自治体担当者様向け『新型コロナウイルスワクチン接種運用設計コンサルティング』を開始

2021.02.17[ニュースリリース]

217日、株式会社メディヴァ(東京都世田谷区、代表:大石佳能子)は、新サービス「新型コロナウイルスワクチン接種運営設計コンサルティング」の提供を開始します。本サービスは、主に自治体、団体の新型コロナウイルスワクチン接種ご担当者さまを対象に、全国ではじまるワクチン接種の運用設計をサポートするものです。弊社では、医療資格者とコンサルタントによる現場感覚に基づいた運用設計により、地域の医療機関との協力関係を構築し、医療人材不足の解消を目指します。 

医療者×コンサルタントの混合チームで、適正な運用設計を提案 
弊社では、現場を知る医師・看護師等と、業務設計を担当するコンサルタントがチームとなり、対象エリアの特性にあわせたワクチン接種の運用設計を提案し、支援ます。ワクチンの希釈、充填、接種、問診などを行う医療職人材(医師、看護師)の調達もサポートします。 

医療機関との協力関係をつくり、医療人材不足の解消を目指す 
自治体で集団接種を検討される際は、医師・看護師などの人員数を、必要最大数で算出する傾向があります。弊社は医療現場の運営支援の実績から、適正で現実的な人員やフローを設計します。現時点ではワクチン接種を運用する医療者の人材不足が懸念されていますが、適正な人員配置により、医療機関の負担軽減と接種効率の向上を両立し、人材不足の解消を目指します 

■ サービス概要 

・全体設計 
・個別接種・及び集団接種における、受付、問診、ワクチン準備、接種、経過観察までのフロー設計 
・集団接種における、会場のオペレーション設計、及び感染予防対策等の監修 
・緊急時対応エスカレーションの仕組み設計と構築 
・自治体、医療機関等における書類手続き業務フローの設計と支援 
・新型コロナウイルスワクチン接種に関する各種情報の適宜提供 

■ 新型コロナウイルスワクチン接種に関するFAQ

(準備中)
近日公開します。本ページの他、弊社Facebookでもお知らせします。

■お問い合わせ

コンサルティング事業部
新型コロナウイルスワクチン接種運営設計チーム
お問い合わせ:info@mediva.co.jp