No.108 (2014/12/26)

2014.12.26

  ━━  皆様  こんにちは! ━━━━

 2014年も残り1週間を切りました。今年は診療報酬改定もあり、メディ
 ヴァにとっては厳しい一年でしたが、取り返すべく皆で頑張った結果、売上
 が伸び、組織が強くなり、結果として、素晴らしい一年になりました。
 これも支えて下さった皆様のおかげです。本当に、ありがとうございます。

 過去三回に分けて米国高齢者住宅事情をお送りしました。今回は
 最終回として、どういう住宅のタイプがあるか、を書かせて頂きます。
 まず、米国の高齢者住宅はA.所有権型、とB.利用権型、とC.賃貸型
 に分かれます。それぞれの中での小分類と、特徴は下記の通りです。
 (分類は、米国でのヒアリングに基づくので必ずしも「MECE(論理的)」
 ではありません)

  ↓↓ 続きはこちら↓↓
 https://mediva.co.jp/oishi-blog/2014/12/post-77.html

 今回は時間も限られていたので、米国における高齢者住宅のすべて
 の類型を訪問することはできませんでしたが、また機会を改めて視察
 に行きたいと思っています。同行者も募集していますので、ご興味のあ
 る方は是非、お声掛けください。
                        
                  (代表取締役 大石佳能子)
                           
 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ▼ 桜新町アーバンクリニック在宅医療部5周年
 ┃             記念誌を発行しました
 ┃ ▼小松大介の「コンサルティングの現場から」
 ┃          『2014年を振り返って』
 ┃ ▼ 講演情報、執筆・掲載情報
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃桜新町アーバンクリニック在宅医療部 5周年
┃   ┃           記念誌を発行しました
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 弊社が運営を支援している桜新町アーバンクリニック在宅医療部は、
 この夏5周年を迎えました。796名の患者様と出会い、304名の方を看
 取らせていただき、スタッフも総勢30名を超えました。
 認知症初期集中支援や地域医療介護連携のIT化など、在宅医療の
 質の向上を目指して、様々な取り組みにもチャレンジを続けています。

 このたび、クリニックの活動記録を残すべく、5周年記念誌を発行しました。
 この5年間、クリニックで取り組んできたこと、活動実績、学会発表の抄録
 などをまとめました。
 新たに在宅医療に取り組みたいとお考えの皆様のご参考になるのではと
 思い、ご希望の方にお分けいたします。
 ご興味のある方は、contact@mediva.co.jp  宛てに、お名前と所属、
 送り先の郵便番号と住所、ドクターか否かを明記のうえご連絡ください。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃小松大介の「コンサルティングの現場から」
┃   ┃     『2014年を振り返って』
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2014年もそろそろ終わりを告げようとしています。当社は、12月が決算
 の締めにもあたるため、今年を振り返り来年の計画を立てる良いタイミ
 ングになります。

 今年は、会社全体でも色々なチャレンジをしてきた1年でしたが、私が主
 に関わっている病院・診療所のコンサルティングでも、多くの変化とチャ
 レンジをしてきた1年でした。 
 
 まず大きな環境変化として、4月に行われた診療報酬改定は、在宅診療
 所等の一部医療機関に大きな影響があったものの、全体的には小幅な
 影響で済みました。
 しかしながら、今回は今後の病院経営のあり方を見通す大事な改定だっ
 たと思っています。
 表面上は7対1病床の絞り込み、地域包括ケア病棟の新設、地域包括診
 療料の新設等が話題になりましたが、私が考える一番の改定要素は、
 多くの病棟において、(1)在宅復帰率と(2)重症度・医療看護必要度、
 そして秋からの(3)病床機能報告制度が導入されたことにあります。

 これらの制度によって、各病院は将来的にどの病棟でどの程度の患者を
 受け入れて、かつどこへどの程度退院させるか(どこから入院受け入れ
 するか)という入院患者のストックとフローを定義されることとなりました。
 これは、将来の病棟運営が、より国や自治体の政策を見極めた上で対
 応をしなくてはならなくなったことを意味していると考えています。

  ↓↓ 続きはこちら↓↓
 https://mediva.co.jp/komatsu-blog/2014/12/2014-1.html

 一企業にできることは限られていますが、これまで培ってきた病院・診療
 所の経営課題解決のノウハウを、できる限り形にして幅広い医療機関様
 に提供できたらと思っています。
 来年も医療界と医療機関の継続・発展に向けて、精進してまいります。今
 後もよろしくお願いいたします。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃講演情報、執筆・掲載情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆執筆・掲載情報◆
 
 ◎病院・高齢者住宅の事業評価・デューデリジェンス資料集
               (綜合ユニコム株式会社発行)
  全6章のうち、弊社取締役コンサルティング事業部長の小松が、
   第1章 医療機関と介護施設を取り巻く状況と動向
   第2章 病院のオペレーティングデューデリジェンスの手法
   第3章 高齢者住宅のオペレーティングデューデリジェンスの手法
  を執筆しました。
        https://mediva.co.jp/info/2014/12/post-198.html

 ◎病院 1月号 (医学書院発行)
    Data  Mania 
    厚生労働省をはじめ公的機関が公開しているデータに着目し、
    病院経営に必要なマーケティング・人事・施設計画などの参考に
    なる使い方、見方を紹介する新シリーズです。
    12回に亘って、メディヴァ医療機関チームが執筆していきます。
    第1回「患者調査」は取締役コンサルティング事業部長小松が
    執筆しました。
       https://mediva.co.jp/info/2014/12/post-199.html

 ◎がんサポート 1月号 (エビデンス社)
   「がんのチーム医療・施設訪問」というシリーズの中で、弊社が運営
   支援している桜新町アーバンクリニック在宅医療部の取組みが紹介
   されています。
   https://mediva.co.jp/info/2014/12/post-200.html