センター(以後「DSDC」と表記)です。DSDCは、イギリス北部スコットランドに位置し、認知症の人々の生活を向上させるための様々な専門的知見を有する大学付属の国際センターです。25年以上にわたり、世界各国の研究や実践例を集約し、認知症にやさしいデザインの重要性を広めています。認知症にやさしいデザイン導入支援と認証審査・授与に加えて、認知症ケアの教育や人材育成プログラムの提供、認知症にやさしいコミュニティの確立、認知症政策提言などを行っています。

 

認知症にやさしいデザインとは、認知症の人たちの尊厳を保ち、その人らしく、できるだけ長い間自立して生活できることを促すものです(DSDC 2013a)。認知症の人が受けるストレスを減らすことで、混乱や不穏な状態になることを減らし、また転倒の危険性を最小限にすることで、不必要な入院を防ぐことを目的としています(DSDC 2013a)。

 周囲のデザインが私たちに与える影響は、非常に大きなものです。例えば周囲の環境の影響で、自然と気持ちが落ち着いたり、逆に集中できず物事がうまく進められない経験を皆さんもしたことがあると思います。認知症のように認知機能が低下し、自立が難しくなると、周囲の環境がその人の行動に与える影響がさらに強くなります(Kehana et al 2003; Marshall 2009)。

 

認知症は脳のどの部分が影響を受けるかにより以下のような様々な症状がでてきます。

・記憶力の低下、特に最近のことが思い出せなくなる
・学習能力の低下
・論理的思考能力、判断りょく、問題解決能力の低下
・五感への依存度増加
・不安やストレスの増加
・コミュニケーション力の低下
・時や場所感覚の低下
・感情、行動、性格の変化

 

認知症は通常の老化の一環ではなく、65歳未満の若年層にも起きる疾患です。しかし、認知症に罹患している人たちの90-98%は65歳以上の人たちで占められており(WHO 2012)、高齢になるほど罹患率が高くなります(図3)(ADI 2015)。そのため認知症の大部分の人にとっては、認知症による記憶力や認知機能の低下とともに、高齢者特有の歩行能力の低下、転倒危険性の増加、視力や聴力の低下のような機能低下も起こっているのです。
201708_図3

 

認知症にやさしいデザインは、記憶力や認知機能低下と同時に高齢者特有の機能低下にも配慮したものになります。

 

DSDCがこれまでのエビデンスに基づいて提唱している認知症デザインの原則のうち、ここでは主な5つ(照明、床の色調、トイレのアクセス、外空間へのアクセス、見慣れたオブジェ)の特徴を、実際の導入例と合わせて簡単に紹介します。

 

1.照明

照明は、老化による視力低下の影響を補い、必要な情報がしっかりと見える環境を作るということで重要です。高齢者の視力に適切な照度を確保することで、目指す場所を見つけることや、手元の作業ができることを手助けします。通常の建築基準は、労働年齢の人の必要度に基づいて照度が設定されています。認知症の高齢者はこの照度基準の2倍程度の明るさが必要とされています(DSDC 2010, 2013b)。このため今回の2施設は、DSDCの示している空間ごとの基準に従い照度を確認しながら照明の設置が行われました。
201708_4

もう1つの照明の重要性として、自然光には、生活リズムを整える役割があることです。認知症の人は昼夜逆転した生活を送ることがしばしばあります。これは本人だけでなく、介護する人たちにとっても大きな負担となります。自然光をたくさん取り込むことができる構造にすることで、自然光の恩恵を最大限に生かし、人々の体内時計のリズムを整えることに役立てます。

201708_5201708_6

 

2.床の色調

床は、施設全体で統一した色調を採用しています。部屋と部屋の境目も同じ色調にしてあります。床の色調が変化すると、認知症の人はこれを段差や穴として認識してしまうことがあります。そのため一歩を踏み出すことをためらったり、立ちすくんでしまったりして、転倒のリスクが増加してしまいます(DSDC 2013b)。
201708_7201708_8

 

3.トイレのアクセス

トイレに自立して行けることは、多くの人にとって尊厳を保つために優先順位の高い項目になります。トイレがどこにあるか一目でわかることは大変重要な要素になりますので、適切な場所と位置にトイレの標識を設置しています。またトイレのドアは周辺の壁とコントラストをつける色にし、ドア上には文字とピクトグラムの2種類の表示をつけて、トイレだとすぐにわかるようにしてあります。
201708_9201708_10
   

