メディヴァの病院コンサルティングサービスは病院の経営改善や経営再生を実現。
コスト削減や医師募集、事業拡大のための事業計画作成まで、お客様の多様なご要望に対応します

病院・医療コンサルティングMEDIVA
サービスの詳細、お見積もりはこちら
お問い合わせ
  • 会社紹介
  • サイトマップ
  • メディヴァ コーポレートサイト

病院/医療コンサルTOP>病院経営のご相談>中期事業計画、事業構想を策定したい

中期事業計画、事業構想を策定したい

事業を安定して継続するだけでなく、持続的に成長させるためには、定期的な事業の見直しや事業計画の立案が必要です。中期事業計画においては、市場や制度の変化を見越し、新規の大規模投資と採算性、人材確保と組織作り、事業承継や資金調達など、様々な面からの検討が重要です。

メディヴァは、多くの病院クライアントに対し、計画のみならず、その後の実行支援を行う事で、数々の戦略/計画立案と、実行に伴う軌道修正等を行ってきました。これらの経験を活かし、実現可能性が高く、組織として前進できるビジョンを伴った事業計画策定を行います。

中期事業計画/事業構想の基本的な進め方は以下の通りです。

1.内部環境分析

内部環境分析としては、各種財務諸表(PL/BS/キャッシュフロー)分析、来院/入院患者の属性やルート、職員の人員数/給与単価、地域連携の状況、病棟運営(平均在院日数、稼働率、重症度)などの動向を病院の記録を通じて過去5年間ほどにわたって分析します。また院内のキーパーソンヒアリングを通じて、強み・弱みや組織的な診断をいたします。

2.外部環境分析

外部環境分析としては、該当施設に関係する各種制度の動向、周辺市場における人口動態や先々の見通し、競合となる医療機関との市場シェアやポジショニング等を分析します。

3.基本構想策定

内部環境分析・外部環境分析を通じて得られた施設の現状に対して、当社の経験豊富なスタッフが、基本的な戦略や必要施設・機器等について素案を策定し、それを元に、理事会や幹部メンバーとディスカッションを通じて、基本構想を構築します。

4.事業計画策定

確定した基本戦略を元に、施設としてあるべき機能や各種居室数などを定義します。戦略と各種投資予算をあわせて、投資計画/収支計画/資金繰り計画/返済計画を立案します。

5.金融機関対応

策定した事業計画を元に、金融機関の事業計画説明や質疑応答の支援をいたします。そのやり取りを通じて得られた知見やフィードバックを元に計画修正を進めていきます。

中期事業計画、事業構想を策定したい(クライアント主導型で策定したい)

各種の調査分析や計画作成においてクライアント様自身が主体となって作成できるよう、当社の経験豊富なコンサルタントが支援・アドバイスいたします。
当社のアドバイスを活用しながら、クライアント様自身でご作成頂くことにより、課題抽出~対策立案をロジカルに導く能力を向上させられます。
この能力を他業務でも活用して頂くことでクライアント様の成長に寄与します。

クライアント主導型コンサルティングの特徴

インタラクティブ型との進め方の違い

内容 インタラクティブ型 クライアント主導型
クライアント 当社 クライアント 当社
下準備 プロジェクト工程表の作成
調査分析
フェーズ
基礎情報の収集・整理
仮説立案・検証、課題抽出
情報収集・整理分析、仮説立案・検証、課題抽出など調査分析の不明点に対するアドバイス実施
抽出された課題についてディスカッション実施
事業計画
フェーズ
方針や対策案、KPI・財務計画を作成
対策案、KPI・財務計画についてアドバイス実施
対策案、KPI・財務計画についてディスカッション実施
金融機関調整
インタラクティブ型 クライアント主導型
メリット
  • クライアント様の日常業務に与える影響が小さい
  • 計画作成フェーズにおいて幅広い検討が可能
  • 短期間で作成できる
  • クライアント様側の担当者が主体となることで現場のコミットメントの高い計画が策定できかつ、他業務にも活用可能な思考法を学べる
  • 安価な費用で作成できるケースが多い

ご留意事項

調査分析~計画作成をコンサルタントに依頼をする場合は3か月程度の期間が目安ですが、クライアント主導型コンサルティングですと同工程で5~6ヵ月程度ないしはそれ以上の期間を目安にしてください。
クライアントの皆さまには日常業務と異なる性質を持つ業務ですので、着手当初を中心としてトライ&エラーが生じ期間が長くなります。

ご利用場面例

  • 経営改善計画の作成プロジェクト
  • 新棟建築計画の作成プロジェクト

進め方の事例

初回ミーティング:

  • 類似事例に基づき、弊社から貴院職員へ「やること」のご説明
  • スムーズに作成物ができるよう当社から貴院職員へひな型のご提供
  • 工程表の目線合わせ(報告会、金融機関相談など相談内容に応じて異なります。)
  • 次回までに「進めること」の認識合わせ

二回目ミーティング前:

  • 貴法人職員は初回ミーティングにて決めた「進めること」の進捗を弊社へ送付
  • 弊社は内容確認、フィードバック内容の整理

二回目ミーティング:

  • 弊社がクライアント様へフィードバック内容のご説明
  • 貴法人・弊社間でディスカッションの実施
  • 次回までに「進めること」の認識合わせ

二回目ミーティング以降は二回目ミーティング前と二回目ミーティングの繰り返しです。
ミーティング頻度はターゲットとする期日により異なりますが、5~6ヵ月で完了させる場合には2週間に1回程度ミーティングする必要があります

支援実績をみる

サービスの詳細、お見積もりはこちら 03-6684-6977

お問い合わせ