No.043 (2010/01/05)

2010.01.05

メディヴァメールマガジンNo.043

  ━━  皆様   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あけましておめでとうございます。
 旧年中はお世話になりました。今年もどうか宜しくお願いします。

 余り明るい話題も多くない旧年でしたが、今年はよい年になると
 いいですね。

 メディヴァは今年は10周年を迎えます。第一号プロジェクトで、
 今でも二人三脚で歩んでいる用賀アーバンクリニックも10周年を
 迎えます。用賀アーバンのお誕生日である12月4日には、両法人
 の合同お誕生日会を計画しています。

 あっという間の10年でしたが、10年一昔というようにこの10年の
 間に医療界は激変しました。10年前は「患者視点」、「医療サー
 ビス」、「電子カルテ」、「ファミリードクター」、「カルテ開
 示」等の用賀アーバンで実験的に開始した概念は一般的に膾炙さ
 れるものではありませんでした。しかし、この10年の間に上記の
 概念は世の中に根付き、私どもも微力ながら世の中のお役に立て
 たのではないかと思っております。

 一方、10年前、医療機関の経営は今程切羽詰ってはいませんでし
 た。この流れが抜本的に翻るとは思えず、今からの10年は淘汰の
 年になると思われます。本当は必要なものをどうやったら残すこ
 とができるか?組織として残す方法も、機能として残すことも考
 えないといけません。次の10年は、これを一つのテーマに活動し
 ていきたいと思います。

 併せて、メディヴァの事業ドメインを、医療機関(「治療」を行
 う場)へのコンサルティングから、オペレーター(運営支援、代
 行)へ、また「予防」や「健康増進」分野におけるコンサルティ
 ングやオペレーター業務へ拡大する動きをいままで以上に強化し
 ようと考えています。後者の例は、健康保険組合を対象としたコ
 ンサルティングやヘルスケアサービスの提供等になります。

 またいろいろな活動内容はご報告させていただきたいと思います
 ので、今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願いします。

                                ( 代表取締役  大石佳能子 )