世田谷区の在宅療養・ACPガイドブック「LIFE これからのこと」が公開されました

2021.04.05[ニュースリリース]

メディヴァが世田谷区から委託をうけ作成した、世田谷区の在宅療養・ACP(アドバンス・ケア・プランニング)ガイドブック 「LIFE これからのこと」が発行されました。

この本は、人生の終盤で訪れる変化によって、医療や介護が必要になっていく5人の登場人物の物語と解説で構成されています。医療や介護を受けながら、住み慣れた自宅で生活をする「在宅療養」と、もしもの時に自分が受けたい治療やケアを医療・介護関係者や信頼できる家族やパートナーなどの身近な人と話し合うACP(アドバンス・ケア・プランニング)について考えることをサポートします。

制作にあたっては、桜新町アーバンクリニック協力のもと、医師・看護師の意見やアイデアを盛り込みました。

● LIFE/これからのこと(在宅療養・ACPガイドブック)
4/1より、世田谷区のあんしんすこやかセンターで無料配布しております。PDFはこちらからご覧になれます。詳細はこちら

デザイン:𠮷田勝信さん、梅木駿佑さん
物語:篠田栞さん
イラスト:ナガノチサトさん
制作:株式会社メディヴァ
発行:世田谷区