No.094(2013/12/26)

2013.12.26

メディヴァメールマガジンNo.094

  ━━  皆様 こんにちは!   ━━━━━━━━━━━━━━━

 2013年は、あっという間に終わってしまいました。皆様は今年一
 年をいかがお過ごしでしたでしょう?

 私は3年ほど前から日記を付けることにしています。5年ダイア
 リーなので昨年、一昨年の同じ日にちにあったことを1ページで
 見返せるようになっていて、なるほどこの頃こんなことをしてた
 んだ、と懐かしく思い起こします。当日、大事件だと思っていた
 ことが、実は大したとことがなかったり、反対にちょこっとしか
 書いてないことが、良くも悪くも大化けしたり、なかなか分から
 ないものですね。

 メディヴァでのニュースでいうと、今年は病院関係のコンサルティ
 ングが激増した年でした。弊社の小松が書いた「診療所経営の教
 科書」もおかげ様でかなり部数を伸ばしたのですが、これは「診
 療所経営」の話。何故、病院のコンサルティングが伸びたのか、
 というのはメディヴァの仕事が認められたから、もある(かな?
 笑)とは思いますが、いよいよ病院の経営が難しくなってきたか
 らというのも言えるのではないか、と思います。

 また弊社で今年躍進したもう一つの分野に在宅医療と地域包括ケ
 アの仕組みづくりがあります。これも、時代の流れを反映してい
 るのでしょう。しかも、昨年とは異なり個別の診療所が在宅医療
 に取り組みたいというご依頼だけでなくから、行政からの「地域
 全体で仕組みを作りたい」というご相談が増えています。

 さて、では来年はどういう年になるのでしょうか?診療報酬改定
 は0.1%の微増、消費税アップ、官制インフレの中で、医療機関の
 経営が厳しくなることは間違いありません。円安効果も、輸入品
 は使うが輸出するものがない医療機関にとっては何もメリットを
 もたらしません。特に小さな病院にとって来年は生死を分ける年
 になるのではないでしょうか?その中で今までやっていたことだ
 けを続けて行くことは困難になるでしょう。例えば在宅医療支援
 病院への戦略転換、介護事業への取り組みなど、思い切った決断
 が求められるのでは、と思っています。

 一方、単に生き残るために医療を提供するのではなく、地域のニー
 ズを充たし、医療職としての理念も実現する、そういう夢のある
 戦略を描きたいものです。また、私どももその中でお手伝いがで
 きるようになれば幸いです。

 どうか良いお年をお迎えになられますように、心より祈念してい
 ます。

                                                        (代表取締役 大石佳能子)

 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃
 ┃ ▼ コンサルタントレポート
 ┃     データヘルス計画をチャンスに保健事業の推進を!
 ┃          保健事業部 後藤秀之
 ┃ ▼ 講演情報、掲載情報 
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃コンサルタントレポート
┃  ┃ データヘルス計画をチャンスに保健事業の推進を!
┃  ┃          保健事業部 後藤秀之
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   メディヴァ コンサルタントの紹介はこちら  

 メディヴァ保健事業部の後藤です。
 健康保険組合の業界で、今、ホットな話題である「データヘルス
 計画」について今回ご紹介させていただきます。ただ、一般のみ
 なさんには、まだなじみのない言葉かもしれませんね。

 データヘルス計画とは、健康保険組合に対して、各健康保険組合
 にあったより効果的・効率的な保健事業を実施するために、保有
 している各種データ(特定健診結果やレセプトデータ)を分析し
 て、それに基づいて保健事業の計画策定・公表を行い、事業の実
 施・評価・見直し等の取組を義務付けたものです。なお、データ
 ヘルス計画の管轄自体は、厚生労働省保険局となりますが、2013
 年6月14日に、安倍首相(政府)から公表された「日本再興戦略
 -JAPAN is BACK-」、「健康・医療戦略」の中でもデータヘルス計
 画が位置づけられており、強力な推進が求められているものです。

 従来から、健康保険法の第百五十条に「保険者は被保険者等の健
 康保持増進のために必要な事業を行うように努めなければならな
 い」とあるように、健康保険組合には保健事業の実施が求められ
 ておりました。今回、データヘルス計画として、健康保険組合に
 実施を義務付けることとなった背景には...

      続きはこちら

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃講演情報、掲載情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆講演情報◆

  弊社取締役コンサルティング事業部長 小松大介が、下記のセミ
  ナーで講演します。

 ---------------------------------------------------------
 ドクターのためのステップアップセミナー 2014Winter
   同時開催「無床診療所向け電子カルテ展示会」
      三菱化学メディエンス株式会社 富士通株式会社 共催
 --------------------------------------------------------- 
  
  開業の準備で取り組まなければならないことから、必要な物、
  導入事例と診療現場を中心に最新の事例を通し、わかりやすく
  講演します。
 
  日時:2014年1月26日(日)12:20開場
  場所:富士通株式会社 汐留シティセンター 24階
  参加費:無料 ※事前予約制
  対象:診療所開業をお考えの医師の方
  プログラム
   第1部 知っておきたい医院開業準備のポイント
    総合メディカル株式会社東京支店チーフ 柴田秀樹氏
   第2部 特別講演 新規開業における戦略と成功事例
    株式会社メディヴァ取締役コンサルティング事業部長 小松大介
   第3部  私のクリニック開業経験
    しんクリニック院長 野々山真樹先生
   第4部  経営者になる先生に伝えておきたい
          「失敗しないスタッフ採用とトラブル予防」
    浅見社会保険労務士事務所 浅見浩氏
  問合せ:三菱化学メディエンス株式会社(担当 木村) 
            TEL 0120-119-366

 ◆執筆情報◆

  弊社取締役コンサルティング事業部長 小松大介が、下記の雑誌
  に執筆しました

  ◎メディカル・プラクティス・ニュース 12月号
      「診療報酬改定」
                   ~2025年モデルに向けたさらなる一歩~

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━    編集後記    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 いよいよ今年も残すところあと少し。今年最後のメールマガジン
 となりました。1年間、医療に関するいろいろな情報をお届けし
 てまいりましたが、いかがでしたでしょうか。来年もまたどうぞ
 よろしくお願いします。(Y)