無料セミナーのご案内「地域中核病院の生き残り条件 ーポジショニングと医療の質の向上」6月7日開催

2018.05.22[講演情報]

6月7日(木)に株式会社メディヴァは、無料セミナー「地域中核病院の生き残り条件-ポジショニングと医療の質の向上」を東京国際フォーラムにて開催します。

病院経営に携わる方や、注目の国際的な医療機能評価 JCI についてご興味のある方を対象としたセミナーです。元JCIのコンサルタントであるジョン・C・ウォーカー氏も登壇します。どうぞお気軽にご参加ください。

 

*JCI(Joint Commission International)とは

 世界60カ国以上において医療施設の「医療の質と患者安全」を国際基準で評価している第三者機構です。米国最大の病院評価機構であるJC(Joint Commission)により1994年に設立され、本部は米国シカゴにあります。

 

セミナー概要

2018年6月7日木曜日 14時から16時30分(開場 1330)

会場 東京国際フォーラム・ガラス棟会議室 405号室 
交通 JR有楽町駅 徒歩1分。JR各線東京駅 徒歩5分(京葉線東京駅と地下コンコースにて連絡)(→アクセス・地図
参加 無料、要予約
主催 株式会社メディヴァ

ご案内(PDF版)
「地域中核病院の生き残り条件 ーポジショニングと医療の質の向上」

 

内容

ご挨拶 地域の変化と地域中核病院の役割

 

大石 佳能子
株式会社メディヴァ代表。大阪大学法学部卒、ハーバードビジネススクールMBA、マッキンゼー・アンド・カンパニー(日本、米国)のパートナーを経て、株式会社メディヴァを設立。

 

第1部 地域中核病院を取り巻く環境変化と経営戦略-マクロ動向と地域におけるポジショニングの考え方

 

小松 大介
株式会社メディヴァ取締役。同社コンサルティング部門のリーダーとして150箇以上の病院コンサルティング経験をもつ。近年は病院の経営再生をテーマに、大規模病院から中小規模病院、急性期・回復期・療養・精神など各種医療機関の再生実務に取り組む。
《質疑応答あり》

 

第2部 医療の質の客観的評価の重要性-国際的な医療機能評価 JCI *が注目される理由

 

ジョン・C・ウォーカー John C. WOCHER
日本で初めてJCIを取得した亀田総合病院で顧問を務める。2010年から2015年にわたりJoint Commission International(JCI)のコンサルタントとしてJCIの取得を目指す国内外の医療機関の支援に従事。
《逐次通訳あり》

 

お申し込み方法

メール、またはFAXでの受付となります。参加をご希望の方は5月31日までに、下記の項目をメールにてお送りください。FAXをご利用の方は、上掲のPDF版のご案内をご利用ください。

尚、お席には限りがございますので、お早めのご予約をおすすめします。

①ご所属(法人名もしくは病院名)
②出席者さま全員のご氏名・よみがな
③職種
④役職
⑤お電話番号
⑥連絡可能なメールアドレス

申し込み先:seminarentry@mediva.co.jp