海外医療の現場から メディヴァ海外事業部ブログ

2017年03月

サウジアラビア健康・医療分野における協力関係構築の第一歩

2017年03月13日(月)


今年2月のサウジアラビア保健省局長の訪日の際に、MEJ(Medical Excellence Japan)の主催により日本のヘルスケア分野の企業がプレゼンをする機会があり弊社も発表をしてきました。

 

今回のサウジアラビア保健省一行の来日は、サウジ・日本政府間の協力関係の一環として行われたものです。この後にもサウジアラビア関係のイベントは続いており、3月12日から3月15日にかけてはサウジアラビアのサルマン国王が訪日されます。国王の訪日としては46年ぶりとなります。

 

サウジアラビア政府は、石油依存型経済からの脱却のために2016年4月に2030年までの経済改革計画である「ビジョン2030」を発表しました。「ビジョン2030」は3つの柱(「活気ある社会」、「盛況な経済」、「野心的な国家」)からなっており、それぞれにさらに細かなテーマと具体的な達成目標が立てられています。その1つの柱である「活気ある社会」の「強固な基盤」というテーマの中の1つとして「医療制度の充実」があり、具体的な達成目標として平均寿命の延伸(74歳から80歳)などが挙げられています。

 

これに対して、日本政府は2016年9月のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子の訪日の際に安倍首相が「ビジョン2030」への協力の意を示し、「日本・サウジ・ビジョン2030共同グループ会合」が立ち上げられています。2016年10月にはサウジアラビアで第一回の会合が開催され健康・医療がテーマの1つとして議論されました。中でも健康寿命の延伸や人材育成に関して日本政府や企業に期待するところは大きく、今回の保健省局長一行の訪日の実現もその表れの1つと言えます。

 

サウジアラビアの健康・医療分野の目標に対しては、これまでの日本の取り組みと成果を確実に伝えることで日本は十分に貢献することができます。その1つとして日本が世界でもトップクラスの長寿の国であるということが挙げられます。日本人の平均寿命は1950年には60歳でした。それが現在では83.7歳まで伸び、世界一の長寿国となっています(WHO 2016)。また最近話題になっている健康寿命に関しても74.9歳で世界一となっています(WHO 2016)。その要因には様々なものが考えられるのですが、主なものとしては国民皆保険制度の整備、定期健診制度導入などの予防医療への先進的な取り組み、医療機器などのテクノロジーの開発とその有効利用などが挙げられています(Ikeda et al 2011)。

 

例えば、サウジアラビア国民の健康増進の施策に貢献できる一例として日本の健診システムが挙げられます。日本は健診の制度を世界に先駆けて導入しており、長期間にわたって培ってきた知見があります。また富裕層向けの健診は世界的にも珍しくはないのですが、2008年から導入されている40歳から74歳の全国民を対象にしている特定健診は、イギリスで一部取り入れている他は世界でもほとんど例はありません(Kohro et al 2008; Thom 2015)。

 

このような流れの中で、メディヴァとしても予防医療の分野でのこれまでの知見をうまく生かし、サウジアラビアでも人々の健康増進に少しでも寄与していきたいと考えています。運営支援先として関わっているイーク丸の内やイーク表参道といった女性向けの健診センターやAIO(アイオ)と呼ばれる乳がんに特化した検診車で培ってきた立ち上げから運営までの経験や、弊社保健事業部が取り組んでいる特定健診や特定保健指導に関連して、その分野において得られた人材育成、サービス運営、データ分析などの見識は特に大きな効果を与えることができると考えています。

 

このように日本では私たちが当たり前に享受している制度やシステムが他の国々の健康や医療に大きく貢献する例はまだまだあります。今回のような機会をうまく生かすことで、日本という枠を超えて人々の健康増進に少しでも貢献できるのではないかと考えています。

木内大介

201703_Saudi_1201703_Saudi_2201703_Saudi_3

 

参考文献

Ikeda, N et al 2011, ‘What has made the population of Japan healthy?’, Lancet, 378, pp. 1094-1105.

