海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

デイサービス「ぽじえじ」中国進出!

2017年07月26日(水)


中国語版

こんにちは。海外事業部の鮑です。
2017年7月13日、弊社の「ぽじえじステーション」(以下「ぽじえじ」)デイサービスが中国で展開することになりました。当日、私も調印式及び記者会見に参加させていただきました。今回のブログは、「ぽじえじ」の紹介及び今後の事業展開の計画、そして、中国人としての思いを書かせていただきます。

調印式は、天津市中新エコシティー病院で行いました。当日、現地政府及びエコシティー病院の関係者、現地メディアの立会いのもと、パートナーである「中国老齢産業開発有限会社」と契約を締結しました。
プレスリリース:https://mediva.co.jp/service/news20170713

 

 

「ぽじえじ」の概要

「ぽじえじ」は、「positive-aging」の略称で、機能訓練に特化した高齢者デイサービスです。2011年に開設して以来、現在都内に、6店舗を展開し、年間延べ約7万人の高齢者にサービスを提供しています。「ぽじえじ」は、従来の介護と違って、年を重ねることをポジティブに捉え、高齢者の「いくつになっても自分らしく、いくつになっても楽しもう」という想いを支えています。

「ぽじえじ」の理念は、高齢者にできる限り自立した生活を送れるように支援するという「自立支援介護」の考え方とも一致します。「自立支援介護」は、その人の「身体的」「精神的」「社会的」自立を改善または維持するよう、介護という方法によって支援していくことです。「ぽじえじ」では、機能訓練を通して、高齢者の身体機能を向上させます。また、「ぽじえじ」は、高齢者にとって、地域における居場所とも言えます。機能低下に伴うコミュニケーション意欲が喪失した高齢者に、居場所と他人との関わりを作る機会を提供し、高齢者の社会参加の促進もしています。また、「身体能力の向上」と「社会参加」の2つの切り口として、高齢者ができることを強化し、新たな人生の生きがいを持てるよう、最終的にメンタル的にも、ポジティブな影響を与えることに繋がります。

「ぽじえじ」のHP:http://posi-age.jp/

 

 

私から見る「ぽじえじ」の特徴は?

ストレングスモデルを実践する「ぽじえじ」

「ぽじえじ」の実践をソーシャルワークの理論モデルから見ると、ストレングスモデルを実践したサービスと考えています。ストレングス理論は、「目的をもった有機体」としての人間を重視する[i]ぽじえじ」の中では、ストレングスモデルの考え方が実践のプロセスの中に見えています。従来のアススメントは、「問題点」を着目し、それらの問題の解決を目標にしています。一方、「ぽじえじ」では、主軸になっているのは目標です。個人の目標を実現するために、回復と改善を目的にしています。

また、ストレングスモデルは、クライアントの弱さに着目するのではなく、個人の内面的な強さに着目し、さらにその強さを引き出します。最近、「ぽじえじ」で次の1シーンがありました。麻痺のある認知症の利用者は、いたずらで機能訓練の道具を踏み潰しました。一般的に、それは「迷惑行動」、「スタッフを困らせること」として認識されますが、「ぽじえじ」では、「最近力が強くなってきていますね」と褒めます。このような気付きと強さに着目することによって、利用者に達成感を味わってもらい、成長に繋げます。

利用者本位サービスの提供

利用者本位は、「利用者主体」ともいい、援助者の価値観・価値基準の基で援助するのではなく、利用者の立場・視点に立って援助観を決定していくこと。[ⅱ]利用者本位のサービスを提供することは、利用者の意見を尊重しながらも、一方的に従うということでもありません。利用者の立場で、本人の行動の本当の意図を理解する必要もあります。前述の利用者を例とすると、「道具を踏み潰す」という行動は、その背景と理由があります。この利用者の場合は、「構ってほしい」「注目してほしい」という思いがあり、行動に移しました。職員は、すぐにこの思いを察し、声かけや会話を増やしました。

また、高齢者にとって大事な水分補給を拒否する利用者もいます。そういった場合、強制的に水を飲ませたり、あるいは飲みたくないと言う意思を尊重し、飲まなくてよしとしたりするようなことではなく、水やお茶以外な飲み物も多く用意して利用者が飽きないようにしたり、運動後など喉が乾きそうなタイミングを見計らって声かけするように工夫するのが「ぽじえじ」流です。

 

 

1980年代以後の世代が直面する困難

1980年代前後に施行される「一人っ子政策」は、人口爆発の抑制に成功した反面に、多くの社会的課題も生んでいました。その1つは、高齢化社会を支える若者の不足と言われています。特に、私のような1980年代以後生まれの若者は、現在親と子供を抱え、夫婦2人で少なくとも親4人と子供の世話をしなければならない状況に置かれています。いわゆる中国の表現の「上に老がいる、下に小がいる」 。80年代生まれの若者のその親は現在50代後半になり、未だに元気な方が多いですが、将来10年、20年、30年のことを考えると、不安とプレッシャーを感じています。

このように、見えてくる様々の困難の中で、如何に親を元気な状態に保つかということは、私のような若者の共通の強い願いです。特に、「親孝行」文化が根付いた中国で、親の元気は、我々にとって精神的な慰めてもあり、日常生活に影響の大きいことでもあります。

「ぽじえじ」は、私が遙から期待していたサービスです。親に元気にいてほしい、楽しんでいてほしい、自分の価値を感じていてほしい、と今でもこれからも、願い続けることです。

 

 

「ぽじえじ」の中国展開に込める思い

「ぽじえじ」を中国での展開に向けて、中国語名称を「普済艾継」にしました。この名称に込めた思いは、以下のように考えています。
普—普遍
濟—困っている方々に対する支援
艾—若さ、美しい
継—継続、続く
「普済艾継」は、「若さと美しさが継続できるように支援する」という意味を含まれています。「ぽじえじ」のサービスを通して、中国の高齢者の生き生きした生活を続けるように、サポートしていきたいという思いを込めています。

「ぽじえじ」を中国で展開する際に、介護保険の縛りがなく、非常に柔軟性を持っていると思います。中核的なコンセプト「positive-aging」を持った機能訓練以外に、中国高齢者に合わせた形にもなれると思います。社交的な中国高齢者に、ソーシャル活動を提供したりすることができます。また、高齢者の家族を巻き込んで、家族が高齢に伴う各種身体的・精神的変化を理解してもらい、高齢者が家族との相互理解とコミュニケーション促進など、現地のニーズと文化に合わせて、新たな試みもしていきたいと思います。

「ぽじえじ」の中国展開を切り口にし、今後中国で多様な「自立支援介護」の形を生み出し、従来の高齢者介護市場に、新たな変革を起こせたら、中国の高齢者にとっても、その高齢者達を支えている若者にとっても、価値があることと思います。

メディヴァの中国人社員として、今後も「ぽじえじ」のような良い介護サービスと医療を中国に持っていき、自分の家族から、普遍的に多くの人の家族まで、少しでも役に立ちたいと思います。

[i]「ストレングスモデル」(2006),チャールズ・ラップ等著,田中英樹監訳,金剛出

[ⅱ]「 社会福祉用語辞典」(2013), 山縣文治・柏女霊峰(編集), ミネルヴァ書房