No.100(2014/5/29)

2014.05.29

メディヴァメールマガジンNo.100

  ━━  皆様  こんにちは! ━━━━

 夏のような暑い日と雨が降って風が吹き、寒い日が続きますが皆
 様いかがお過ごしでしょうか。お医者さんに伺ったところでは、
 今の季節は風邪の患者さんが多量に発生する冬よりは落ち着いて
 いますが、意外と重症な患者さんが多い時期だそうです。季節の
 変わり目、ということなのでしょうか。

 さて、今日はとても嬉しいご報告です。
 メディヴァでは、子会社のシーズワンで「ぽじえじ」(Positive Aging)
 というブランドで「通所介護」事業をやっています。

 「通所介護」と言っても、高齢者を一日預かってお風呂、ご飯、
 レクリエーションというものではなく、半日単位で運動する「介
 護予防型」です。介護予防と言っても、主たる対象者さんは要支
 援ではなく、要介護3や4の方もいらっしゃいます。

 「通所介護」なので、いわゆるリハビリではありません。理学療
 法士等も現場にいるわけではないのですが、きっちりプログラム
 を作りこみ、センターにいる理学療法士が遠隔システムを使いな
 がらアセスメントを行い、Plan-Do-Seeを繰り返すと、ほとんど動
 けなかったような方が、数か月で立って、スタスタ歩くようにな
 ります。しかも、背筋がしゃきっと伸びるので、背が高くなった
 ように感じます。

 このように、数か月でかなりの効果が見られるのですが、残念な
 がら介護保険を脱した方は今までいらっしゃいませんでした。こ
 れは、介護保険がなくなるとほかのサービスが使えなくなって困
 るからだと思われます。

 しかし、今回「ぽじえじ」では介護保険の「卒業生」が出ました。
 この方はほとんど寝たきりだったのですが、「ぽじえじ」に通っ
 て元気になって、ご自身の強い意志で介護保険から「ご卒業」さ
 れました。
   http://posi-age.jp/blog/2014/05/post-91.html
「ぽじえじ」プログラムも素晴らしいですが、何よりご本人の努力
 と意志に敬服します。

 現在は、介護保険を「卒業」することに、少なくとも経済的には
 何のインセンティブもないですが、もしも正しくインセンティブ
 を設計すれば、「卒業」される方はどんどん増えてくるかもしな
 いですね。介護保険報酬を下げるのではなく、もっと大局感をもっ
 た、賢い制度設計が求められているのだと思います。皆様はいか
 が思われますでしょうか。

                                      (代表取締役 大石佳能子)

 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ ▼ コンサルタントレポート
 ┃       有料老人ホームでの在宅医療の変化とその対応
 ┃         コンサルティング事業部マネージャー 飯塚以和夫
 ┃ ▼ 株式会社メディヴァ 2015年度新卒採用のご案内
 ┃ ▼ セミナー・講演情報、執筆・掲載情報
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃コンサルタントレポート
┃  ┃   有料老人ホームでの在宅医療の変化とその対応
┃  ┃     コンサルティング事業部マネージャー 飯塚以和夫
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    メディヴァのスタッフ達が日々仕事を進める中で気に
    なっていることを自由に述べていくリレー連載です。
    今回はマネージャー飯塚以和夫からのレポートです。

      ↓メディヴァ スタッフの紹介はこちら↓
      https://mediva.co.jp/about/index3_2.html

 在宅医療コンサルティングの飯塚です。在宅医療の現場で在宅療
 養支援診療所の運営支援をしています。

 さて、在宅医療を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化をして
 きており、私が運営支援をしている在宅療養支援診療所(以下、
 当院)も日々その対応に追われています。今回は有料老人ホーム
 での在宅医療(以下、施設在宅)の変化とその対応について報告
 したいと思います。

 当院は、43か所の施設におられる約1500名の在宅患者様に在宅医
 療を提供しています。ここ数年の大きな変化にお看取りの場所が
 あります。当院の患者様の看取り場所別推移をみると、2012年度
 に施設内での看取りが病院を上回るようになり、2014年度には、
 施設内での看取りが病院の2倍となる見通しです。
        ↓↓↓続きはこちら↓↓↓
 https://mediva.co.jp/komatsu-blog/2014/05/post-29.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃株式会社メディヴァ 2015年度新卒採用のご案内
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆ 代表大石より ◆

