『ジャパンベンチャーアワード2010』 中小企業庁長官賞受賞のご報告

2010.02.15[ニュースリリース]

中小企業と地域振興をサポートする独立行政法人中小企業基盤整備機構が主催する「創業・ベンチャーフォーラム」事業の一環として、弊社代表の大石佳能子が『ジャパン・ベンチャー・アワード2010』の中小企業庁長官表彰(ベンチャー部門)を受けましたのでご報告します。

『ジャパンベンチャーアワード』は、社会的な課題の解決に取り組む企業や、既存の枠組みにとらわれない、新規性や独自性を備えた飛躍的な成長が期待される中小・ベンチャー企業、起業を通じて地域社会・経済に貢献をした経営者を表彰するものです。

2001年から始まり、2010年のテーマは「Rise to the Challenge ~高い志と自立する力を~」。
柳孝一委員長(早稲田大学 ビジネススクール 教授)をはじめ産学官、各界の経営者、専門家で構成されたJVA2010審査委員会による厳正な審査で、さまざまな分野から14名が選ばれ、表彰を受けました。弊社大石はその中でも「事業内容、活動実績、経営者の資質等を総合的に評価して特に優秀な経営者」と認められ、中小企業庁長官賞を受賞しました。

表彰式は2月2日に『ベンチャーフェア ジャパン2010』内にて同時開催され、今後、起業を目指す人々にとってのモデルとして紹介されました。『ベンチャーフェア ジャパン2010』は日本全国から200社のベンチャー企業が結集する、日本最大級のベンチャーマッチングイベントで、3日間で約3万人の来場者があったそうです。

ジャパンベンチャーアワード2010のHP  → http://j-venture.smrj.go.jp/result2010/

この賞に恥じないよう、主催者が求めた「日本を元気にする芽」として、大きく根を広げ、どんどん伸びて枝葉を茂らせていきたいと考えています。