No.096(2014/2/14)

2014.02.14

                                                              
メディヴァメールマガジンNo.096

  ━━  皆様  こんにちは! ━━━━

 東京は今朝から雪が降り始め、帰りの足が心配です。
 皆さまいかがお過ごしでしょう?

 先週末の大雪では、足止めに遭われた方も多かったのではないで
 しょうか。私は幸か不幸か、体調不良でひっくり返っており、起
 きた時には雪はだいぶ解けてました。

 さて今のホットトピックスは、何と言っても中医協の答申でしょ
 う。「7対1」病院の扱い変更などについては、随分と以前より
 議論が共有されてきたので、今後の対応が大変かどうかは別とし
 て、今更驚きはなかったと思います。

 そういう意味で、一番衝撃として受け止められているのは、「施
 設在宅」に関わる項目です。以前より「下がる」と噂されていた
 老人ホームへの訪問診療ですが、一気に「4分の1」に下がる、と
 いう驚くほどの点数カットです。

   特医総管(同一建物)  3600点→870点
   訪問診療料(同一建物) 400点→200点

 元々は、老人ホームが入居者を医療機関に紹介し、キックバック
 をもらっている例や、高齢者を集めて過剰医療を提供する「貧困
 ビジネス」等の存在が指摘されていました。また一般在宅に比べ
 ると集積効果が高く効率が良いので、診療報酬適正化の対象となっ
 てもおかしくはありません。

 ただ、ここまで下がると、あえて「施設在宅」を担う医療機関は
 どれだけあるのでしょうか?

 外来患者が日に60人も来ている診療所が、半日診療所を閉めて施
 設へ往診に行くとします。臨時往診もしっかりやって、32名以上
 の施設患者を担当すれば、同じくらいの売上になります。閑散期
 がないのはメリットですが、24時間のオンコールなどを考えると
 外来中心の開業医先生にはきついかもしれません。

 在宅を手広くやっている先生にとっては、42人以上入居している
 ホームが、同じ時間をかけて個人宅を回るのと、ようやく同規模
 の目安となります。小さい老人ホームやグループホームは忌避さ
 れる傾向になるでしょう。

 現実的に、中医協の発表があった一日だけで、大手老人ホーム運
 営会社O社には、30件以上の医療機関より「主治医を降りる」旨
 の電話があったそうです。ほかの老人ホーム運営会社にも雪崩の
 ように電話が掛かっていると聞きました。

 欧米では亡くなる場所も、「個人宅」、「老人ホーム」、「病院」
 で3分の1づつ、です。日本は極端に「病院」が多く「老人ホーム」
 が少ない状況です。高齢化、老老介護、独居が増えてくるなかで、
 自宅での療養、看取りには限界があると思うのですが、本当これ
 でいいんでしょうかね?

 地域包括ケアシステムも、仮に自宅で住めなくなったとしても、
 地域内の老人ホームやサ高住等で過ごせることを目指しています。
 「老人ホーム」や「サ高住」に入った途端に「医療が来なく」な
 る。その場合、何かあったら、即救急車、即入院です。ただでさ
 え忙しすぎる救急隊や病院の救急部は、たまったもんじゃありま
 せん。

 また、今回の改定を見て「老人ホーム」だけでなく、「在宅医療」
 全体の「梯子外しが始まった」と在宅医療への参入を控える傾向
 も出ているようです。

 私自身も将来息子と住んで、看取ってもらえるとは期待していま
 せん。在宅医療と地域包括ケアの仕組み作りをコンサルとして支
 援していたのは、自分の将来を考えた下心もあったかも?しれま
 せんが、いずれにしても将来に暗雲が立ち込めた気持ちでいっぱ
 いです。

 本件、皆様はいかがお考えでしょうか。

                                      (代表取締役 大石佳能子)

 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ ▼ 医療法人社団レニア会 新病院設立のご案内
 ┃ ▼ コンサルタントレポート
 ┃     保健指導に正社員の管理栄養士を採用するメリット
 ┃          コンサルタント 小倉昭弘
 ┃ ▼ 講演情報、執筆情報
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃医療法人社団レニア会 新病院設立のご案内
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 2009年8月からメディヴァがご支援をしている医療法人社団レニ
 ア会の新病院アルテミス ウィメンズ ホスピタルが、2014年2月
 3日にグランドオープンしました。
   http://www.artemis.jpn.com/

 事業計画から設計支援、2012年11月に建設を開始してからの工事
 支援と、約4年半のサポートを経ての新病院設立となりました。

 ベッド数60、うち46ベッドを個室とし、さらにLDRを全6室設置し
 て、入院患者様のプライバシーの保護と快適な療養生活の実現を
 図っています。
 診療科を産科・婦人科・小児科・女性内科・女性専門外来・乳腺
 外科・消化器内科とし、東久留米地域における女性と子供のため
 の医療の充実を目指します。

 【概要】
 病院名:医療法人社団レニア会 アルテミス ウィメンズ ホスピタル
 所在地:東京都東久留米市中央町1-1-20
 病床数:一般病床60床
 設計:伊藤喜三郎建築研究所
 デザイン:イリア
 施工:竹中工務店
 建物特徴:鉄筋コンクリート造り 地上4階建60床(LDR6床含む)
           基礎免震構造で、地震の揺れを1/3~1/5に低減
 病室:産後入院全室個室、シャワードバス、トイレ、テレビ設置
       ソファーベッドでご家族が宿泊できる部屋も用意

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃コンサルタントレポート
┃  ┃ 保健指導に正社員の管理栄養士を採用するメリット
┃  ┃                  コンサルタント  小倉昭弘
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ↓メディヴァ コンサルタントの紹介はこちら↓
    https://mediva.co.jp/about/index3.html

 メディヴァでは特定保健指導の実施サービスを行っている事は、
 以前にもご紹介させていただきましたが、
  https://mediva.co.jp/komatsu-blog/2011/06/17.html
 医療費の高騰が叫ばれる中、特定保健指導のみならず重症化予防
 などの保健事業が以前にもましてクローズアップされるようにな
 りました。

 保健指導や重症化予防の引き合いが強くなるなかで、お客様であ
 る健康保険組合様に「当社では正社員の管理栄養士が基本的に指
 導をさせていただきます。」という説明をさせていただいており
 ます。というのも、他の保健指導実施会社では登録制(非常勤)
 の管理栄養士が保健指導にあたるケースが多く、正社員の管理栄
 養士が保健指導を実施しているケースというのは珍しいからです。

 特定保健指導は、制度上どうしても季節により指導が多い時期と
 少ない時期が出てきてしまうということが登録制を採用する大き
 な理由と思いますが、当社ではあえて正社員として管理栄養士を
 雇用しております。

 そこであらためて、正社員の管理栄養士が保健指導にあたるメリッ
 トに関して普段から私が考えていること、思っていることに関し
 て書いてみたいと思います。

      ↓ 続きはこちら ↓
 https://mediva.co.jp/komatsu-blog/2014/02/32.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃執筆情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆執筆情報◆

 ◎弊社取締役コンサルティング部長の小松が、JAHMC1月号に
 「経営戦略とマーケティング」というテーマで記事を執筆しま
   した。
   https://mediva.co.jp/info/2014/02/jahmc2014.html

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━    編集後記    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 寒い日が続いています。 先週に続き、今日もまた雪。雪に慣れな
 い地域では、あちこちでまた混乱が予想され心配ですね。オリン
 ピックの活躍に一喜一憂しつつ、雪のよる事故やけがなども心配
 する週末になりそうですね。
                                                 (Y)