 メディヴァではこのたび新卒の定期採用を始めます。私からも新
 卒採用についての考えをお伝えして、良い人がいれば紹介をお願
 いしたいと思います。

 今までも新卒(大学、大学院)社員は入社していたのですが、「新
 卒募集」はしておらず、やりたい仕事に明確なイメージを持って
 高いアンテナでメディヴァを「見つけ出し」てくれた新卒社員が
 入社していた感じでした。

 自らメディヴァを見つけ出してくれた積極的な新卒社員たちが大
 活躍する姿を見て、メディヴァにフィットする新卒社員をもっと
 増やしたいと思うようになりました。多少は若い人を育てる余力
 が出てきたということもあります。

 新卒募集を始めることを決めたら次は、どうやって募集するか?
 ですが、コンセプトは「大手の就活サイトに頼らない」新卒採用
 です。
    ↓ 続きはこちら↓
 https://mediva.co.jp/oishi-blog/2014/05/post-70.html

 ◆ 会社説明会と応募について ◆

 1、会社説明会

 日時:6月3日(火)19:00開始(開場18:45)
 会場:(医社)プラタナス イーク表参道(メディヴァ運営支援先)
    渋谷区神宮前4-26-18 原宿ピアザビル4階
 講演者:メディヴァ代表 大石、取締役 岩崎、他 コンサルタント
         メディヴァのご紹介、事業内容、業績について、
            先輩社員の話、質疑応答など
 ・説明会参加には事前エントリーが必要です。ご希望の方は下記
   新卒採用ページURLからエントリーフォームにお進みください。
 ・応募について迷いがある方もお気軽にご参加いただきたいと思っ
   ています。
 ・上記日程以降でもご希望の方がいれば追加の説明会を開催予定
   です。

 2、応募について

 直接ご応募をいただける場合は、下記新卒採用ページURLからエン
 トリーフォームにお進み頂き、必要事項を入力し、フリー欄に
 【直接応募】と明記の上、送信してください。応募書類の送付方
 法などを追ってご連絡いたします。

 ↓↓新卒採用情報ページはこちら↓↓
 https://mediva.co.jp/recruiting/newgraduates/

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃セミナー・講演情報、執筆・掲載情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆メディヴァ主催  病院経営セミナー◆

 タイトル:診療報酬改定および消費税増税への対応
             ? 本当の病院経営戦略への解答! ?
 日程:2014年 6月29日(日)12:30~16:00
 会場:富士通株式会社 本社 汐留シティーセンター 24階
         東京都港区東新橋1?5?2
        JR、東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線 新橋駅徒歩3分
        都営地下鉄大江戸線 汐留駅徒歩1分
 内容:
 第1部 講演
 1)診療報酬改定とその後、本当の病院経営戦略とは?
       講師:株式会社メディヴァ
               取締役コンサルティング事業部長 小松大介
 2)在宅医療現場を支えるICTを活用した先進事例
       講師:富士通株式会社
              ライフ&コミュニティビジネス部 松浦健太
 3)増税・法改正に伴う医療機関への影響とその対応とは?
       講師: 鈴木克己税理士事務所 鈴木克己税理士
 第2部 個別相談会(質問&回答)
             事前にお伺いした自院が抱える悩みや不安などに回
             答・説明致します。
             当日、その場での追加質問も承ります。

 ↓ セミナー詳細及びお申込み方法はこちら↓
 https://mediva.co.jp/pdf/2014-04-17.pdf

 ◆掲載情報◆

  日経メディカル」5月号
    特集:地域を支える主治医の条件 ~今なぜ主治医なのか~
      「地域包括ケアを支えるキーパーソン
                   増加する在宅復帰患者の受け皿に」
    にて、弊社小松大介がコメントしています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━    編集後記    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今回でメディヴァ・メールマガジンは100号を迎えました。配信を希望さ
 れる方も、少しずつではありますが、増加し続けていて、ありがたく思って
 います。これからも皆様のお役に立てるような情報を届けられるよ
 う頑張ってまいります。                                        (Y)