4.外空間へのアクセス

自分の意思で外の空間に行くことができるというのは、身体的・精神的な健康を維持するためにどの人にとっても大切なことです(DSDC 2013a)。今回の2施設はともに、中庭やベランダへのアクセスは自由にできるように配慮されています。デザイン面でもバリアフリーであり、部屋の内外で床の色調は統一したものが採用されています。
201708_11

 

5.見慣れたオブジェ

認知症の人にとって、記憶は最近の出来事から失われていき、昔の記憶は長い間失われずに残っている傾向があります。回想法と呼ばれる認知症の療法の一つはこのことを利用しています。今回はイギリスの認知症デザインの原則を導入しているのですが、日本人の利用者を対象にしているので、日本的な要素を多く取り入れています。この点は、認知症デザインの原則を文化的な背景に配慮して取り入れることができたということで、DSDCに高い評価をされました。
201708_12

東京世田谷区の2施設が受賞したゴールド認証は、300近くにわたる項目を90%以上満たした施設にだけ送られる最高レベルの認証になります。すでにこのような認知症デザインを導入した施設では、転倒数の減少や暴力行為の減少、また自立してトイレに行ける人の割合の向上や介護スタッフの満足度向上の報告がされています。

 

認知症にやさしいデザインは、これまでの認知症ケアの質をさらに高め、認知症の人だけでなく、介護をする人にとってもプラスとなる可能性を持っています。私たちが直面している認知症という大きな課題に対して、現時点で私たちが取り入れることのできる対応策の1つであり、これが広まることの社会的意義は大きいと感じます。

木内大介

 

参考文献

  • Alzheimer’s Disease International (ADI) (2015) “World Alzheimer Report 2015 The global impact of dementia: an analysis of prevalence, incidence, cost and trends”
  • DSDC (2010) Light and lighting design for people with dementia”
  • DSDC (2013 a) “Improveing the design of housing to assist people with dementia”
  • DSDC (2013 b) “Designing interiors for people with dementia”
  • Kahana et al (2003). “Person, environment, and person-environment fit as influences on residential satisfaction of elders”
  • Marshall (2009) “The needs of people with dementia and their carers and the potential role of design and technology”
  • WHO (2012) “Dementia: a public health priority”

ベトナム北部病院長会議

2017年08月10日(木)


こんにちは。海外事業部の西澤です。
6月末に、「ベトナム北部病院長会議」へゲスト参加するため、ベトナム北部のラオカイ省へ出張しました。

ベトナム北部病院長会は6年前に設置され年次会議を開催しているそうです。会議の目的は、病院経営や病院運営における様々な課題について、保健省幹部と各病院幹部の間で知見を共有し解決策を議論すること、とされています。会議はハノイにある国立バックマイ病院が中心になって準備しています。

メディヴァは、2016年から国立バックマイ病院で健康診断センター新設のプロジェクトに取り組んでいます(https://mediva.co.jp/kaigai/service/support.html のページ後半)。その縁で、2017年の「ベトナム北部院長会議」への招待を受けました。今回のブログでは、同会議へ参加のための出張の様子を報告します。

2017年の会議は、ラオカイ省の省都であるラオカイ市で開催されました。ハノイ市からは高速道路で約6時間の道のりです。ラオカイ省は中国雲南省に隣接する国境の省です。私たちが宿泊したラオカイ市内のホテルからも、越中国境を望むことができ、国境の橋には人と車の往来が続く様子を垣間見ることができました。


http://d-maps.com/

 

会議には、保健省から保健大臣を筆頭に各局長クラスが、主催者であるバックマイ病院からは病院長、副院長らをはじめとした幹部が参加し、ベトナム北部全域から集まった国公立病院の院長、幹部との間で、プレゼンテーションやパネルディスカッションが行われました。
冒頭の挨拶に続き、保健大臣から、保健省が取り組んでいるベトナムの保健医療分野の課題について基調講演がありました。その後も各発表者からそれぞれの分野での取り組みが披露され、また各トピックについて議論されました。

