号外 (2015/9/28)

2015.09.28

  ━━   水海道さくら病院復旧支援のためのご寄付のお願い ━━

 鬼怒川の堤防が決壊し、水没した「水海道さくら病院」は当社の再生
 支援先です。小さいながらも地域医療を支えてきた病院でした。
 9月11日に、1階の首の高さまで濁流が押し寄せました。地下と1階
 部分はすべて浸水し、外来や待合室の家具はすべて流され、医療機
 器は壊滅し、厨房は使えなくなり、壁や床の裏側にまで泥が入り込み、
 悪臭もしています。
 今回は、病院を救うための寄付のお願いをさせて頂いています。
 (今までの顛末にご興味ある方も、是非読んでください。)

 病院に直接寄付⇒ http://www.msakura-hsp.com/
 クラウドファンディング⇒ https://readyfor.jp/projects/msakurahsp

 水海道さくら病院は、常総市にある100床の病院です。数年前に経営
 の行き詰まりで多額の債務を抱えてしまい、当社が支援に入りました。
 周辺は、単線のローカル電車が走るのんびりした住宅街です。典型的
 な地方都市の中小病院ですが、近隣の医師会病院とともに、地域医療
 を支えていました。今回の水害により、同病院と医師会病院の両方が
 水没しています。

 長引く雨により被害が出始めたのは10日木曜日の晩でした。17時頃
 から断続的に水の掻きだしを始めましたが、18時頃には床上浸水とな
 りました。慌てて地下の厨房に勤務する職員を救出し、医事課のサーバー
 や総務のサーバーを階上に上げました。更に19時には地下室は水没。
 エレベーターは使用不可に。1階も膝当たりまであがってきて、更に水の
 勢いが衰えないため、院長の判断で2階の患者さん62人を毛布等でくる
 んで3階に人力で上げ一晩を過ごしました。
 翌朝、11日のAM10時にはDMAT(災害時派遣医療チーム)の
 第一陣が到着。ヘリコプターとボートで患者さんを救出しました。院内は停
 電・断水し、電話も止まっていました。

 メディヴァには、水海道さくら病院の再生を担っている病院支援事業部が
 あります。担当役員の小松は、川崎の自宅から支援物資を積み込ん
 で車で向かいました。その他の担当者4名は、電車で向かいました。しか
 し、病院周辺は水没していて、ボートがないと渡れず、交通規制が掛かっ
 ていました。移動しなから、携帯電話で院内と連絡を取り、運んできた軽
 油や薬を自衛隊に依頼して病院へ届けました。

 12日土曜日も病院周辺は水が深く、ボートでなければ近づけません。小
 松以下は、病院に近いDMATの救助拠点に司令塔をおき、引き続き
 患者さんの情報収集や職員救助を行いました。同日17時には患者さん・
 職員の全員の救助が終わりました。相変わらず病院には近づくこともでき
 ず、ようやく水が引いたのは14日、月曜日の朝でした。
 しかしながら、浸水した1階は津波の跡のような様相。CT、透析機械30台、
 アンギオ、レントゲンが全滅。カルテ庫にも水は流れ込んだので、カルテは
 水浸しで膨れ上がって、棚から出せません。地下室の厨房とボイラー室に
 は、水が溜まったままでした。下水が流れ込んできていたので、すごい泥と
 悪臭まみれです。

 14日以降、院長と小松の陣頭指揮のもと、皆で黙々と泥を掻き出し、
 ダメになった機材・家具やゴミを捨て、掃除をしました。シルバーウィーク中
 に、地下室の水をポンプでくみ出し、長靴でヘドロのような水につかりながら、
 大型の厨房機器を運び出したのが山場でした。メディヴァ社員・家族および
 関係者のボランティアも30名くらい来て、病院職員とともにひたすら運び出
 し、ひたすら捨てました。

 水害から2週間強経った28日現在、あらかたの掃除は終わり、水でダメに
 なった地下室と一階の解体・修復工事と機器の入れ替えが始まっています。

 局地的な水害だったので、地域の病院が二つとも使えなくなっていますが、
 多くの住居は無事か、床上浸水程度で済んでいます。水が引いてから、地
 域の患者さんからは「薬が切れた。診察してほしい」という声が多く、テントを
 張って外来を再開しています。DMATに救出され、遠方の病院に引き取られ
 た入院患者さんからは「帰りたい」という声が上がっています。掃除、建物の
 修復、機器の入れ替えを最速で行い、10月8日に再開、という計画を立て
 ました。スタッフは一丸となって、働いています。

 病院の損害は、建物が2億円、建物附属設備が1億円、機器が2億円、什
 器・備品が5000万円、家具等が1000万円。収入も途絶えているので、
 運転資金が12月には9000万円足りません。火災保険の水害特約に奇跡
 的に入っていたので(9月末に切れるところでした)、建物の補修工事はほぼ
 出ます。機器はリースだったので、入れ替えることが出来ます。支払いも一部
 は延期してもらいました。それでも、付帯設備や家具の費用、運転資金が
 足りません。現在、国や県の補助金を当たってもらっていますが、建物の一
 部にしか適用されず、なかなか厳しい見通しです。

 こういう状況の中、皆様にも寄付を仰ぎたく、病院では寄付募集サイトを立ち
 上げました。被災した周辺住民の方々に必要な医療を届けるために、一日
 も早い普及を目指しています。是非、お力添えを頂けると幸甚です。どうか宜
 しくお願いします。

 病院に直接寄付⇒ http://www.msakura-hsp.com/
 クラウドファンディング⇒ https://readyfor.jp/projects/msakurahsp
 (現地の状況がわかる写真等も掲載されておりますので、ぜひご覧ください)

 尚、寄付金以外に、中古の家具等の物品もお願いしています。事務机、事務
 椅子、作業机(会議室用テーブル)、職員着替えロッカー、カルテ庫、書類庫
 等、もしもありましたら頂けると幸いです。
 こちらにつきましては、下記までご連絡くださいますようお願いいたします。
     t_kakinoki@msakura-hsp.com
  医療法人寛正会 水海道さくら病院
  経営企画室 柿木 

 皆様のご協力、どうぞよろしくお願いします。