No.082(2012/12/26)

2012.12.26

メディヴァメールマガジンNo.082

  ━━  皆様 こんにちは!   ━━━━━━━━━━━━━━━

  いよいよ2012年も暮れようとしています。
  今日、メディヴァは会社を上げての大掃除をしました。陣頭指
  揮は取締役の小松です。私が「モノが捨てれない人」であるの
  に対し、小松は「どんどん捨ててしまう人」です。お陰で会社
  もすっきりしました。

  さて、年の瀬に際し、2012年を振り返ってみたいと思いま
  す。メディヴァへの依頼が必ずしも医療界の動向を反映してい
  るとは思っていないですが、コンサルタントというのは「お困
  りごと解決」商売なのでうちへの依頼と世の中の動きは、ある
  程度の相関が有ると思います。

  今年、メディヴァへの依頼は、例年に比しても多い年でした。
  去年は震災の影響で、いろいろな物事が止まったのも影響して
  いるかもしれません。
  まず、新規開業のセミナーには100名以上の医師が来場され
  ました。もう既に開業を決められ、立地を探している方もいれ
  ば、将来のこととして検討中の方もいらっしゃいました。
  新規開業と同じくらい依頼が多かったのが、在宅医療関連です。
  メディヴァは、在宅医療の「仕組みづくり」を得意としていま
  す。新規開業の依頼がある一方、既に開業され、成功された診
  療所がもっと効率的に運営し、拡大するために「仕組みづくり」
  を依頼するパターンや、産婦人科など全く異なる分野からの転
  換のお手伝いまで様々な依頼がありました。特記すべきは、被
  災地の気仙沼でも「仕組みづくり」のお手伝いをさせて頂いた
  ことです。
  また気仙沼以外にも、各地の行政から在宅医療関連のお仕事を
  頂きました。今後、地域医療を考える上で、救急や周産期など
  の急性期医療に加え、在宅医療が重要な要素の一つになりつつ
  あることを実感しました。
  病院の再生案件も現在、急上昇中です。メディヴァも力を蓄え
  てきて、手前味噌ではありますが、今では携わった病院、医院
  は必ず再生させられるようになってきました。今後、病院の経
  営が益々厳しくなる中、再生の依頼は増えると思います。また
  在宅医療を組み合わせて、病院の再生をはかるケースも増える
  でしょう。
  もう一つ、今年の大きな動きは、健保組合向けの健康づくり事
  業(特定保健指導等)が大きく伸びたことです。メタボ健診、
  メタボ指導の制度は開始以来約5年が経ちました。真面目に取
  り組んでいた健保組合はその効果を実感しているようです。一
  時廃止になるのでは、と噂された制度ですが、次の5年に向け
  て国は益々予防に力をいれるようで、今後も取り組む健保組合
  は増えて行くと思います。

  2013年はどういう年になるのでしょう?政権が再度交代し、
  少しは日本は過ごし易く良くなるのでしょうか?
  「お困りごと解決」商売のコンサルタントとしては、医療界の
  「お困りごと」が完全に無くなるのは困りますが(笑)、我々
  の活動によって、少しでも医療界が患者さんとスタッフの皆さ
  んにとって、過ごしやすい場になるよう引き続きお手伝いをし
  たいと思っています。
  2013年もどうか宜しくお願いします。

                                                         (代表取締役 大石佳能子)

 ┏━INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┃ ▼ 今年1年の医療界の総括と来年の展望
 ┃          取締役コンサルティング事業部長  小松大介
 ┃ ▼ 講演情報、掲載情報
 ┃ ▼ 開業物件のご紹介
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃今年1年の医療界の総括と来年の展望
┃  ┃      取締役コンサルティング事業部長  小松大介
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 早いもので、平成24年も終わりを迎えようとしています。皆様に
 とって、この1年間はどのような1年間でしたでしょうか。当社
 にとっては、医療界が直面している様々な課題をリアルに感じ始
 めた1年だったと言えます。例えば、病院から施設や自宅へと療
 養場所の変化にともなう在宅医療の増加、病院における平均在院
 日数の削減とそれによる入院患者確保の競争激化、こうした流れ
 にうまくついていく医療機関と距離を置いた結果として経営不振
 におちいった医療機関の増加、医師・看護師不足等です。
 