Kohro, T et al 2008, ‘The Japanese national health screening and intervention program aimed at preventing worsening of the metabolic syndrome’, International Heart Journal, 49(2), pp. 193–203.

Thom, F 2015, ‘The NHS health check’ in Tordrup, D et al (eds), Research Agenda for Health Economic Evaluation, pp. 42-53.

World Health Statistics 2016, WHO, accessed 9 March 2017, < http://www.who.int/gho/mortality_burden_disease/life_tables/en/>

アジアの医療介護情報に関するおすすめサイト

2017年03月03日(金)


こんにちは、海外事業部の吉村です。

突然ですが、皆さんは普段どうやって海外の医療介護情報を入手していますか?

また、日本の医療などに関して英語で説明する際、単語選びなどで苦労した経験はありませんか?

 

今回は、私が常日頃アンテナを張っている中で見つけた、

アジア地域の医療や介護の状況に関するオススメの情報源をいくつかご紹介します。

 

MEDIVERまとめ

 

介護分野でアジア進出を目指す上での基礎知識

知ってて損はない、アジアの介護事情が見える理解できる政府・国際機関ウェブサイト3選

 

1 東アジアの医療・介護・年金等の関するリッチな資料(※英語のみ)

United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP).The 1st Meeting of the North-East Asian Forum on Population Ageing.2015年11月

URL:https://www.unescap.org/events/sharing-knowledge-and-experiences-towards-sustainable-ageing-societies-north-east-asia(2016年11月1日アクセス)日本、中国、韓国、ロシア、モンゴルの各国が当会議で発表した資料がダウンロードできます。高齢化や高齢者の社会参加、医療、介護、年金などに関する報告内容です。初めて知る情報も多く、個人的にはとても勉強になりました。

――――――――――――――――――――――――――――――――

2 ASEAN各国が考えている今後の高齢化対策を知る(※英語と日本語)

厚生労働省.第12回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合.2013年12月

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000064122.htmlASEANの行政官が、「高齢化する社会に対応するしなやかなコミュニティを育む」をテーマに各国における現状や今後の取組について発表しました。どれも貴重で興味深い内容です。読んでいてテンションが上がります。これを初めて読んだ際、リハ職である私にとって直近ではシンガポールが熱いと感じました。

第12回に限らず、この会合のデータは使える情報のヒット率が高い印象があります。

――――――――――――――――――――――――――――――――

3 政府が補助金を出している医療の国際化事業一覧(※日本語のみ)

経済産業省.医療の国際化の調査・報告書一覧.2010年~現在

URL:http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/report_kokusaika.html

日本のアウトバウントとインバウンド事業の報告書が相当数あります。どのような団体がどこで何をしているか、これを見ると業界の状況が何となく見えてきます。個人的には毎年出てくる各国のデータがとても見やすくそして内容豊富で好きです。

――――――――――――――――――――――――――――――――

<おまけ1> 

WHO.World report on ageing and health.2015年9月(※英語のみ 一部日本語あり)

URL:http://www.who.int/ageing/events/world-report-2015-launch/en/

WHOが健康と高齢化に関する認識を変えるために作成したレポートです。高齢者分野を専門とする私にとってはワクワクする内容です。

<おまけ2> 

厚生労働省.国際的なActive Aging(活動的な高齢化)における日本の貢献に関する検討会. 2014年3月(報告書)(※英語と日本語)

URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kokusai.html?tid=128276

日本がアジアをエイジングの分野で引っ張っていきたいんだな、というのを改めて感じさせる報告書です。

根幹を捉えたキラーチャートなどもあり、また、比較的簡潔でわかりやすいのが特徴です。

あとがき。

自論ですが、以前政府で働いていた頃、世の中にある情報がいかに曖昧であるか、真実ではない可能性があるか、ということを痛感しました。言葉(解釈含む)は介す人が多ければ多いほど原型から逸脱していきます。情報を取る時は常に発信者と時点を確認し、信憑性を踏まえて理解し活用していくことが大切だと思います。

上記の資料がこの記事をご覧いただいた皆様によって少しでもためになる内容であることを祈っています。