寄稿『本人・家族の死生観の変化か?「胃ろう」が半減』

2019.12.20[メディア掲載]

医師兼コンサルタントの久富護が寄稿した原稿が、朝日新聞DIGITALの「論座」に掲載されました。

本人・家族の死生観の変化か?「胃ろう」が半減

医師として訪問診療に携わっている経験と、コンサルタントとして「NDBオープンデータ等による胃瘻造設数に関する調査」を行った分析結果をもとに執筆しました。