ベトナムには国公立医療機関として、中央レベルに38病院、各省レベルに492病院、ディストリクトレベルに700ヶ所弱の病院とその分院、さらに1万ヶ所以上のコミューン診療所があり、保健省と地方政府保健局のもとで医療サービスを提供しています(数値はプレゼンテーションより)。各医療機関がその役割を果たすことはもちろん、その地域や特性に応じた機能を強化していくことの重要性が強調されていました。私の個人的な解釈ですが、ベトナムでは経済発展により都市化が進み、都市部と農村部の疾病構造に差異が表れる段階にあることから、画一的な医療ではなくその地域と患者のニーズに合致した医療サービスの提供が求められていると感じました。パネルディスカッションでは、同時通訳者の翻訳が追いつかないくらいの真剣な議論が交わされ、保健医療の改善に対する参加者の熱意を感じることができました。

 


会議出席代表者らによる集合写真

 

また、会議の前日には、会議開催都市であるラオカイ市の「ラオカイ総合病院」を見学しました。ラオカイ総合病院は600床の省立病院で、CTスキャナー、MRI等の検査機器を有する同省の基幹病院です。現在の病棟は韓国の援助により建設されたものとのことでした。ラオカイ総合病院は、ティーチングホスピタルであるバックマイ病院からの指導を受けつつ、自院もラオカイ省の基幹病院として省内の医療機関に対して技術指導を行っているとの説明がありました。ベトナム北部地域の国公立病院は、トップレファラルでティーチングホスピタルであるバックマイ病院を中心に、傘下の病院が組織化されていますが、ここラオカイでもその一端を見ることができました。将来、メディヴァがバックマイ病院と協力してベトナム北部全域に健康診断の普及活動を行うときには、有力な基盤として機能してくれるのではと期待が膨らみました。

 


ラオカイ総合病院正面入口

 

以上で、ベトナム北部院長会議にともなうラオカイ出張の報告を終わります。普段の出張ではハノイ市を出ることはありませんので、今回、高速道路からの景色も含めて、都市部とは異なるベトナムの別の姿に触れることができたのは、私にとって貴重な経験でした。メディヴァがバックマイ病院と協力して進める健康診断事業においても、ハノイ市周辺だけでなく、各地域に暮らす人々に広く貢献するような活動に育て上げるところまで、一歩一歩進めていきたいと改めて感じた行程でした。

日间服务「ぽじえじ」进入中国!

2017年08月02日(水)


日本語版

大家好!我是海外事业部鮑柯含。
2017年7月13日,本公司的“ぽじえじ服务站”(以下称“ぽじえじ”)日间服务正式宣布进入中国。当天,我与社长大石佳能子参加了与当地合作伙伴的签约仪式和记者发布会。这次的博客,想对“ぽじえじ”和往后的计划进行简单的介绍,以及表达我作为中国人的一些寄思。

当天签约仪式在天津市中心生态城医院进行。在当地政府和生态城医院相关人员,以及众多媒体的见证下,与合作伙伴的“中福老龄产业开发有限公司”进行了签约。 
媒体报导:http://news.xinhuanet.com/mrdx/2017-07/14/c_136443168.htm                   http://mp.weixin.qq.com/s/OaeV3NcvoD6HwbyzVsxw1Q

 

“ぽじえじ”的概要

“ぽじえじ”这一日文名称,是英文“positive-aging”的缩写取音,是一家以机能训练为主的老年人日间服务中心。从2011年第一件店铺开业以来,目前在日本东京都内开设了6间店铺,平均每年为7万人次的老年人提供服务。“ぽじえじ”与一般社会理解的老年护理不一样,我们积极地面对年龄的增加,支持老年人“做自己,快乐生活”的愿望。

“ぽじえじ”的核心理念,与日本政府目前提倡的“自立支援介护”的想法一致,都是为了帮助老年人尽可能的自立生活。“自立支援介护”,是通过介护这一手段,改善或维持服务对象的“身体”、“精神”、“社会”3个层面的自立。在“ぽじえじ”,我们通过机能训练,使老年人的身体机能得到提高。另外,对于老年人来说,“ぽじえじ”也是他们在社区的“居场所”。(在日语里所说的“居場所”是指,让人感觉到自在并且有归属感的地方)。由于身体机能的低下,很多老年人会丧失主动与他人交流的意欲。在“ぽじえじ”,我们提供老年人与他人交往的机会,以促进老年人的社会交流。另外,通过“身体能力的向上”和“社会交流”这2方面,正面强化老年人能做到的方面,引导老人们获得新的目标,从而最终给精神带来积极的影响。

「ぽじえじ」HP:http://posi-age.jp/

 

