メディヴァの病院コンサルティングサービスは病院の経営改善や経営再生を実現。
コスト削減や医師募集、事業拡大のための事業計画作成まで、お客様の多様なご要望に対応します

病院・医療コンサルティングMEDIVA
サービスの詳細、お見積もりはこちら
お問い合わせ
  • 会社紹介
  • サイトマップ
  • メディヴァ コーポレートサイト

病院/医療コンサルTOP>病院経営のご相談>入院患者の増患をしたい

入院患者の増患をしたい

一般に、入院患者の増患は、病院の収益の多くを占める、重要な経営課題です。
入院患者を増やすルートは、1.救急経由、2.紹介経由、3.外来経由に分かれ、それぞれに必要な施策を立案し、アクションした上で、モニタリングしていくことが重要です。病院によってどのルートに力を入れるか、またルート別の施策も異なります。

メディヴァでは、病院の置かれた環境と医療資源、および基本方針を整理した上で、できる限り最適な計画と資源配分を行います。

1.救急経由

救急経由の入院患者を増やすには、救急受入(救急車/救急外来)を増やすこと、特に入院化率の高い救急車の受入を増やすことが重要です。そのためには、医師の当直体制の見直しや設備の充実を図り、同時に救急スタッフの意識改革を行います。また、受け入れた患者が滞留しないよう、受入後のベッドコントロールを強化します。さらに、救急車台数/救急患者数や救急応需率、救急経由での入院患者数/率をモニタリングすることで、施策の精度をあげていきます。

 

2.紹介経由

紹介経由の入院患者を増やすためには、紹介元の連携先を増やすことと、連携先1件あたりの紹介件数を増やすことを同時に検討します。まず、連携先を増やすために、紹介元別の統計と地域の医療機関リストを見比べながら、まだ一度も紹介いただいていない施設やかつて紹介があった施設などを整理し、営業活動等を通してその原因分析と改善策を講じます。連携先の実態を把握しながら、逆紹介等によって関係を強化したり、連携先のニーズとなる業務改善や対応改善などを行います。

3.外来経由

外来経由からの入院患者を増やすには、外来患者あたりの入院患者数を増やす方策と外来患者数そのものを増やす方策があります。前者を増やすには、外来における医療資源(医師、スタッフ、施設)をできる限り入院化率の高い患者にシフトします。重症患者や重症疑い患者を増やすと同時に、軽症患者に対応している医療資源を逆紹介等を通じて再配置することも重要です。後者を増やすには、マーケティングの視点が重要となり、自院が必要としている外来患者に対し、webや各種広報、勉強会や院内掲示等を通じて、来院を促していく施策を打つ必要があります。


<新規入院患者の増患にむけた施策と数値管理の例>

支援実績をみる

サービスの詳細、お見積もりはこちら 03-6684-6977

お問い合わせ