ベトナムに100%出資でクリニック設立「ビンズンアーバンクリニック」オープン

2019.02.14[ニュースリリース]

株式会社メディヴァは2月14日、ベトナムのビンズン省・ビンズン新都市において、「ビンズンアーバンクリニック」を開業しました。ビンズン新都市における、最初のプライマリ・ヘルスケアのクリニックとして、同市に日本水準の医療サービスを提供してまいります。

同施設は、メディヴァが日本国内のクリニック開業支援で培ったノウハウを生かし、2017年に調査を開始、このたび開設に至りました。

100%出資による海外での開業は、弊社にとって初の試みとなります。メディヴァは、今後もアジアを中心に各国でプロジェクトを展開してまいります。

クリニック概要

施設名:ビンズンアーバンクリニック
所在地 :Lot C19, new urban area in Binh Duong Industrial – Service – Urban Complex, Hoa Phu Ward, Thu Dau Mot City, Binh Duong Province.
設備:診察室、処置室、薬局
診療科目:プライマリヘルスケア(初期診療)、内科
面積:179平方メートル (含、薬局区画)

 

院内風景(受付、診察室、薬局)


ビンズン新都市について

ビンズン新都市は、ホーチミン市の中心部からおよそ30km、ビンズン省の省都トゥーザウモット市の北側で開発が進められているニュータウンシップ構想の一部。2020年には政府の「中央直轄市」に格上げされ、ビンズン省の中心地となる予定です。

 

本件に関するお問い合わせは、株式会社メディヴァ海外事業部まで。