管理栄養士による
すこやか栄養コラム

夏場のマスク 熱中症にご用心

2020年07月27日(月)


暑い日が続きますが元気でお過ごしですか?

 

コロナの影響ですっかりマスクをつけるのが当たり前な世の中になりましたね😔

夏場は気温が上昇するので、マスク蒸れにお悩みの方も多いのではないでしょうか❓

 

最近は、マスク蒸れ防止のため通気性に配慮したマスクが販売されていますが

気温が高い中でのマスク装着は『熱中症』のリスクが高まるといわれています😥

summer_necchusyou_mask_girl

 

今回はそんな熱中症予防のため

“夏場のマスクの注意点”についてお伝えしていきたいと思います。

 

◆夏場のマスクの注意点◆

①身体を冷やすのが難しい

ヒトは呼吸でも体温調整しており、夏場は冷たい外気を体内に取り入れて身体を冷やしています。しかし!マスクで覆われている部分の温度はなんと通常時より「2℃」高くなるため、夏場の体温調節が難しくなってしまうのです😫

 

②のどの渇きに気がつきにくい

マスク内は湿度が高いため、のどの渇きに気が付きにくいといわれています。

のどの渇きを感じたときは既に脱水状態になっている可能性が高いのです❕

 

 

熱中症を防ぐためにも

まずは涼しい環境で過ごすこと☝こまめな水分補給をすること☝

そして屋外で十分な距離を確保できれば、マスクをはずして休憩することも検討しつつ1)

夏場のマスクを乗り越えましょう😀✨

 

IMG-0784

 

 

参考資料:

1)厚生労働省:「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

#夏場のマスク #夏場のマスク対策 #熱中症対策 #コロナに負けない