 ここ数年で医療界を取り巻く環境は、大きく変動しております。
 例えば、人口は2005年から減少に転じていますが、その中でも高
 齢者は増え続け、今年は65歳以上の人口が2975万人で全人口の23
 %に達しました。今後の見込みでも高齢者は2025年には全人口の
 3割を超えることが予想されます。そうした中、医療費は伸び続
 け、2010年度の統計で32兆3312億円に、社会保障費全体では始め
 て100兆円を超えたと発表されました。高齢者は若年層よりも4~
 6倍は医療ニーズがあるため、今後も医療ニーズが増え続けるこ
 とは間違いないのですが、それを支える財源の問題が、大きくク
 ローズアップされるようになり、消費税の増税(当面8%)が閣
 議決定されました。今後の政策動向でこれらの具体的な政策は変
 化することが予想されますが、医療ニーズが増える一方で財源に
 問題がある状況は代わりが無いと思われます。

これらの時代背景において厚生労働省は、医療・介護の制度のあ
 り方を大きく転換する政策を打ち出し始めています。

  続きはこちら
    ↓↓↓
  https://mediva.co.jp/komatsu-blog/2012/12/1.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃講演情報、掲載情報
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆講演情報◆

 弊社取締役コンサルティング事業部長 小松大介が、以下のセミ
 ナーで講演します。

 ---------------------------------------------------------
 医療機関を巡るビジネスチャンス
 ~医療機関の事業再生、経営のポイントと事業譲渡・M&A~
 ---------------------------------------------------------
 
 日時:平成25年1月22日(火)午後1時~午後4時 
 会場:金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム
                  (東京都中央区日本橋茅場町1-10-8)
 主催:株式会社金融財務研究会
 受講費:34,500円(お二人目から29,000円)
                            (消費税、参考資料を含む)

 詳細はこちら→http://www.kinyu.co.jp/seminar.html

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃▼┃開業物件のご紹介
┃  ┃    http://www.mediva-service.jp/practice/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◆戸塚安行物件◆
 
  H25秋竣工予定の地上4階建の1階部分。
  競合が少ない地域です。
  駐車場13台(別途駐車場料)
  在宅診療確約(オーナーが有料老人ホーム45人×2件、
                             グループホーム18床建築予定)
 【概要】
  所在地:草加市新栄町字道上
  アクセス:埼玉高速鉄道「戸塚安行」徒歩20分
  募集科目:歯科を除く全科目
  坪数:39.47坪、30.54坪
  賃料:8,500円/坪(予定)、共益費5,000円(予定)

 ◆横浜岡野メディカルビル◆
 
  平成25年9月リニューアルオープン予定の医療ビルです。
  90台のタワー駐車場が隣接しています。
  1階に調剤薬局が入り、5~7階は歯科医療法人が入居予定です。
 【概要】
  所在地:横浜市西区岡野1-14-1
  アクセス:横浜駅徒歩7分
  募集科目:内科、耳鼻科、小児科、皮膚科、整形外科、婦人科、
            泌尿器科、外科、心療内科等
  坪数:2階80坪、3階79坪、分割可
  賃料:15,000円/坪(予定)

 ◆新宿農協会館ビル物件◆

  新宿駅徒歩3分の好立地物件です。平成25年6月入居可能。
  7月耐震・リニューアル工事完工予定。
  透析施設などに好適な物件です。
 【概要】
  所在地:東京都渋谷区代々木2-5-5
  アクセス:JR山手線新宿駅(南口)3分/都営大江戸線新宿駅3分/
            都営新宿線新宿駅2分/JR中央・総武線代々木駅5分/
            小田急線南新宿駅5分
  坪数:2階159坪、3階92坪
  賃料:17,000円/坪、共益費3,000円/坪

 このほか クリニック開業に最適な物件はこちらから
    → http://www.mediva-service.jp/practice/

 物件詳細についてのお問い合わせは
 contact または 03-3709-2992 担当 山本まで

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━    編集後記    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今年もあと残りわずか。皆様のこの一年はいかがだったでしょう
 か?政治の混乱がはたして安定に向かうのか、被災地の復興は?
 原発は?と数えあげると不安なことばかりですが、せめて年の瀬
 は、新しい年への希望を胸に、静かに過ごしたいですね。
                                                                                    (Y)