No.112 ( 2015/5/8)

2015.05.08

  ━━  皆様  こんにちは! ━━━━

  長いゴールデンウイークが終わりましたが、皆様、いかがお過ごしだったで
 しょうか。
 私は仕事で中国に行くはずだったのが、急遽流れて、暇になりました。
 一緒に行くはずだった人も「仕事だと思って嫁を実家に帰らせたのに、、」
 と、暇を持て余した皆で、パーべキューをやりました。これはこれで、いいで
 すね。
 メディヴァの海外事業は、中国案件が増えています。スピードが速く、投資
 額もデカく、面白いのですが、今回のようにドタキャンを食らうこともあり、、、。
 なかなか一筋縄には行きません。でも、中国の人の「不老不死」に掛ける
 情熱は相当なもので、、、。かつ、日本の医療には絶対な信頼を置いて
 い るようです。これからも、多くの荒波のような案件に取り組むことなりそう
 です。また、成果をご報告させて下さい。
                  (代表取締役 大石佳能子)
                           
 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ▼ 平成26年度セーフティネット支援対策事業報告書の公表
 ┃ ▼ コンサルタントレポート
 ┃  地域医療構想策定ガイドライン」を読み解く(その2)
 ┃          - 都道府県による取組と医療機関の取るべき戦略 - 
 ┃    企業・行政コンサルティングチームシニアマネージャー 村上典由        
 ┃ ▼ 講演情報、執筆・掲載情報
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃平成26年度セーフティネット支援対策事業報告書の公表
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このたび、株式会社メディヴァは厚生労働省平成26年度セーフティネット支
 援対策等事業費補助金(社会福祉推進事業分)の交付を得て、下記
 の2つの事業について調査研究を実施し、その結果を報告書にまとめました
 ので、公表させていただきます。

 1)介護職の魅力と社会的評価の向上方策等に関する調査研究事業
 2)介護現場で働く外国人労働者の定着促進についての調査研究事業

  ↓報告書の詳細はこちらからご確認ください。↓
 https://mediva.co.jp/info/2015/04/26.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃コンサルタントレポート
┃   ┃  地域医療構想策定ガイドライン」を読み解く(その2)
┃   ┃       - 都道府県による取組と医療機関の取るべき戦略 - 
┃   ┃  企業・行政コンサルティングチーム シニアマネージャー 村上典由                
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  メディヴァのスタッフ達が日々仕事を進める中で気になっていることを
  自由に述べていくリレー連載。今回は前回に続き企業・行政コンサル
  ティングチーム  シニアマネージャー 村上典由からのレポートです。
      ↓メディヴァ コンサルタントの紹介はこちら↓
      https://mediva.co.jp/about/index3_2.html

 3月に策定された「地域医療構想策定ガイドライン」の後半には、「必要
 病床数に近づけるための都道府県の取組方法」が書かれています。
 
 前回のブログで説明した通り、ガイドラインでは「都道府県の2次医療圏
 ごとに、2025年に必要な機能別病床数を算出し、それに近づける取組を
 する」ことを求めていますが、これはつまり、過剰である高度急性期病床
 を急性期・回復期などに転換させることと、慢性期病床(≒療養病床)を
 削減し、在宅医療を推進することを意味しています。長年、診療報酬改
 定で実現できなかった非常に難易度の高い問題が、都道府県に課せら
 れたことになります。

 実際に、昨年始まった病床機能報告制度の結果からも、6年後に高度急
 性期や慢性期病床を削減する意向はまったく見られず、逆に現状よりも
 多くの高度急性期未満の病床が高度急性期を、慢性期病床が回復期病
 床を目指すという、ガイドラインの示している方向とは正反対の結果になっ
 ています。また、ガイドラインが公表されて以降、すでに医師会などからは、
 病床削減の方向を示したガイドラインに対して反対意見を唱え始めている
 など、困難な船出となりました。

  ↓↓ 続きはこちら↓↓
 https://mediva.co.jp/hbc_blog/2015/05/2.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃講演・執筆情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆執筆情報◆

 <保険診療 4月号>
  ■特集:変わりゆく「施設基準」を読む
      Part 4.「施設基準」完全攻略マネジメント術
    弊社取締役コンサルティング事業部長小松、
       コンサルタント柿木、中島、村上、鈴木、正者が執筆しました。
  ■病院&クリニック経営100問100答
     弊社取締役コンサルティング事業部長小松が作問しました。
    https://mediva.co.jp/info/2015/05/post-206.html