メディヴァの病院コンサルティングサービスは病院の経営改善や経営再生を実現。
コスト削減や医師募集、事業拡大のための事業計画作成まで、お客様の多様なご要望に対応します

病院・医療コンサルティングMEDIVA
サービスの詳細、お見積もりはこちら
お問い合わせ
  • 会社紹介
  • サイトマップ
  • メディヴァ コーポレートサイト

病院/医療コンサルTOP>病院経営のご相談>病院内の状況や今後の見通しをデータで明らかにしたい

病院内の状況や今後の見通しをデータで明らかにしたい

病院経営に必要な意思決定をするためには、客観的なデータに基づいて事実を明らかにすることや将来をシミュレーションすることが必要です。
当社はDPCデータやその他データを用いて、表面的な数値指標(患者数,診療単価等)だけでは見えない実態や精緻な見通しを把握して、一つ一つの課題に具体的な改善策を見つけて実行を支援します。

1.あるべき病棟構成検討,ベッドコントロール改善

病棟構成をあるべき姿に転換していくためには、入院料に応じて適当な使い方を検討し、それによって収益を確保できるかや各種施設基準を満たせるかを十分に検証する必要があります。その過程では、既存ベッドコントロールでの改善点も明らかにしてよりよい運用方法を模索します。

2.重症度、医療・看護必要度評価にかかる改善

看護必要度は入院料を届け出る上で重要度が増しており、どのような患者に注力していくかを戦略的に検討していく上でも十分にシミュレーションしていく必要があります。一方で、評価の精度が十分ではない病棟も少なからずあり、その場合はどのような評価ミスが多いかを確認して必要な対応を取ることが望ましいです。

3.クリティカルパス適用,入院前検査促進等

DPC病院を中心に診療内容を標準化し、DPC入院期間とも連動した効率的な医療を提供することを求められています。パスを策定するだけでなく、実際にどれぐらい適用されているか、またどのようなときに逸脱が生じているかをモニタリングして継続的に改善対応する必要があります。

4.診療報酬改定での影響調査

医療機関の経営で診療報酬改定の影響は発表後速やかに把握して、必要な対応を取ることが重要です。


<地域包括ケア病棟導入にあたってのシミュレーション事例>


<重症度、医療・看護必要度精度の調査事例>

支援実績をみる

サービスの詳細、お見積もりはこちら 03-6684-6977

お問い合わせ