我认为的「ぽじえじ」的特征

体现了优势视角理论模型

“ぽじえじ”的实践用社会工作的理论模型来看,可以说充分体现了优势视角。优势视角,将服务对象作为“有目的的有机体”。[i]在“ぽじえじ”的实践流程中尤其能够体现。在预估的阶段,以往的问题视角是把着重点放在“问题”的诊断上,并以“问题的解决”为最终目标。而在“ぽじえじ”,我们的主要核心是“目标”。为实现目标所需的回复和改善则是我们的目的。

另外,优势视角从不着重于服务对象的弱势之处,而是着重并激发于个人内在的力量。最近,在“ぽじえじ”发生了以下的一件小事。某位有中风后的麻痹和认知症(老年痴呆症) 的服务对象,故意捣蛋地踩坏了训练用的小道具。一般,这可以说是让人头疼的行为、使工作人员烦恼的行为。但在“ぽじえじ”,我们却积极地称赞他说:“最近躯体的力量变强了”。像这样的察觉和着重优势的介入,能让服务对象体验到成就感,从而获得成长。

服务对象为本的服务提供

服务对象为本(日语称“利用者本位”),是指根据服务对象的立场和视角而进行援助,而非根据提供服务的人的价值观和价值基准决定服务的介入。[ⅱ]提供服务对象为本的服务,虽然必须尊重服务对象的意见,但也并非指一味地顺从。这需要我们站在服务对象的立场,充分理解他们的行为和背后的意图与动机。如上文所提到的那位服务对象,他将道具踩坏这一行为,恰恰背后有其原因。他是希望得到别人的关注,想与别人进行交流,才采取这样的行动。我们的工作人员迅速的察觉他的动机,留心多增加与他的交流。

另外举个例子,在我们的实务中,常有老人抗拒对他们来说尤其重要的补充水分。像这样的时候,我们既不会强制他们喝水,也不会一味的尊重他们的想法,认为不喝水也可以。为了让老年人不觉得乏味,我们准备了水以外的茶和其他的多种饮品,并且在运动后等可能口渴的时候,抓住时机建议他们喝水。这就是“ぽじえじ”流的做法。

80后直面的问题

独生子政策的实行,虽成功地抑制了人口爆发,但也产生了诸多社会问题。其中有一项就是,年轻人抚养压力过重。特别像我这样的80后,需要同时照顾父母和下一代,所谓“上有老,下有小”。80后的父母现在几乎都是50多岁,大多还健康有,但考虑到未来10年、20年、30年后的情景,或多都有写不安和压力。

在可以想见的未来的困难之中,使父母保持健康活力的状态,是像我一样的年轻人们的共同的愿望。尤其是在奉孝的中国,父母的健康对我们来说既是精神的慰藉,也是影响到日常生活的重大因素。

期盼父母健康、快乐、体验人生的价值,是我一直以来的愿望。可以说,“ぽじえじ”是我一直期待的服务。

 

“ぽじえじ”中国展开之际

“ぽじえじ”在中国开展时,我们赋予了“普濟艾継”这一名称。其含义如下:
普—普遍
濟—给予困难的人们帮助
艾—年轻、美好
継—继续、延续
“普濟艾継”,有着对困难的人给予普遍的关注和帮助,使他们的美丽能够持续这一含义。通过“ぽじえじ”的服务,希望能延续中国的老年人有活力的生活。

“ぽじえじ”在中国的开展,不像在日本有介护保险的束缚,非常灵活。以“positive-aging”这一核心的理念,除了开展机能训练,也可以根据中国的老年人进行调整。例如对爱社交的中国老年人,我们可以提供社会活动。或者是,引导老人们的家人,让他们深入了解老年时期的身体、精神的变化,促进老人们与家人的相互理解和交流等,也可以根据当地的需求和文化,作各种新的尝试。

通过“ぽじえじ”在中国的开展,也希望在中国衍生出更多的“自立支援护理”的形式,为以往的养老护理市场带来新的变革。如此,对于中国的老人们,以及关怀老人们的年轻人们,都是非常有价值的事。

作为MEDIVA的中国员工,我也希望以后能带给中国更多的像“ぽじえじ”这样的好的医疗和养老服务,帮助到自己的家人,以及普遍的,大家的家人。

[i]「ストレングスモデル」(2006),チャールズ・ラップ等著,田中英樹監訳,金剛出版

[ⅱ]「 社会福祉用語辞典」(2013), 山縣文治・柏女霊峰(編集), ミネルヴァ書房